仕事が終わらないで泣きそうなあなたへ!ベストな解決法とは?

仕事が終らないのに残業も

家に持ち帰ることも許されない>.<

そんな状況に追い込まれたらストレスから

頭がおかしくなりそうですよね。

私にも同じ経験があるため気持ちは

よく分かります。

仕事が終らなくても残業するなと言われたら

仕事のやり方を変えるか

仕事量を減らすしか方法はありません。

まずは自分の仕事のやり方をもっと

効率的にできないか考えましょう。

自分に問題がない場合は

上司やクライアントに問題があります。

直接自分の状況を伝えるか

それでもだめなら会社の上層部や

労働基準監督署に相談しましょう。

スポンサーリンク

仕事が終わらないのに残業できない…このような事態が起きるのはなぜ?

日本では残業をしすぎることが

これまで問題視されてきました。

残業をすることは悪という風潮の中で

生まれたのが時短ハラスメントです>.<

仕事が終らないのに残業するなというのが

典型的な時短ハラスメントの例です。

残業ができなくなるように

就業時間が過ぎると強制的にオフィスの

電源を落としてしまう企業もあるほどです。

直属の上司があまりにも口うるさく

残業をしてくるなと言ってくるなら、

それは会社の上層部から残業をさせないように

上司もまた口うるさく言われているためです。

部下の残業状態をマネジメント評価の

対象としている企業もあります。

上司はマネジメント評価を下げたくないため

仕事が終らない部下がいても残業せずに

帰宅するよう言ってくるというわけです。

仕事が終わらないのに残業するな…無理難題の解決法!

仕事が終らないのに残業はするなと言われると

「ならどうしたらいいの?」と

詰め寄りたくもなりますよね。

自宅で仕事ができるならまだしも

データなどの持ち出しを禁じている場合

どうすることもできません。

残業なしでは処理しきれない仕事を

どのように解決していくかを

ケース別にご紹介します。

自分が原因で仕事が終らないケース

周囲と同じくらいの仕事量にもかかわらず

自分だけ仕事が終らない場合は

自分の仕事のやり方を見直す必要があります。

まずは以下の項目をチェックしてみましょう。

・今しなくてもよい仕事をしていないか?

・もっと効率的に仕事ができる方法はないか?

・優先順位を決めて、計画的に仕事を進めているか?

仕事を効率的に進めるために使える

ソフトなどのツールを積極的に取り入れて

仕事を簡略化していくのもおすすめです。

仕事を振ってくる上司または

クライアントに問題があるケース

自分の仕事の進め方ではなく上司や

クライアントに問題があるケースがあります。

問題というのは部下の仕事を

適切に管理するマネジメント能力です。

有能な上司やクライアントであれば

部下の状況を把握し

適切な量の仕事を振ってきます。

また納期に関しても無理難題を

押し付けてくることはありません。

絶対に処理しきれない量の仕事を振ってきたり

厳しすぎる納期を押し付けてくる上司や

クライアントはわざとではなくマネジメント能力が

欠如しているケースがほとんどです。

この場合は自分の状況を直接伝えることを

おすすめします。

意外にもあっさりと状況を理解して

仕事量を減らしてくれる場合もあります。

直接伝えても改善されない場合は

会社の上層部や労働基準監督署に

相談しましょう。

さいごに

仕事が終らないのに残業ができないと

悩んでいるのはあなただけではありません。

時代の流れで現在は残業がしにくい状況にあります。

ですので仕事量を減らすことが

解決策となります。

今回ご紹介した方法を実践してくださいね。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする