プレゼンテーションと発表の違いとは?うまくやるコツ伝授!

プレゼンテーションと発表は、

同じような意味合いで

使われることもあります。

presentationには

発表という意味もあります。

人の前で話すという点においても、

たしかに同じだと言えます。

しかし実際には、

プレゼンテーションと発表には

違いがあります。

発表とは、自分の考えや調べたことなどを、

相手に伝えることです。

ある意味、一方的な行為だと言えます。

一方、プレゼンテーションは、

相手の立場に立ち、

相手にとって有益な情報を伝えることです。

ビジネスシーンで発表ではなく、

プレゼンテーションという言葉が使われるのは

このためです。

プレゼンテーションを

うまく行うコツについてもご紹介しますね。

文章の組み立て方と、

喋り方がポイントになります

▪論理的な文章を作成する。

▪分かりやすい言葉で

分かりやすくゆっくり話す。

▪身ぶり手ぶりを加える。

▪聞き手に質問するなど聞き手も巻き込む。

誰が聞いても分かりやすいと感じる

プレゼンテーションになるよう

心がけましょう。

今回ご紹介するコツをつかんで話すだけで、

プレゼンテーションが

驚くほど上手くなります。

スポンサーリンク




プレゼンテーションと発表の違いはどこにある?

プレゼンテーションと発表は、

ほぼ同じ意味で使われることも多いです。

プレゼンテーションには

発表という意味もあります。

大勢の前に立ち、

何かについて話をする時ですね。

人の前で話すという点においては、

たしかに同じです。

しかしプレゼンテーションと発表には

はっきりとした違いがあります

それぞれの特徴を簡単にまとめると、

次のようになります。

プレゼンテーション

相手の立場に立ち、

相手が望むであろうことを

考えて文章を作成します。

その文章を相手の前で伝えることが、

プレゼンテーションです。

発表

自分の言いたいことや、

調べたことなどを相手に伝えること。

ビジネスシーンでは、

プレゼンテーションという

言葉が使われることがほとんどです。

一方、学校で生徒が何かについて話したり、

ある団体が調査内容を話す時は、

発表という言葉が使われることが多いです。

プレゼンテーションをうまく行うコツとは?

プレゼンテーションをうまく行うコツを

ご紹介しますね。

文章の組み立て方

説得力のない文章を人前で話しても、

プレゼンテーションが下手だな

と思われてしまいます。

説得力のある文章は、

次のようにして作ることができます。

①はじめにプレゼンテーションで

1番言いたいことを述べます。

②なぜそのことを1番言いたいのか、

理由を述べます。

③具体例をいくつか挙げながら、

理由の信ぴょう性を高めます。

④最後にもう1度主張したいことを述べて、

プレゼンテーションを終わらせます。

話し方

では次にプレゼンテーションの

話し方のコツについてご紹介しますね。

▪難しい言葉は使わず、

誰が聞いても理解できる内容にしましょう。

▪ゆっくりと、聞き取りやすい話し方を

意識しましょう。

▪身ぶり手ぶりを加えることで、

聞き手の注目を引きつけることができます。

上級者テクニックもご紹介しますね。

プレゼンテーションをする時に、

聞き手に質問するなど

聞き手を巻き込んでいく方法です。

ただ聞くだけではないため、

聞き手もプレゼンテーションに

より興味を持ってくれるようになります。

さいごに

今回は、

プレゼンテーションと発表の違いについて

ご紹介しました。

相手のためにするのか、

そうではないのかという違いがあります。

プレゼンテーションを行う時は、

相手に納得してもらうことが

最も大事なことです。

説得力のある文章を組み立て、

分かりやすい話し方になるよう

心がけましょう!

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク



フォローする