真面目な人ほど辞める職場って何が原因?改善する方法とは?

【2022.10.12追記】

真面目に仕事をしていた人が

突然辞める職場には問題があります。

上司に部下を見る目がなかったり

どんどん仕事を振ってきたり

平気で仕事をさぼるような社員が

存在している職場などです。

入社した会社が悪かったと考え

何も対処せずに会社を辞めるのは

非常にもったいないことです。

上司をパワハラで訴える

人事課や総務課に相談するなど

ケース別に対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

真面目な人ほど損する職場の特徴

真正面な人ほど損する職場には

次のような特徴があります。

こんな職場だと真正面な人が

どんどん辞めていきます。

正しく評価できる上司がいない

たとえば問題行動をしているのに

営業成績は良い社員がいたとします。

問題行動には触れずにその人物ばかりを

褒める上司しかいないような職場では

真正面な社員が不満を抱きます。

私自身毎日血がにじむような努力を

したのにも関わらず成績が悪いとの理由で

頭ごなしに怒ってくる上司のことを

許せずに退職したことがあります。

このようなケースもあります。

どんなに成績が良くても

上司から評価されない時です。

真面目な人は不満を抱えていても

なかなか言葉に出して訴えるということを

しません。

真面目な人ほどある日突然

会社を辞めてしまうのはこのためです。

どんどん仕事を振ってくるのが

当たり前になっている職場

真面目な人は仕事を振られると

たくさん仕事を抱えていても

断ることができません。

仕事を振るのが当たり前になっている職場では

真面目な人ほど損をします。

仕事に熱心ではない人が

当たり前のように存在している

すぐにさぼるなど仕事に熱心ではない社員が

野放しにされている職場では

真面目な人が損をします。

その社員の分の仕事を真面目な人が

しなければならなくなるためです。

真面目な人ほど辞める原因は鬱?ケース別職場改善方法!

上記でご紹介したような職場に

真面目な人が置かれるとストレスから

鬱になってしまうリスクがあります。

鬱になると心身に様々な不調が出ます。

職場環境は改善することができるのかについて

考えていきたいと思います。

ケース別に対処法について

ご紹介していきますね。

◉正しく評価できる上司がいない職場を

改善する方法。

高圧的な態度で接してくる上司は

パワハラで訴えることができます。

証拠をできるだけたくさん集めて

いつでも訴えることができるよう備えましょう。

人事課や総務課、同僚など

第三者に相談しておくことも大切です。

◉どんどん仕事を振ってくることが

当たり前になっている職場を改善する方法。

自分が抱えている仕事量を考えて

無理だと判断したら断ることも

自分を守るために必要です。

◉仕事に熱心ではない人が

当たり前のように存在している職場の改善方法。

仕事を平気でさぼれるような職場は

まともな職場だとは言えません。

人事課や総務課などに

相談することをおすすめします。

職場を改善するために

あれこれ動いたにも関わらず

何も変わらないのであれば

退職することも1つの選択肢です。

人事課や総務課に相談しても

何も改善されない会社はハッキリ言って

どうしようもないだめな会社です、、、

そのような職場に長くいたとしても

あなたは人間としても社会人としても

成長することができないためです。

なぜ優秀な人ほど突然辞めるのか?

仕事を突然辞める可能性があるのは

真面目な人だけではありません。

何年か後にはこの会社で出世しているんだろうな

とあなたが思っている優秀な人も

突然辞める可能性があります。

仕事を突然辞めてしまうのは

次のような理由からです。

・この会社にいても自分は

あまり成長することができないと感じたから。

・会社に将来性が感じられないから。

・会社のやり方に不満があるから。

・他に待遇が良い会社を見つけたから。

・将来が有望な会社を見つけたから。

優秀な人材は自分に自信があるため

会社を辞めることにそれほど

抵抗感を持っていません。

もっと自分にとって良い会社が見つかると

自信を持っているため

転職を恐れない傾向があります。

また、優秀な人材は他の企業から

引き抜かれやすいため

待遇が良い会社だと

そちらを選ぶ可能性があります。

この他にも優秀な人が会社を

辞めてしまうことがあります。

今働いている会社に将来性がない

と判断した場合です。

市役所に就職した友人が

突然辞めてしまいもったいないと思い

辞める理由を聞いたことがあります。

仕事が単調で面白くないし

給料が安いからこれ以上いたくない

と思ったからと言われました。

給料は安いとは思わなかったし

一般企業よりも安定しているからもったいない

と思いましたが、こんな考えもあるんだなと

カルチャーショックのようなものを感じました。

辞めないと思ってた人が辞める?本当に辞める人の特徴

こんな話を聞いたことがありませんか?

辞めると思っていた人が辞めないで、

辞めないと思ってた人が辞めてしまった。

実際に辞めないと思っていた人が

突然仕事を辞めてしまうことは

よくあることです。

しかしよく観察していると

辞める前には何らかのサインが出ています。

・同僚への接し方が急に変わった。

急に明るくなった、

急に付き合いが悪くなったなど

様子が変わった時は

会社を辞めるサインの可能性があります。

・人事や総務の人と話しているのを

見かけるようになった。

同僚が人事の人と何度か話しているのを見て

ずっと不思議に思っていました。

全然辞める気配がなかったため

辞める直前まで気づきませんでした。

辞めてから人事の人と話をしていた

理由が分かりました。

退職金などの交渉をしていたそうです。

・デスク周りがどんどん綺麗になっていく。

仕事を辞めることが決まると

少しずつデスク周りを片付けるようになります。

どんどん物がなくなっていくのは

会社を辞めるサインの一つです。

・仕事への取り組み方が変わった。

仕事をもうすぐ辞めるということで

生き生きする人もいるし

逆にやる気がなくなる人もいます。

急に明るくテキパキと

仕事をするようになったり、

逆に上の空でミスが多くなった場合は

会社を辞める直前の可能性があります。

優しい人やまともな人が突然辞める会社は危険!?

優しかったり常識のあるまともな人が

突然辞めてしまう会社には

人間関係において問題が

潜んでいることがあります。

優しい人やまともな人は

きちんとした職場なら

突然辞めてしまうようなことは

あまりありません。

優しい人や常識のある人が長く勤めている会社は

人間関係が良好であることが多いです。

優しい人やまともな人が辞めてしまう理由を

まとめましたのでご覧ください。

・仕事をどんどん押し付けられるから。

優しい人は仕事を押し付けられやすいです。

そのことを不満に思って

仕事を辞めることがあります。

・職場に常識がない人、意地悪な人がいる。

常識がない人や意地悪な人が集まった職場だと

まともな人は我慢することができません。

これ以上堪えられないと判断した時は

仕事をさっと辞めてしまうことがあります。

さいごに

真面目な人ほど損をする職場は

残念ながら存在しています。

今回ご紹介したように会社を

辞めてしまう前にできることはあります。

退職するという最終決断を下す前に

できることを行いましょう。

自分ばかりが損することが

ないようにしましょう。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする