毒親の過干渉を躱して結婚して幸せをつかみたいあなたへ!

親がいろんなことに干渉してきて

精神的に辛い…

学校や就職に口を出すだけでなく

友達や恋人、結婚など

人間関係にまで干渉してくる

毒親も存在します。

実は子供自身も親に依存している

ケースが多いんです。

精神的な依存や経済的な依存が考えられます。

それぞれのケース別に対処法をご紹介します。

もしもあなたが経済的に自立できるのであれば

親のもとから離れて

暮らすことをおすすめします。

親をかわいそうと思う必要は全くありません。

あなたがいなくても

親はたくましく生きていけます(^^)

毒親はたくましいです!

経済的に自立できていないため

親元から離れられないなら

経済的に自立できるように頑張りましょう。

結婚まで邪魔してくるような毒親からは

距離を置くのが1番です。

離れて暮らすことで、

関係がよくなることが多いんですよ(^^)

私の従兄弟も親の干渉がひどく、

子供の頃から大変だなと

ずっと思っていました。

大反対を押し切っての結婚でしたが、

今では良好な関係を築いています。

毒親の過干渉を避けて結婚した人の体験談も

ご紹介しますね。

スポンサーリンク




過干渉で結婚まで邪魔してくる毒親への対処法とは?

過干渉の毒親との関係に悩んでいる人は

たくさんいます。

あなたは今結婚まで邪魔されて、

精神的にひどく追い詰められています。

それなのになぜあなたは

親を突き放せないのでしょうか?

もしも親に対してかわいそうと

思っているのなら、

精神的に親から自立できていません

あなたがずっとこのまま親のことを

かわいそうだと思うのならば、

一生毒親との関係を

改善することはできません。

親はあなたがいなくても生きていけます(^^)

結婚が決まっているなら親元を離れましょう

もしも経済的に自立できないことが原因で

親を突き放せないのなら

自立できるようしっかり働いて

収入を得ましょう。

親から金銭面でサポートを受けていると、

親から精神的にもうまく

自立することができません。

毒親との関係を改善させるには

親元から離れるのが効果的です。

毒親の過干渉を避けて結婚した人の体験談!

では次に毒親の過干渉を避けて結婚した人の

体験談をご紹介しますね。

32歳で結婚し、

毒親から離れた従兄弟A(男)の話です。

従兄弟はひとりっ子で、

両親は大変教育熱心でした。

2歳の頃にはすでに様々な習い事を

していました。

小学生の時、休日はほぼ親がつきっきりで

勉強をさせていました(^^;)

勉強もでき、反抗期もないまま

大学生になりました。

しかし大学生になった時に

父親が病気で亡くなってしまいました。

その後母親の干渉は

さらにひどくなっていきました。

社会人になり適齢期になっても

ずっと結婚を邪魔されていました。

経済的には自立していましたが

一人暮らしはせずに実家で暮らしていました。

結婚まで邪魔されるなんて

とても気の毒だなと思っていました。

母と私は、Aはもう一生

結婚できないのではないかと

よく話していました。

そんな従兄弟でしたが

ついに結婚し親元を離れました。

大反対を押しのけての結婚でした。

おばさんは初めの頃は激怒していました。

しかし孫が生まれてからは、

毒親だったおばさんも

性格が柔らかくなったそうです。

近い距離に住んでいないため

孫に会いに来るのは数ヶ月に1度とのこと。

はじめは悪く言っていた奥さんに対して、

文句も言わなくなったそうです。

従兄弟にあれだけ干渉されて

反抗期がなかったのは

すごいねと話したことがあります。

従兄弟は反抗したかったけど

恐くて何も言えなかっただけ、

ずっと苦しんでいたと言ってました…

結婚して親元から離れて良かったとも

言ってましたよ(^^)

さいごに

いかがでしたか?

毒親との関係に悩んでいる人は

とても多いです。

一緒に住んでいると、

なかなかこの関係から

抜け出すことができません。

毒親との関係を改善するための最善策は

離れて暮らすことです。

出ていけと言われたのならば

出ていっても良いと私は思っています。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする