奇声をあげる4歳の子供の原因と対処方法とは?

スーパーなどでよく

小さな子供の奇声を耳にします。

奇声は成長の過程で起きる自然な行動です。

奇声は3歳くらいで

しだいにおさまると言われています。

しかし個人差があるため

4歳でも奇声をあげる子がいます。

息子も突然奇声をあげることがありますよ〜

なぜ大声を出すのかと聞いたところ

『楽しいから』と答えました。

外出先で息子が奇声をあげると私が慌てるため、

その姿を見て喜んでいるのだと思います(^^;)

奇声をあげる原因は実に様々です。

興奮している

大声を出すのが楽しい

言いたいことが言葉にできない。など

4歳の子供もこのような原因から

奇声をあげることがよくあります。

たくさん遊ばせてストレス発散させたり、

家の外では出してはいけない声について

しつけることで対処しましょう。

ただしあまりにも

奇声をあげる頻度が高い場合は

一度小児科などに相談することを

おすすめします。

発達障害の可能性があるためです。

早期発見することで

症状を改善することができます。

スポンサーリンク




4歳になっても奇声をあげるのは病気?考えられる原因とは?

息子も4歳ですが時々

奇声をあげることがあります。

なんで奇声をあげるのかと聞いたら

『楽しいから』との答えが返ってきました。

その他には着ぐるみに遭遇するなど

楽しいことが起きると奇声をあげます。

奇声は3歳くらいでおさまるとされています。

しかし個人差があるため

4歳になっても奇声をあげる子供もいます。

幼児が奇声をあげる

主な原因はこのようになっています。

◉言いたいことがある時。

◉遊びが足りなくて力がありあまっている。

◉不安や恐怖を感じている時。

◉注目を集めたい、周囲の反応を試している時。

◉奇声をあげるのが楽しい。

あまりにも奇声をあげることが多すぎる場合は

一度小児科などに

相談することをおすすめします。

早く発見してアドバイスをもらった方が

症状の改善につながるためです。

奇声をあげる子供への対処方法

奇声をあげる4歳の子供への対処法を

ご紹介しますね。

■言いたいことがある時の対処法について

子供が何か言いたいことがありそうな時は

じっくり話を聞いてあげましょう

お話しするのが上手な子供も

ついこの間までは赤ちゃんだったとの気持ちで

子供に接しましょう。

■遊びが足りなくなって

力がありあまっている時の対処法について

天気の良い日は外でたくさん遊ばせましょう。

雨の日も室内で身体を動かす

遊びをさせましょう。

遊びが足りないと体力があるため

大声を出してストレスを発散させようとします。

■不安や恐怖を感じている時の対処法について

慣れない場所に行ったり、

慣れない人と一緒の空間にいる時に

子供が奇声をあげることがあります。

大丈夫だよと声をかけ

気持ちを落ち着かせましょう

抱きしめたり抱っこするのも効果的です。

■注目を集めたい

周囲の反応を試している

奇声をあげるのが楽しい

子供がこれらのことが原因で

奇声をあげている時は

しつけることが大切です。

子供が奇声を出したら

その場で口もとに指をあて

『しー』と言いましょう。

家に帰ってから言うのでは

子供はピンと来ないため

効果を期待することができません。

また4歳の子供は

ゆっくり話せば理解することができます。

子供と向き合い、

家の外で出してはいけない言葉があることを

話すようにしましょう。

さいごに

いかがでしたか?

3歳くらいで奇声はあげなくなるとは言います。

しかし4歳でも奇声をあげる子供は

たくさんいます。

あまりにも奇声をあげる回数が多い場合は

小児科などで相談することをおすすめします。

たまに奇声をあげるくらいなら

状況に応じて対処法をとりましょう。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする