緊急連絡先はどこにすればいい? 天涯孤独の人向け

 

賃貸物件を借りる時って

正直面倒くさいですよね…

 

連帯保証人だけでなく

緊急連絡先になってくれる人も

探さなければなりません。

 

緊急連絡先になった人には

お金の支払い義務は一切発生しません。

 

しかしながら友人に緊急連絡先になってくれと

頼まれると断る人は多いです。

 

たとえ断られても

こんな風には思わないでくださいね。

 

緊急連絡先にすらなってくれないなんて

友達だと思われてないんだ…

 

あなたのことを友達だと思っていないから

断ったのではありません。

 

緊急連絡先になると

お金の支払い義務は発生しませんが

次のようなことが起きる可能性があります。

 

万が一賃借人が不慮の出来事で亡くなった時に

遺体や遺品の引き取りが

求められることがあるのです。

 

親友だとしても断る人が多いことに

私は納得しています。

 

天涯孤独の人などを対象に

緊急連絡先を引き受けてくれる

代行業者がいくつかあります。

 

そちらを利用することをおすすめします。

 

行政書士事務所や代行業者は

有料で緊急連絡先になってくれます。

 

お金をかけずに探したいのであれば

市町村の保健機関や民生委員、

NPO法人に相談してみましょう。

 

きっと助けになってくれるはずですよ。

 

保証人じゃなくても緊急連絡先にされるのは友人でも荷が重い!

 

賃貸物件を契約する時に必要になるのが

連帯保証人と緊急連絡先になってくれる人です。

 

緊急連絡先になると、

管理会社や大家さんが

賃借人と連絡が取れなくなった時に

電話がかかってきます。

 

賃借人の居場所に心当たりがないか

聞かれます。

 

連帯保証人とは異なり、

滞納した家賃の返済などの

法的義務は生じません。

 

緊急連絡先には法的義務は

一切生じないのですが

人によっては荷が重いと感じる人もいます。

 

その理由は賃借人が亡くなった時に

緊急連絡先になっている人物は

遺体や遺品の引き取り手に

なることを求められるためです。

 

どんなに親しい友人でも

万一のことを考えると気が進まないのも

ごく自然なことです。

 

緊急連絡先になることを

断られたからといって

友達と思われていないんだ、

などと思わないようにしましょう。

 

実際に緊急連絡先になることを頼まれると

躊躇する人がほとんどです。

 

緊急連絡先になる人がいなくて困っている人は

たくさんいます。

 

そんな人のために

様々なサービスがありますのでご紹介しますね。

 

 

緊急連絡先を天涯孤独な人はどうすればよい?

 

親や親戚と疎遠だったり、天涯孤独のため

緊急連絡先になってくれる人がいなくて

困っている人がたくさんいます。

 

困っているのは

あなただけではないので

心配しないでくださいね。

 

緊急連絡先を代行してくれるサービスを

いくつかご紹介します。

 

行政書士事務所

 

有料で緊急連絡先を引き受けてくれる

行政書士事務所があります。

 

全ての行政書士事務所が

行っている業務ではないため

事前に調べておくことをおすすめします。

 

費用は様々ですが、

登録料金が1万円、

1年ごとに1万円程度かかるのが一般的です。

 

 

民間の代行業者

 

緊急連絡先を引き受ける

民間の代行業者もあります。

 

料金の相場は行政書士に頼む場合と

ほぼ同じです。

 

登録料金で1万円、

毎年1万円くらいかかるのが相場です。

 

 

この他に相談する場所もあります。

 

地域の民生委員さんや

市町村の保健機関、NPO法人などがあります。

 

緊急連絡先になってくれる可能性があるため

相談してみましょう。

 

相談も無料でできますよ。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

賃貸物件を借りる時に必要になるのが

緊急連絡先になってくれる人です。

 

連帯保証人のように

滞納家賃の支払いなど

法的義務は発生しません。

 

しかし賃借人に万が一の時があった時に

遺体や遺品の引き取りが

求められることがあります。

 

このため親友であっても

緊急連絡先になることを

ためらう人は多いです。

 

緊急連絡先になってくれる代行業者などを

うまく活用しましょう!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました