獣医になるには高校はどこを選べばいい?

 

昔佐々木倫子さんの『動物のお医者さん』

という漫画を読んで、

本気で獣医師になることを

目指したことがあります(´ω`)

 

獣医師になることを

目標にしている人が多いです。

 

でもどのようにしたら

獣医師になることができるのでしょうか?

 

獣医になるためには

2つの条件を満たす必要があります。

 

農林水産省が指定する獣医学科のある

6年制の大学を卒業すること

 

獣医師国家試験に合格すること

 

まずは獣医学部のある

大学に入学しなければなりません

 

高校選びも重要になってきます。

 

毎年国公立大学や難関私立大学への合格者を

多く輩出している実績のある

高校を選びましょう。

 

獣医師国家試験はマーク式で

2日間にわたり行われます。

 

平成30年度の獣医師国家試験の

合格率は82.6%でした!

 

難易度が低いということではなく

一生懸命勉強して試験にのぞむ人が多いから

合格率が高いのだと考えましょう。

 

日本で獣医になるには獣医師国家試験に合格するしかない!

 

日本で獣医になれる道は1つしかありません

 

農林水産省が指定する獣医学科のある

6年制の大学を卒業し、

獣医師国家試験に合格することです。

 

獣医師国家試験は定められた大学を

卒業することで

受験資格を得ることができます。

 

獣医師国家試験には年齢制限はないため

獣医学部にはかなり年齢が上の人も

学生として通っています。

 

気になるのが

獣医師国家試験の内容やレベル、

合格率ですよね(‘ω’)

 

獣医師国家試験の内容

 

毎年2月に2日間にわたって

試験が行われます。

 

試験はマークシート式で、

獣医師になるために

必要な知識や技能を身につけているかが

問われます。

 

試験内容は大きく4つの

カテゴリーに分かれています。

 

①獣医療の基本的事項

 

②獣医学の基本的事項

 

③衛生学に関する事項

 

④獣医学の臨床的事項

 

 

獣医師国家試験のレベルと合格率

 

獣医師国家試験は獣医学部を卒業した

学生だけが受験することができます

 

全員難関大学に合格しているだけあり

合格率は高いです。

 

平成30年度の合格率は82.6%と公表されています。

 

大学を卒業すれば

高確率で獣医師国家試験に

合格できることが分かります。

 

 

獣医になるために選ぶべき高校とは?

 

獣医になるためには

獣医学部がある大学に

合格しなければなりません。

 

獣医学部のある大学は国公立と私立合わせて

16校しかありません。

 

どの大学も偏差値が高く、狭き門です。

 

1番偏差値が高いのは東京大学の80です。

 

1番低い大学でも偏差値が67もあります。

 

偏差値が67の大学は

岩手大学と鳥取大学、宮崎大学です。

 

これらの大学は国公立大学のため

人気も高いです。

 

獣医学を学ぶ場合、

私立大学に進学すると国公立大学に比べて

約4倍も学費がかかります。

 

このように獣医学が学べる大学に

入学するためには

高い学力が求められます。

 

また獣医学部は全国に16校しかないため

競争率も激しいです。

 

獣医になるために選ぶべき高校の特徴を

ご紹介しますね(‘ω’)

 

◉国公立大学への進学率が高い進学校

 

◉理系が強い高校

 

◉課外授業に力を入れている大学

 

獣医学部に入学を希望するなら

地元の進学校を選ぶようにしましょう

 

私は学習塾で以前働いていました。

 

その時に獣医学部への進学を

目指している高校生も

多く通っていました。

 

学校の授業や課外以外に

塾に通うことも大切だなと感じます。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

獣医師になるためには

獣医師国家試験に合格しなければなりません。

 

獣医師国家試験は

獣医学部を卒業した学生だけに

与えられる資格です。

 

そのため合格率は高いです。

 

本気で獣医師を目指すなら

獣医学部に入学しましょう。

 

国公立大学や私立大学の合格実績のある

進学校の高校に入学するのがおすすめです。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました