看護師は優しい人でもすぐ辞めるの?その実態とは?

看護師は優しい人ほど辞めてしまう

と言われていますが

本当のことなのでしょうか?

精神的に繊細すぎたり

体力がないと看護師の仕事を続けるのが難しい

と感じる人は少なくありません。

この他にも様々な理由から

看護師を辞めてしまう人がいます。

新卒で看護師を辞める場合は

理想と現実のギャップに挫折した人です。

この記事では看護師がどんどん仕事を

辞めてしまう理由や新卒で辞める理由、

看護師をすぐに辞める人の特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

看護師がどんどん辞めていく理由はなぜ?

看護師は資格を持っているし

給料など福利厚生が安定していそうと

思っている人が多いのではないでしょうか。

しかしながら看護師の離職率は

2019年度で11.5%と

他の職種と変わらないくらいに高いです。

なぜ看護師はどんどん辞めていくのか

理由をまとめましたのでご覧ください。

仕事がきつすぎる

看護師は命に関わる仕事のため

日々プレッシャーを感じながら

仕事をしています。

基本的に立ち仕事で夜勤もあるため

精神的だけでなく

身体にも負担が大きい仕事です。

仕事のきつさの割に給料が安い

看護師として就職するとそこそこ

安定した給料をもらうことができます。

しかしながら仕事のハードさの割に

給料が十分ではないと感じる人は

少なくありません。

給料の不満も退職で多い理由です。

人間関係の悩み

様々な職業に当てはまることですが

看護師という職種においても

人間関係の悩みから退職する人がいます。

看護師という仕事が合わない

働き始めた頃は必死で考える暇もなかったけど

数年間働いてみて自分は看護師とは

合わないのではないかと考える人もいます。

看護師を3ヶ月で辞める人は多い?実情とは

看護師の離職率の半数以上を占めているのが

新卒者です。

試用期間の3ヶ月が終了後に

辞めてしまう人もいます。

つまり1年が経たないうちに

看護師を辞めてしまう人が多い

というのが実情です。

先ほど看護師がどんどん辞める理由を

ご紹介しましたが

1年未満で辞めてしまう人の場合

理想と現実のギャップに挫折したケースが多いです。

看護師という職業が激務であることは

広く知られています。

実際に働き始めて想像以上の激務に

挫折する新人さんは少なくありません。

この他には看護師として現場で働いてみて

自分は看護師には向いていないと

気づいたことも理由としてあげられます。

看護師という職業だけでなく

このことはどんな職業についても

当てはまることです。

看護師をすぐ辞める人の特徴まとめ

看護師をすぐ辞める人の特徴について

ご紹介します。

精神的に弱い人

優しい人ほど看護師を辞めるとの話がありますが

繊細でもろい人は看護師には向きません。

看護師は命に関わる職業のため

辛いシーンにあうことが多いためです。

どんなに辛いことがあっても

翌日には働かなければなりません。

優しすぎる人は看護師には向いておらず

気が強い人が看護師に向いていると

言われるのはこのためです。

体力がなさすぎる

長時間立っているとフラフラするなど

体力がない人は人間関係などで

悩みがなくても辞める傾向があります。

看護師という仕事が好きでも

体力がないと続けるのは難しいようです。

この場合は物理的に看護師をやめざるを得ない

状況に追い込まれると言えます。

さいごに

看護師はなぜ仕事を辞めてしまうのか

理由などについてご紹介しました。

看護師という仕事は想像している以上に

過酷なものです。

向き不向きもあるため看護師を

目指している人は1度立ち止まり

自分と向き合うことが大切です。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする