上司に怒られた次の日はどうしたらよい?休むのもあり?

【2022.4.16追記】

立ち直れないくらいに上司から怒られた次の日は

会社に行きたくなくなりますよね、、、

しかし結論から言うと

次の日に仕事は休まない方が

あなたのためになります!

1日休むとますます仕事に行きたくなくなるし

同じようなことが起きたら

休みを繰り返すことになるためです、、、

くよくよして1日を終えるのではなく

なぜ怒られたのか理由を考え

そこから何かを学ぶことが大切です。

スポンサーリンク

怒られた次の日に休むのはNG!その3つの理由とは?

上司からきつく怒られた次の日は

仕事を休んでもいいのか、それともNGなのか?

3つの理由から次の日に仕事を

休まない方が良いです。

【理由①】ますます仕事に行きたくなくなるから

仮に1日休んだとしても

モヤモヤした気持ちのまま

次の朝を迎えてしまいます。

休んでも何も解決されていないため

余計に仕事に行きたくなくなるだけです。

【理由②】同じことを繰り返すから

1度休んでしまうとまた同じことを

繰り返しがちです。

仕事を休む時は仮病を使うことにもなります。

【理由③】上司から何も学んでいないと思われるから

怒った上司は次の日のあなたの態度を見ています。

次の日に休むとあなたは何も学ばずに

逃げたと思ってしまいます。

次の日に仕事に来た方が

良い印象を与えることができます。

怒られた次の日の態度を上司は見ている!

実は怒った方も気にしているものです。

次の日にあなたが仕事にちゃんと来るかなぁ

と考えたりしています。

次の日にあなたが会社に颯爽と現れ

きびきび仕事に取り組んでいたら

あなたに対してプラスの印象を抱きます。

上司に怒られた時にあなたがすべきことを

ご紹介しますね。

やってはいけないNG行動は

怒られた日にくよくよした気持ちのまま過ごし

朝を迎えることです。

どんなにくよくよ過ごしても

何も問題は解決されていません。

なぜ怒られたのか、

これからどのように改善すべきか

自分なりに答えを見つけましょう!

辛い時や困難に見舞われた時は

チャンスだととらえることができます。

辛い時ほど学びがありますので

怒られたことは成長のチャンスだと

前向きにとらえることが大切です。

叱られたあと上司にどう謝るのがベスト?

あなたは今こんなことを考えていませんか??

叱られたあとに上司に謝るべきなのでしょうか?

朝会った時に謝るべきか謝らないべきか

かなり気まずいですよね。

別室で上司と2人になるように仕向けて

特別に謝る必要はありません。

しっかりと仕事をすることが

反省を見せることになります。

職場内での挨拶をしっかりして、

仕事を責任を持って

きびきびとこなすことが大切です。

書類を渡す用事があるなど

何か上司に用事がある時に

1言伝えれば十分です。

謝罪の1言としては

次のような伝え方をするのがおすすめです。

◉昨日はご指導ありがとうございました。

今後仕事をする上で実践していきます。

◉昨日はご迷惑をおかけしました。

昨晩自分の行動をしっかり見直しました。

今後もご指導どうぞよろしくお願いいたします。

怒られた時の切り替え方!

怒られた時は気持ちを切り替え

前向きな気持ちで会社に行くことが

ベストであるとご紹介しました。

気持ちを切り替えてと言われても

やり方が分からないと

簡単には気持ちの切り替えはできません。

怒られた時の気持ちの切り替え方を

ケース別にご紹介します(^.^)

信頼を寄せている上司から怒られたら

自分は社会人として経験値を積むことができた

と前向きに考えるようにしましょう。

社会人にとって怒られるという経験は

マイナスではなくプラスになります。

同じことを繰り返さないように心がけることで

上司のあなたを見る目も変わります。

意味もなくあちこちで怒りまくっている

上司もいますよね、、、

そんな上司に怒られたら

こんな風に考えてみましょう。

大声で騒げば騒ぐほど

お前の価値が下がるからなw

職場で怒りまくる人物は

もはや現代における化石だと考えてよいです。

SDGsの考えが普及して

職場環境の改善に取り組む企業が急増する中

パワハラ行為はナンセンスであるためです。

大声で騒がせて企業内における価値を

低めてやるくらいの気持ちでいて

何の問題もありません。

他にも気持ちの切り替え方があるので

ご紹介しますね。

くよくよする時間を自分なりに決めて

その時間を過ぎたらくよくよするのを

やめるようマイルールを作ることです。

くよくよしても何も事態は改善しない

と分かっていてもくよくよしてしまう、、、

それが人間というものです。

時間を決め気が済むまでくよくよして

気持ちをスッキリ切り替えましょう!

怒られたあとは気まずい!そんな気まずさを取り除く方法とは?

気まずいというのは人間が持つ

自然な感情の1つです。

この気まずさは取り除くことができるのか

という問題について考えていきましょう。

結論から言うと気まずさは

あなたの気持ちの持ち方次第で

驚くほど簡単に取り除くことができます。

職場で怒られたらくよくよと落ち込むのはやめ

なるべく早くに通常運転に戻るようにしましょう。

職場でいつまでもくよくよと落ち込んだ姿を

見せたり泣いてしまうと気まずさの度合いが

ますますひどくなってしまうためです>.<

そしてあなただけでなく一緒に働いている人まで

なんだか気まずいなぁという気持ちに

させてしまいますよ。

怒られた後に落ち込むことなく

普通に仕事をしている人は

周囲からの評価も高くなります。

上司にラインで怒られるのを止めるには?

職場で言えばいいのに帰宅後に

上司からあれこれラインで怒られたら

精神的にイラつきますよね。

ラインでぐちぐち文句ばかりを言う人は

性格が根暗でねちっこいです。

上司にラインで怒るのをやめさせる方法を

ご紹介します。

上司からラインが来たら

「明日会社でお話します。」

と1言返信するようにしましょう。

上司がそれに対して何か言ってきても

返信する必要はありません。

明日会社で話すと伝えているため

その後の上司からのメッセージは開かずに

既読無視でも問題はないです。

何度も会話をラリーさせないことが

ポイントです。

その後もこのような状況が

長く続くようであれば返信をやめて

既読の状態にして翌日会社で対応するようにします。

上司が反撃を加えてくるようであれば

上司からのラインを人事担当者に見せ

状況を詳しく話してください。

上司のパワハラと認定されることもあるため

ラインは証拠としてしっかり残しておきましょう。

人事担当者はちょっと壁が高いなと思う場合は

同僚や他の上司に相談してみるのもおすすめです。

あなただけでなく

他にもあなたと同じような状況にいる人が

職場内にいる可能性が高いためです。

ラインで部下に怒るような上司は

あなたが初めてではなく他にも

被害者がいる可能性が高いです。

自分1人で抱え込むのではなく

周囲にヘルプを出すことで

驚くほど事態が良くなることは多々あります。

さいごに

今だからこそ怒られたら

そこから何かを学ぶことが大切だ

と強く言えますが

私も昔は怒られたら長い間引きずっていました。

結局マイナスの気持ちが増えてしまい

仕事を辞めることになってしまいました、、、

私と同じようにはなって欲しくありません。

仕事で上司にひどく怒られて

次の日に休みたいと悩んでいるなら

悩むのではなく問題解決に向け考えることを

おすすめします。

翌日職場で上司にサラッと謝罪の言葉が

言えたらとてもかっこいいです(^^)

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする