【犬死に】の意味や由来とは?使い方も解説!

 

彼らを犬死にさせるわけにはいかない。

 

彼らの死は犬死にだった…

 

何の役にも立たずに無駄死にすることを

犬死にと表現することが多々あります。

 

なぜ犬を引き合いに出すのでしょうか(‘ω’)

 

猫や豚など他の動物ではダメなの!?

 

 

犬死にの由来は俳句にある

言われています。

 

昔日本では、

似ているけれど本物ではないことを表現する時に

名詞の前に犬をつけました。

 

犬は役には立たないことの

例えとして使われていたのです。

 

やぶ医者のことを犬医者と呼んだり、

腰抜けの役に立たない侍を

犬侍と呼んだりもします。

 

犬は良くない意味で

使われていることが分かりますね。

 

今回は『【犬死に】の意味や

由来とは?使い方も解説!』と題して

気になることを調査しました!

 

【犬死に】の意味や由来

 

はじめに犬死にがどのような意味を持つのか

から理解しましょう。

 

国語辞典では【犬死に】は

次のように定義されています。

 

何の役にも立たない死に方をすること

 

無駄死に

 

徒死(とし)

 

徒死という言葉は

現代ではほとんど聞くことがありませんよね。

 

無駄死にするという意味を持つ言葉です。

 

犬死には何の役にも立たない死に方

との意味がありますが、

なぜ犬なのでしょうか!?

 

犬死にの気になる由来を調査しました(‘ω’)

 

犬死に以外にもいくつか表現があります。

 

・犬医者

 

・犬侍

 

犬医者はやぶ医者、

犬侍には腰抜け侍との意味があります。

 

犬死にも含めて、

どれも良くない意味を持つ言葉です。

 

名詞の前に犬をつけた始まりは俳句だと

言われています。

 

似ているけれど本物ではないとの意味を

表す時に名詞の前に犬をつけました。

 

日本では昔、

犬は役に立たないことのたとえで

使われていたことが分かりますね。

 

 

犬という言葉が使われた俳句をご紹介します。

 

◎犬死にき 実生つばきに 初蕾

 

及川貞

 

 

◎犬死にか 野垂れ死将 曼珠沙華

 

大関靖博

 

 

【犬死に】を使った文章、例文

 

犬死にという言葉は

日常会話の中ではあまり使われませんよね。

 

現代では小説や映画のセリフなどで

見かけることが多いです。

 

実際にどのような使い方をするのか、

犬死にを使った文章やセリフをご紹介します(‘ω’)

 

◎スター・トレック6 未知の世界より

 

かれらは戦さで死ぬことを名誉とは考えず、

犬死にだとする。

 

 

◎機動戦士ガンダム

UC 05 ラプラスの亡霊より

 

ここですべてを御破算にして、

ギルボアを犬死ににさせるわけにはいかない。

 

機動戦士ガンダムでは他場面でも

犬死にという言葉がセリフの中で登場します。

 

犬死にという言葉は

機動戦士ガンダムなどハードな

世界観によく合う言葉だと感じます。

 

 

では次に例文をご紹介しますね。

 

こちらはオリジナルの例文となります。

 

◎あんな風に突然命を奪われるだなんて。

 

このまま彼を犬死にさせるわけにはいかない。

 

絶対に犯人を見つけて、

吊し上げてやるからな!

 

 

◎一生懸命夢に向かって頑張ってたのに…

 

こんなことで命を奪われるなんて

犬死にと同じじゃないか!

 

 

◎あの組織のために

うちの息子は犬死にしたようなものだ。

 

絶対に許さないからな…

 

 

◎将来を有望視されていた未来ある若者が、

強盗団により犬死にしてしまった。

 

 

何かを成し遂げることなく

死んでしまった人を嘆く時に

使うことができます。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

名詞の前に犬をつけると

良くない意味で使われていたことが

分かりました。

 

犬死にには何の役にも立たずに

死んでしまったことを嘆く時に

よく使われる表現です。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました