退職を2ヶ月前に告げるのは非常識?!円満に退職をすすめるために!

退職を2ヶ月前に告げたら

周囲から冷たい対応を受けた

との経験がある人は少なくありません。

一般職の場合は退職を申し出る目安は

1〜3ヶ月前ですが会社の状況によっては

2ヶ月前に退職を申し出た場合でも

非常識だと思われてしまうことがあります。

繁忙期を避けることや

引き継ぎに十分時間をあてることで

円満に退職することができます。

退職前の有給の取り方についても

同様の配慮が求められます。

スポンサーリンク

退職は何ヶ月前に言うのがマナー?

退職する時に会社の就業規則に従って

15日前に申し出たら

周囲から反感を買ってしまった>.<

就業規則に従っているため

何の問題もないのですが

退職する時は会社の繁忙期など

状況をよく見て空気を読むことが大切です。

周囲の人達から迷惑だなと思われずに

円満に会社は退職したいものです。

退職を申し出るタイミングは

退職希望の1〜3ヶ月前が目安です。

もしも会社が次のようなケースに

当てはまる場合は

3ヶ月前には退職希望の申し出を

することをおすすめします。

・会社の繁忙期。

・社内で最近退職する人が相次いでいる。

上記のように人手が不足している時に

突然来月退職しますと申し出ると

周囲の人達はかなり焦りを感じてしまいます。

管理職の場合は退職を何ヶ月前に申し出るべきか?

一般職の場合は退職の申し出の目安は

1〜3ヶ月前です。

では次に管理職はいつ頃までに

退職希望を申し出ると

周囲に迷惑をかけないかを見ていきましょう。

管理職は社内のまとめ役のため

管理職が突然いなくなると

業務がまわらなくなってしまいます。

就業規則に15日前と規定されているから

2週間前に申し出ようと考えるのは

無責任だと思われても仕方ありません。

会社の繁忙期や年末年始を避け

引き継ぎを完全に終わらせられることを考慮し

退職を申し出る日を決めることが大切です。

最短でも2ヶ月前には退職の意思を

伝えておくようにしましょう。

退職2ヶ月前の有給の取り方!

退職を申し出てから度々問題が起きるのが

有給の取り方についてです。

2ヶ月前に退職希望を申し出て

たまっていた有給を一気に消化して

周囲とギクシャクした関係になってしまった

という人も少なくありません。

実は私自身も昔有給休暇で

非常に気まずい思いをしたことがあります、、、

当時私は社会人としての経験が少なく

社会人としての常識をあまり

身につけていませんでした。

退職まであと2週間という時に

有給休暇が9日も残っていることに

気づきました(^^;)

私が勤めていた会社では有給休暇を

取得する時は書類を提出するだけでなく

口頭で上司や課の職員達に報告する

ルールがありました。

有給休暇を2日取得した時点で

非常に気まずくなり

7日分は自ら放棄しました。

有給休暇は労働者に与えられた権利のため

とてももったいないことをした

と後悔しています。

もっと計画的に取得するべきでした。

会社を退職する時は退職の申し出日だけでなく

有給の取り方についても考慮が要ります。

次に挙げることを考慮して有給を取得すると

トラブルが起きにくいです。

「引き継ぎの日を十分に確保し

その上で有給消化ができるように

計画的に退職日を決定する。」

特に専門性が高い職種に就いている場合は

引き継ぎについてしっかり考えておく

必要があります。

引き継ぎをいい加減にすると

引き継いだ人に迷惑がかかります。

立つ鳥跡を濁さずという言葉があるように

しっかりとした形で退職したいものです。

さいごに

退職を決意した時にいつ退職を申し出るべきか

気になりますよね。

一般職の場合の目安は1〜3ヶ月前、

管理職は2〜3ヶ月前です。

周囲の人達に十分に配慮した上で

申し出るタイミングを決めましょう。

最後までお読みいただき

どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする