納骨式で会食なしは失礼?滞りなく終わらせるために!

 

納骨式が終わったら会食をして、

引き出物を渡すという流れが一般的です。

 

納骨式をもっと簡素に行えたら良いのに…

 

と考える人も多いのではないでしょうか?

 

しかし納骨式後の会食は

できる状態にあればした方が良いです。

 

というのは納骨式後の食事会には、

大切な目的があるためです。

 

納骨式に参列してくれた僧侶や参列者へ

感謝の気持ちを表すためです。

 

また故人について

語り合う機会を作るためでもあります。

 

このような意味合いを持つため、

一家族で行う場合をのぞいては、

会食や引き出物を渡すことが大切です。

 

しかし現在は状況も変わっています。

 

新型ウイルスにより、

会食を開かないことを決める人も多い

と思います。

 

その場合は、

引き出物は必ず渡すようにしましょう

 

また僧侶には、食事代として

5000〜10000円包むのがマナーです。

 

納骨式を会食・引き出物なしの簡素な法要にすることは可能?

 

一家族のみで納骨式を行う場合は、

会食と引き出物なしの

簡素な法要にすることは可能です。

 

その場合に忘れてはならないことが

1点あります。

 

僧侶へ御膳代(食事代)を渡すことです。

 

御膳代として包む金額の相場は、

5000〜10000円です。

 

一般的には、納骨式を行った後は、

会食をして引き出物を渡して

終わりという流れです。

 

会食はせずに引き出物だけを渡すという

ケースもあります。

 

引き出物の金額の

目安は3000〜5000円です。

 

食べたり使うことで無くなる

消え物が好まれます。

 

お茶やうどん、そうめん、調味料など。

 

石鹸や洗剤など。

 

タオルなど消耗品を引き出物にする場合も

あります。

 

会食もなし、引き出物もなしでは

失礼だと思われても仕方ありません。

 

納骨式後に会食を行わないのであれば、

引き出物を用意して渡しましょう。

 

みんなは納骨式後の

会食や引き出物をどうしてるか、

リアルな意見を一部ご紹介しますね。

 

▪食事代と引き出物代を合わせて、

1人8000〜10000円になるよう用意しました。

 

 

▪会食はしないことを前もって伝えました。

 

手ぶらで帰宅させるのは心苦しいため、

引き出物を用意して渡しました。

 

 

▪食事会は、人と人の交流の場にもなります。

 

しっかり準備をして

思い思いに過ごしてもらいました。

 

もしも今納骨式を開くことになったら

会食は開かないと思います。

 

でも引き出物は必ず渡します。

 

 

そもそも納骨式後の会食はなぜやるのか?

 

こんなことを考えたことがありませんか?

 

そもそもなぜ納骨式後に、

みんなで集まって会食をするのだろう?(‘ω’)

 

納骨式だけでなく、

法要の後などにも会食が開かれます。

 

この食事会は、

お斎(おとき)と呼ばれています。

 

会食は主に2つの目的のために行われます。

 

1つ目は、

納骨式に来てくれた僧侶や

参列者に感謝の気持ちを表すためです。

 

もう1つの理由は、

故人の昔話をしたりして、

故人をみんなで偲ぶ場を作るためです。

 

納骨式に参列するのは、

親しい関係にある人ばかりです。

 

なかなかみんなが一斉に集まる機会は

なかなかありません。

 

人と人との交流という観点からも、

納骨式後の会食は大切だ

ということが分かりますね。

 

 

さいごに

 

納骨式後の会食や引き出物は

大切な意味合いを持っています。

 

会食をしないのであれば、

引き出物を渡すようにしましょう。

 

たしかに準備は大変です。

 

しかし納骨式に来てくれた人に

感謝の気持ちを表すために

しっかりと準備することが大切だと感じます。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました