人生で一番頑張ったことの例文紹介!どう書いたら評価される?

面接でよく聞かれる質問に

人生で一番頑張ったことがあります。

面接官は思い出話や

自慢話を聞きたいわけではありません。

面接官が面接で人生で

一番頑張ったことを聞く意図として

次のようなことがあげられます。

・物事に取り組む姿勢や情熱

・分かりやすく伝えられる力はあるか

人生で一番頑張ったことの

例文もいくつかご紹介しますね!

スポンサーリンク

人生で一番頑張ったことの質問で企業は何を見てる?

人生で一番頑張ったことは何ですか?

面白かったり特別なエピソードでなければ

評価されないと思っているかもしれません。

面白いエピソードでなくても

何の問題もありません。

というのは面接官は面白いエピソードを

聞きたいためではないからです。

面接官がこの質問をする

意図は大きく2つあります。

どのような意図があるのか

1つずつみていきましょう!

物事に取り組む姿勢や情熱

面接官は思い出話や

自慢話を知りたいわけではありません。

目標を達成するために

どんな努力をしてきたのか

物事に取り組む姿勢や情熱を知りたがっています。

たとえば人生で一番

頑張ったことが卒業制作だったとします。

どんな点が難しかったかや

目標を達成するために行った

努力を盛り込みながら

エピソードを伝えるようにしましょう。

結果よりも過程を重視しながら話すのが

ポイントです。

分かりやすく伝える力はあるか?

面接官はこの質問により

コミュニケーション能力も探っています。

社会人になると対人関係が円滑にできるかも

重視されるためです。

面接の準備を十分にして

分かりやすく伝えられるように

しておきましょう。

人生で一番頑張ったことの例文!

人生で一番頑張ったことについて

実際にどのようなエピソードを

語れば良いのでしょうか?

文章の組み立て方は

目標を達成するための過程や

経験から学んだことを

盛り込むのがポイントです。

いくつか例文をご紹介しますので

参考にされてくださいね。

(例文1)

私が人生で一番頑張ったのは

部長として部員をまとめることでした。

部員が50名ほどいたため

意見の対立が起きることも多かったです。

部長として誰かの味方につくことはせずに

常に中立の立場を取るようにしていました。

この経験を通して

誰にでも公平に接することが

できるようになりました。

(例文2)

私が人生で一番頑張ったと思うのは

高校時代に出場した

ピアノコンクールに向けての練習です。

学校が休みの日は1日に8時間以上

練習に打ち込んでいました。

コンクールで入賞はしませんでしたが

努力したことは自分にとって

大きな自信につながりました。

(例文3)

人生で一番頑張ったのは

大学時代にフルマラソンで

目標タイム内に完走したことです。

目標を達成するために

1年ほどかけて体調管理と

練習に励んできました。

この経験を通して

目標に向けて努力することの

大切さを学ぶことができました。

(例文4)

私が人生で一番頑張ったと思うのは

カフェでのバイトです。

はじめの頃はお客さんから

クレームが来ないように

仕事をこなすことで精一杯でした。

仕事が人並みにできるようになってからは

お客さんを満足させるためには

どのようなサービスをすれば良いのか

試行錯誤するようになりました。

カフェでのバイトを通して

仕事をする時はただ仕事をするのではなく

人に喜んでもらうために努力することが大切だ

と知ることができました。

さいごに

人生で一番頑張ったことは

面接でよく聞かれる質問の1つです。

面接官は特別なエピソードを

聞きたいわけではありません。

あなたがどのように頑張ったのか

その過程を分かりやすく

面接官に伝えられるように

準備をしておきましょう!

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする