お礼状の封筒を手渡しても問題ない?知っておきたいマナーとは?

 

感謝の気持ちを伝えたい!

 

口頭ではなくお礼状を書いて渡したいたい

と考えられる方も多いと思います(‘ω’)

 

でもお礼状は郵便ではなく、

手渡ししても良いものなのでしょうか!?

 

直接会う場合に

口頭だけでなく、お礼状も渡すと

大変丁寧な印象を与えます。

 

ですのでお礼状の封筒を手渡ししても

なんの問題もありません

 

ただし直接お礼状を渡す場合は、

封筒の書き方に注意する点があります。

 

郵便で送る場合は、

封筒の表面に相手の住所と氏名を書きます。

 

お礼状を直接手渡しする時は

相手の住所は書く必要はありません。

 

封筒の表面に書くのは相手の氏名だけです。

 

(例)○○様

 

個人ではなく会社全体にあてる時は

○○御中とします。

 

封筒の裏に書く内容は、

郵便で送る場合と同じです。

 

あなたの名前だけでなく

住所も書くようにしましょう。

 

郵便番号もお忘れなく。

 

お礼状を受け取った相手も

あなたにお手紙を書く可能性があるためです。

 

その際に手間を取らせないためです。

 

封筒の色や手紙の入れ方については

郵便も手渡しも同じです。

 

封筒は茶封筒は失礼にあたるため絶対にNGです。

 

白い封筒を準備しましょう。

 

中に入れる手紙は

三つ折りにしてから入れましょう。

 

お礼状の封筒は手渡しせずに郵送するべき?

 

友達など親しい人に内祝いなどを返す時に

手渡しする方も多いと思います。

 

口頭だけでなく

お礼状を書くことで

より丁寧なお返しになります。

 

しかしあなたはこんな風に

思っているのではないでしょうか?

 

お礼状を直接手渡すのは変じゃないかなぁ…

 

やはりお礼状の封筒は手渡しせずに

郵送するべきかしら?

 

お礼状は郵便でなく

手渡ししてもマナー違反ではありません

 

マナー違反になるどころか、

より丁寧な印象を相手に与えます。

 

携帯電話の普及で

手紙離れは加速しています。

 

お礼状をもらった相手は

とても印象深く感じることでしょう。

 

直接会う場合も

お礼状を書くことをおすすめします。

 

 

お礼状に関するマナー(封筒の色/入れ方/宛先・宛名の書き方等)

 

直接会う場合も

お礼状を渡すことをおすすめします。

 

ただし注意してほしい点がいくつかあります。

 

封筒の色と入れ方については

郵便で送る場合と同じです。

 

封筒の色は白です。

 

直接お礼状を渡す場合は、

なんでも良いかなぁと思いがちですが

白を選ぶようにしましょう。

 

間違っても茶封筒には入れないように

ご注意ください。

 

中の手紙は三つ折りにして、

封筒の中にきれいに入れるようにしましょう。

 

封筒の書き方については

郵便と直接手渡しとでは異なります。

 

郵便で送る場合は

宛先に次の事柄を書き込みます。

 

・郵便番号

・住所

・氏名

 

直接お礼状を渡す場合は

封筒の表面に相手の氏名のみを書きます。

 

○○様。

 

会社など団体あてにお礼状を渡す場合は

○○御中となります。

 

郵便番号や住所は書かないのがマナーです。

 

 

あなたの情報については、

郵便で送る場合も手渡しする場合も同じです。

 

封筒の裏面に次の事柄を書き込みます。

 

・郵便番号

・住所

・氏名

 

お礼状をもらった相手も

あなたにお礼状を渡そうと

考えるかもしれません。

 

その時に相手がさっと

あなたの住所と氏名を

書けるようにするためです。

 

意外と多いのが郵便番号の書き忘れです。

 

郵便番号が書いていないと

けっこう調べるのがめんどくさいんですよね(^^;)

 

相手に手間を取らせないためにもお忘れなく!

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

直接お礼状を手渡しすると

より丁寧なお返しになります。

 

郵便で送る場合と

手渡しする場合とでは

封筒の表面の書き方に違いがあります。

 

その他に関しては同じ考え方です。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました