仕事の辞め方!すぐ辞めたい場合に円満退職できる方法はある?

仕事を今日にでもすぐに辞めたいと

お悩みではないでしょうか?

即日退職できるかは

雇用形態により大きく異なります。

たとえば雇用期間に定めがない

正社員やバイト、パートは基本的に

退職する2週間前までに

退職希望を申し出る必要があります。

定めがない契約社員は基本的に

雇用期間が満了するまで

退職することはできません。

円満退職するためには

言いにくいですが直接口頭で

申し出るようにしましょう。

スポンサーリンク

仕事の辞め方!正社員が円満に会社を辞めるには?

正社員は基本的に雇用の期間が

定められていません。

この場合退職する2週間前までに

退職の希望を会社に申し出ておく必要があります。

円満退職するためにはメールや手紙ではなく

直接話して伝えることが大切です。

2週間も待てない!今すぐにでも辞めたい

と思った時にできることがあります。

1つ目の方法は会社と話し合って

合意を得ることです。

2つ目の方法は退職を申し出てから

退職まで有給休暇を消化することです。

会社を辞める時は引き継ぎが問題になります。

どちらの方法でも周囲の社員に

迷惑をかけることは避けられません>.<

よほどの事情がない限りは

即日退職はしないようにしたいものです。

実はこの2つ以外にも即日退職が

可能になるケースがあります。

退職を申し出て2週間欠勤するのも

1つの方法ですが確実に周囲に迷惑を

かけるためおすすめしません。

自分が会社の同僚に同じことをされたと

想像してみてください。

突然退職届けを出してその後

2週間何らかの理由をつけて

休み続けてそのままフェードアウト、、、

無責任だし迷惑ですよね(^^;)

社会人のマナーとして人にされて嫌なことは

しないよう心がけたいものです。

会社をすぐに辞めたい契約社員が即日退職できる場合とは?

正社員の場合は上記でご紹介したように

原則退職する2週間前までに会社に

申し出ることが求められます。

契約社員の場合は

雇用の期間が定められているため

基本的に雇用期間が満了するまで

仕事を辞めることはできません。

しかし次の3つの条件を満たすと

即日退職することが認められます。

以下の条件を満たすことで即日退職することができます。

①会社から同意を得ることができた。

②1年以上働いている。

③退職するにあたりやむを得ない事情がある。

どれか1つということではなく

全て満たす必要があるため妊娠したとか

病気になったなどの理由がないと

円満退職するのは少し難しいです。

パートやバイトを今すぐ辞めたい!辞める条件や伝え方

パートやアルバイトは基本的に

雇用期間の定めがないため即日退職できるかは

正社員と同じ考え方になります。

円満退職するためには退職を希望する

2週間前までに直接話して伝えることが

大切です。

パートやバイトの場合は退職を申し出てから

2週間有給休暇を消化するという方法は

使えません。

パートやバイトには有給休暇という

概念がないためです。

しかしながらパートやバイトでも

即日退職が可能になるケースがあります。

正社員と同様に会社に相談して

同意を得ることができれば

即日退職することも可能です。

パートやバイトの中には雇用期間の

定めがあるものもあります。

どちらの雇用形態なのか不明な場合は

職場に尋ねて確認してから

どのように対応するかを検討することを

おすすめします。

さいごに

会社を辞めたいと思った時に

即日退職ができるのかは今回ご紹介したように

正社員や契約社員、パート、バイトなど

雇用形態により異なります。

退職する希望があることを伝えるのは

心苦しいことですが

周囲に迷惑をかけずに円満に退職するためには

直接上司に話をするようにしましょう。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする