円満退社なんてありえない?!トラブルなく仕事を辞めるためには?

会社を辞める時はトラブルなしの

円満退社をしたいものですよね。

しかし実際には円満退社するのが難しいと

感じている人が少なくありません。

もちろん円満退社している人もたくさんいますが。

就業規則を守って退職を伝えたのに

その後辞めるまで冷たい目で見られたなど

辛い経験をした人もいます。

そもそも円満退社とはどのような

会社の辞め方を言うのでしょうか。

この記事では円満退社の定義や

円満退社するのが難しいと感じた人の体験談や

最悪な辞め方と言われてしまう辞め方

などについてご紹介します。



スポンサーリンク

円満退社とはそもそもどのような辞め方を指す?

代表的な円満退社の1つに結婚退社が

ありますが、そもそも円満退社とは

どのような会社の辞め方を指すのでしょうか?

円満退社とは会社側と辞める側の双方が

不満がない状態で労働契約を

解消することです。

退職する当日に笑顔で会社を出ることが

できるのが円満退社です。

トラブルなく仕事を辞めるためには

急な退職はしないようにしましょう。

急に退職すると引き継ぎも十分に行われないため

会社に大きな迷惑をかけてしまうことになります。

円満退社するためには引き継ぎなどで

周囲に迷惑をかけないよう配慮した

辞め方をするように心がけましょう。

仕事の最悪な辞め方の特徴!

円満退社できれば良いのですが

実際には円満退社するのは難しいと

感じる人が多いです。

中には退職する意志を伝えたところ

最悪な仕事の辞め方をするなと

上司から咎められた人もいます>.<

最悪だと言われてしまう仕事の

辞め方の特徴をまとめると

次のようになります。

・退職希望を伝えてから1度も会社に来ずに

フェードアウトする。

・欠勤または無断欠勤が続き上司が連絡したら

電話またはメールで会社を辞めますと伝える。

・引き継ぎをせずに辞める。

感情論になりますが転職先がライバル社の場合

その事実が知られた時に

最悪と言われてしまうことがあります(^^;)

以前学習塾に勤めていた時の話になりますが

ライバル学習塾に転職する社員が

最悪と文句を言われていました。

その人は引き継ぎもしっかりして

きちんとした形で辞めたため

周囲からグチグチ言われて気の毒だな

と思っていました。

円満退社は難しい…皆の体験談

円満退職するのは難しいと感じた人の

リアルな体験談についてご紹介します。

【Aさん】

会社の人間関係に悩み、ある朝布団から

出ることができませんでした。

その後も会社に行けなくなり

親に頼んで仕事を辞めました。

同僚から後から聞いた話によると

上司がものすごく怒っていたそうです。

病院からはうつ病の診断を受けました。

もう少し上手く辞めるべきだったと

今は思いますが

当時は精神的に追い詰められていて

最悪な辞め方しかできませんでした。

【Bさん】

会社では仕事がうまくいっていましたが

キャリアアップしたいと思い

転職することにしました。

転職を理由に退職する希望を伝えたところ

ものすごく嫌な顔をされてしまいました。

【Cさん】

就業規則を守り2週間前に退職を伝えましたが

その後2週間針のむしろのような状況でした。

引き継ぎもしっかりしましたが

最後まで裏切り者のような目で見られて

とても辛かったです。

さいごに

円満退社が理想的ですが

会社を辞める時は会社に残る側は

複雑な感情に少なからずなってしまいます。

だからといって辞めないわけにも

いきませんよね、、、

引き継ぎを十分に行うなど

会社に残る人達に配慮することで

最悪な仕事の辞め方はせずにすみます。

できるだけ周囲の人達が不満を抱かないような

辞め方を目指しましょう。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする