プレゼンテーションと発表の違いとは?うまくやるコツ伝授!

【2021.10.25追記】

プレゼンテーションと発表は、

同じような意味合いで

使われることもあります。

presentationには

発表という意味もあります。

人の前で話すという点においても、

たしかに同じだと言えます。

しかし実際には、

プレゼンテーションと発表には

違いがあります。

発表とは、自分の考えや調べたことなどを、

相手に伝えることです。

ある意味、一方的な行為だと言えます。

一方、プレゼンテーションは、

相手の立場に立ち、

相手にとって有益な情報を伝えることです。

ビジネスシーンで発表ではなく、

プレゼンテーションという言葉が使われるのは

このためです。

プレゼンテーションを

うまく行うコツについてもご紹介しますね。

文章の組み立て方と、

喋り方がポイントになります

▪論理的な文章を作成する。

▪分かりやすい言葉で

分かりやすくゆっくり話す。

▪身ぶり手ぶりを加える。

▪聞き手に質問するなど聞き手も巻き込む。

誰が聞いても分かりやすいと感じる

プレゼンテーションになるよう

心がけましょう。

今回ご紹介するコツをつかんで話すだけで、

プレゼンテーションが

驚くほど上手くなります。

スポンサーリンク

プレゼンテーションと発表の違いはどこにある?

プレゼンテーションと発表は、

ほぼ同じ意味で使われることも多いです。

プレゼンテーションには

発表という意味もあります。

大勢の前に立ち、

何かについて話をする時ですね。

人の前で話すという点においては、

たしかに同じです。

しかしプレゼンテーションと発表には

はっきりとした違いがあります

それぞれの特徴を簡単にまとめると、

次のようになります。

プレゼンテーション

相手の立場に立ち、

相手が望むであろうことを

考えて文章を作成します。

その文章を相手の前で伝えることが、

プレゼンテーションです。

発表

自分の言いたいことや、

調べたことなどを相手に伝えること。

ビジネスシーンでは、

プレゼンテーションという

言葉が使われることがほとんどです。

一方、学校で生徒が何かについて話したり、

ある団体が調査内容を話す時は、

発表という言葉が使われることが多いです。

プレゼンテーションをうまく行うコツとは?

プレゼンテーションをうまく行うコツを

ご紹介しますね。

文章の組み立て方

説得力のない文章を人前で話しても、

プレゼンテーションが下手だな

と思われてしまいます。

説得力のある文章は、

次のようにして作ることができます。

①はじめにプレゼンテーションで

1番言いたいことを述べます。

②なぜそのことを1番言いたいのか、

理由を述べます。

③具体例をいくつか挙げながら、

理由の信ぴょう性を高めます。

④最後にもう1度主張したいことを述べて、

プレゼンテーションを終わらせます。

話し方

では次にプレゼンテーションの

話し方のコツについてご紹介しますね。

▪難しい言葉は使わず、

誰が聞いても理解できる内容にしましょう。

▪ゆっくりと、聞き取りやすい話し方を

意識しましょう。

▪身ぶり手ぶりを加えることで、

聞き手の注目を引きつけることができます。

上級者テクニックもご紹介しますね。

プレゼンテーションをする時に、

聞き手に質問するなど

聞き手を巻き込んでいく方法です。

ただ聞くだけではないため、

聞き手もプレゼンテーションに

より興味を持ってくれるようになります。

プレゼンテーションとは?スピーチとの違いは?

ビジネス英語を勉強していると

社内でプレゼンテーションしている場面が

よく登場します。

英語で表記するとpresentationとなり

「表現・提示・紹介」などの意味があります。

プレゼンテーションという言葉は

アメリカの広告業界で使われたのが始まりで

現在は日本でも広く使用されています。

人前で話すということで

スピーチとどう違うのかと疑問に

感じている方も多いのではないでしょうか?

【プレゼンテーションの目的】

説明する商品やサービスを最終的に

購入してもらうこと。

【スピーチの目的】

テーマに対する自分の考えを

聞いている人に伝えること。

どちらもメッセージを聞き手に伝えるために

行うものですが、

プレゼンテーションは利益獲得に

直結しているためビジネス色が強いです。

プレゼンテーションを成功させるためのコツ!

プレゼンテーションは商品や

サービスの良さを説明し、説得することで

最終的に購買を決めてもらうことを

目指すものです。

プレゼンテーションを成功させるコツは

話し方と資料作成にあります。

話し方には3つのコツがあります。

はじめに出身地や趣味など簡単に自己紹介する

名前だけを言ってすぐに

プレゼンテーションを始めるのではなく

簡単に自己紹介することで

親近感を抱いてもらうことができます。

はじめは緊張してうまく話せないと思いますが

誰だって最初からうまくは話せません。

回数を重ねていくことで慣れていくので

笑いが取れなくても全然問題はありません。

資料を読むだけのプレゼンテーションはNG

資料に書いてあることをひたすら読むだけの

プレゼンテーションは

聞き手にとって魅力あるものではありません。

プレゼンテーション前に十分に勉強し

資料がなくても説明できるくらいに

準備することが大切です。

自分の体験談を話す

自分が実際に体験したことを話すことで

聞き手に興味を持ってもらうことができます。

資料作成のコツは、だらだら文章を書くのではなく

できるだけシンプルにまとめ、表やグラフを用いて

見やすい資料を作成しましょう。

パワーポイントのデザインを美しくし

視覚で訴えることもプレゼンテーションを

成功させるために重要です。

この他にパワーポイントを作成する上で

以下の点を取り入れるようにしましょう。

1つのスライドには1つのテーマまで

情報が多すぎると聞き手はとても

疲れてしまいます、、、

要点(本当に伝えたいこと)を

スッキリまとめることで

最後まで集中力を切らさずに

話を聞いてもらうことができます。

文字の大きさや自体も見やすくなるよう

配慮しましょう。

難解な言葉を使わず、誰もが理解できる内容に

英語を多用すると聞き手は

分かりづらいと感じてしまいます。

専門的な知識がない人が聞いても

しっかり理解できる内容にすることが

理想的なプレゼンテーションです。

レポートとプレゼンの違いとは?

レポートとプレゼンの宿題が出ているけど

違いが分からないとの声を多く聞くため

違いについてご紹介しますね。

プレゼンテーションとは上記でご紹介したように

説明や考えを述べることで

相手を説得させることを目的としています。

一方レポートはテーマについて調査したことを

まとめて報告することが目的です。

公的機関などが公表している

信ぴょう性のあるデータを参考にして、

事実を客観的にまとめることが大切です。

信ぴょう性のあるデータに基づいた内容8割、

自分の意見や考え2割程度を目安にして

文章を作成してみてください。

客観的な事実とは無関係に自分の考えを述べるのは

レポートではなく感想文になるため

ご注意くださいね。

さいごに

今回は、

プレゼンテーションと発表の違いについて

ご紹介しました。

相手のためにするのか、

そうではないのかという違いがあります。

プレゼンテーションを行う時は、

相手に納得してもらうことが

最も大事なことです。

説得力のある文章を組み立て、

分かりやすい話し方になるよう

心がけましょう!

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする