面接で交通手段を聞かれる意図と回答例!

学生の時になぜ就活の面接で

交通手段を聞かれるのか

ずっと不思議に思っていました。

交通手段を企業が聞く意図を

先輩から教えてもらい

なるほどねと納得しました。

面接官は採用後に

通勤できるかを判断するために

面接で交通手段について質問します。

交通手段について答える時は

通勤にかかる時間についても

伝えるようにしましょう。

たずねられた質問に対して

分かりやすく答える力があるかも

見られています。

この記事では面接で交通手段を聞かれたときの

回答例文についてもご紹介します。

どのように答えると好印象を与えられるのか

ぜひ参考にされてくださいね!

スポンサーリンク

面接で交通手段を聞かれる意図とは?

面接での質問には必ず意図があります。

面接で交通手段を聞く意図は

大きく3つあります。

・無理なく通勤できるか?

・早朝出勤や残業にも対応できるか?

・質問事項に対して

分かりやすく回答することができるか?

交通手段を答える時は

通勤時間や交通費についても

伝えるようにしましょう。

面接官はこれらの情報を

採用後に無理なく通勤できるかを

判断するための材料にします。

相手が理解できるように

分かりやすく伝えることも

大切なポイントです。

面接で交通手段について聞かれた時は

次の情報を必ず盛り込むようにしましょう。

・具体的な交通手段の名称

・どれくらいの時間がかかるか?

これらの情報を盛り込まずに

単に『電車で来ました』と伝えるだけでは

情報をうまく伝えることができない人物だと

見なされてしまいます。

面接で交通手段を聞かれたときの回答例文!

電車やバスを乗り継ぐ場合

分かりやすく情報を伝えるのは

意外と難しいものです。

どのように回答すれば

分かりやすく伝えることが

できるのでしょうか?

パターン別に回答の仕方の例文をご紹介します。

【電車利用】

家からの最寄り駅は○○駅で

自転車で10分程度で着きます。

○○線から○○線に乗り継ぎ

○○駅で下車します。

自宅から会社までは50分程度かかります。

【バス利用】

家から歩いてすぐのところに

○○バス停があります。

○○バスに乗り

会社の最寄りバス停である○○で下ります。

家から会社までは30分程度です。

【通勤時間が長い時】

※面接官は通勤手段を聞くことで

入社後に無理なく通えるかを

判断しようとします。

通勤時間が長い時は

面接官を安心させるように

伝え方に工夫する必要があります。

以下が回答例文です。

自宅から最寄り駅の○○駅まで

自転車で15分程度かかります。

○○線から○○線に乗り継ぎ

○○駅で下車します。

駅から○○バスに乗り

会社の最寄りバス停の○○で下ります。

自宅から会社までは

片道で1時間半程度かかります。

通勤時間は長いと思われるかもしれませんが

大学生時代も毎日片道

1時間半かけて通っていました。

早起きで目覚めが良いため

どんなに朝が早い日でも苦になりません。

学生時代に遅刻したことも

1度もありませんでした。

御社で働けるようになりましても

通勤時間は苦に感じませんし

遅刻も絶対にしません。

このようなエピソードを付け加えることで

通勤時間が長いことを

カバーすることができます。

さいごに

面接で通勤手段について

聞かれた時の意図や答える時の

ポイントについてご紹介しました。

面接では伝える力がどれくらいあるかも

見られます。

情報を盛り込み

分かりやすく伝えるようにしましょう。

通勤時間が長い時は

フォローするエピソードも加えることで

デメリットをカバーすることができます。

通勤時間が長くても

何の負担も感じていないことを

アピールするのがポイントです。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする