退職の挨拶メールを英語で書くと?書き方や例文を紹介!

企業のグローバル化が進み

退職などの挨拶メールを

英語で書く機会も増えました。

退職の挨拶メールの構成は

基本的に日本語で書く時と同じです。

宛名の書き方は英語特有のため

覚える必要があります。

今回は退職の挨拶メールを英語で

書く時の件名や宛名の書き方、

同僚向けの書き方のコツや例文をご紹介します。

英語の退職挨拶メールへの

返信の書き方についてもご紹介しますね。

スポンサーリンク

退職の挨拶メールを英語で書く時の件名

日本語でメールを送る時と同様に

ひと目見て退職の挨拶だと分かる件名にします。

日本語だと退職の挨拶メールの件名は

例えば「退職のお知らせ」または

「退職のご挨拶」と書くのが一般的です。

退職を英語で表現するとresignationです。

英語で退職の挨拶メールを書く時は

件名に送り主の名前と会社名も含めると

大変分かりやすくなります。

以上の点を踏まえて英語で件名を

書いてみるとこのようになります。

「Resignation from Fumika Tanaka ◯◯ Corp,)」

親しみのある同僚や部下に

退職の挨拶メールを送る時は

「Farewell」または

「My last day」としても良いです。

farewellは別れ

My last dayは私の最後の日となります。

退職の挨拶メールを英語で同僚に書く時のコツと例文

メールを送る相手が同僚でも上司でも取引先でも

メールの構成は基本的に同じです。

【退職の挨拶メールの構成】

①宛先

②退職することのお知らせ

③感謝の気持ち

④連絡先(必要であれば)

⑤締めの言葉

⑥メールの送り主

同僚に書く時は「Dear,名前」としますが

親しい間柄の場合は名前だけでもOKです。

上司や取引先にメールを送る時は

「Dear+敬称 (Mr., Ms., Mrs., Miss.)+名字」

とするのが一般的です。

構成に沿った同僚宛ての

退職の挨拶メールの例文をご紹介します。

Dear, Nancy.

(ナンシーさんへ)

I would like to let you know that I am leaving my position at(会社名).

(会社を辞める予定であることをあなたに知らせたい。)

let you know that〜には”〜を知らせる”との

意味があります。

leaveには”〜を去る”との意味があり

現在進行形を用いることで

近い未来の予定を表すことができます。

Thank you very much for your help during my tenure.

(私が在職中にあなたの助けに大変感謝しています。)

tenureには在職期間という

意味があります。

Please keep in touch.

My mobile phone number is 〜.

keep in touchには連絡するという

意味があります。

Thank you so much again. Best wishes for your future.

(本当にありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。)

Best regards,○○

送り主の名前の前には

Best regards,をつけます。

Best regards,は英語の手紙などで

使われる一般的な締めの言葉です。

相手の幸せを願う気持ちが

込められていますので

メールの締めで使用しましょう(^.^)

退職メールに英語で返信するときの書き方と例文

英語で退職挨拶メールをもらった時の返信は

どのようにすれば良いのでしょうか?

次のような構成に沿って文章を書くと

スッキリまとまります。

①宛名

②メールをもらったことへの感謝の気持ち

③思い出があればエピソード

③今後の活躍を祈る言葉

④署名

では構成に沿って実際に返信の文章を

作成してみましょう。

【返信メールの例文】

Dear, Thomas.

Thank you for your farewell message.

Thanks to you, it was easy for me to work.

I look forward to your future success.

Best regards,Kyoko.

(日本語訳)

親愛なるトーマスさんへ

退職のメッセージありがとうございました。

あなたのおかげで仕事がしやすかったです。

あなたの今後の活躍を期待しています。

京子より

さいごに

英語で退職の挨拶メールを書く時の

コツや例文などをご紹介しました。

宛名の書き方は様々な内容の

メールに使うことができるため

しっかり覚えるようにしましょう。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする