3年後の自分欄の例文紹介!質問される意図をしっかり理解しよう!

エントリーシートにある3年後の自分欄

どんな内容を書けばいい?

なぜ問うのか企業の意図をくみ取ることで

書くべきことが分かってきます。

企業は主に就活生について

次のような内容を知りたいと思っています。

・3年後にどのような仕事をやりたいのか?

・3年後に会社内において

どのような社員になっていたいか?

書いている内容から

入社することにどれくらいの

やる気があるのかも探ろうとしています。

もしも3年後の自分欄が

あやふやな感じだと

こんな風に思われてしまいます。

・将来のビジョンが描けていない。

・企業研究を熱心にしていない。

・入社することにそれほどやる気がない。

エントリーシートの3年後の自分欄も

手を抜かずにしっかりと作成しましょう。

3年後の自分の仕事についての例文についても

ご紹介しますので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

3年後の自分の仕事について質問されるその意図とは?

そもそもなぜ3年後のことが

企業から聞かれるのでしょうか?

3年後の自分の仕事について

企業が就活生に質問する意図は

大きく2つあります。

(1)将来ビジョンを知るため。

将来ビジョンとは

3年後にあなたがやりたい仕事や

なっていたい人物像です。

将来的にどのような仕事をしたいのかや

どのような人材になっていたいのかを

聞くことで企業はこんなことを

知ることができます。

・将来のプランがしっかり描けている

人材であるかどうか。

・会社と合う人材であるか。

(2)就職に対するやる気はあるか?

3年後の自分の仕事について

しっかりした考えを書けるということは

就職の準備もしっかりしていることを

意味しています。

就職の準備をしている=入社する意欲が高い

とみなされます。

上記でご紹介した企業が知りたいことに対して

しっかりとした答えを出すことが大切です。

3年後の自分の仕事についての例文!

会社内において

どのような立ち位置の社員になっているかを

内容に盛り込みましょう。

面接官が具体的に

3年後の人物像をイメージできるような文章を

作成するのがポイントです。

実際に3年後の自分の

仕事についてどのようなことを書けば良いのか

例文をご紹介しますね。

(例文1)

入社したら先輩方に指導を受けながら

がむしゃらに仕事を頑張りたいと思います。

3年後は知識や技術をしっかり身につけ

後輩に仕事を教えられるような

立場になっていたいです。

仕事を教える際にただ教えるのではなく

精神的にもサポートできるような

人材になっていることが私の目標です。

(例文2)

3年後には海外で買い付けをし

日本でブームを起こす仕掛け人になることが

目標です。

そのためにはプライベートでも語学の勉強をし

流行っているものを研究しようと思っています。

(例文3)

3年後には1人でホームページの制作が

できるようになっていたいです。

そして会社内においては

仕事を安心して頼めるような

社員になっていることが目標です。

(例文4)

3年後は営業成績を上げ

顧客からも社員からも信用される

人材になることが目標です。

そのためにも3年間は基礎をおろそかにせず

1日1日を仕事に専念していきたい

と思います。

実際にエントリーシートに書く場合は

もっと文字数を多く書くことになります。

上記でご紹介した基本的な文章をもとに

400文字程度で書けるようにしましょう。

さいごに

エントリーシートにある

3年後の自分欄に書くべき内容について

ご紹介しました。

企業はこの欄もしっかりと見ていますので

力を入れて作成しましょう。

3年後にどんな仕事をしたいかや

どんな人材になっていたいかを

文章に盛り込むのが大切なポイントです。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする