猫の餌の量の基準とは?1日何グラムあげればいい?

猫の餌の量や食事の回数は

猫の年齢や状況により異なります。

タイプ別にご紹介しますね。

・年齢別

・肥満体型の猫

・妊娠中の猫

餌の種類もタイプ別に

合ったものを選ぶのがおすすめです。

おすすめの市販品もご紹介します(‘ω’)

スポンサーリンク




猫にあげる餌の時間・回数や分量のタイプ別基準とは?

猫の健康管理として、

食事の回数や量を

規則正しくすることが大切です(‘ω’)

猫の年齢別に餌の量と

食事の回数の目安をご紹介します。

子猫(生後2ヶ月〜1年)

驚くかもしれませんが

子猫は成猫より高いカロリーを必要とします

成長期ですからね(^^)

体重1kgあたり約160kcalを必要とします。

まだ胃が未発達なので

4回に分けることをおすすめします。

成猫(生後1年〜7年)

成猫は体重1kgあたり約80kcalが必要です。

胃が発達しているため

食事の回数は朝と晩の2回で大丈夫です。

シニア猫(7歳以上)

運動量が落ちるため

必要なカロリーが減ります。

体重1kgあたり約60kcalを必要とします。

シニア猫は胃の機能が衰えるため

食事の回数は3〜4回にします。

この他に肥満の猫と妊娠中の猫についても

ご紹介します。

肥満体型の猫

猫が長生きできるように

適切体重を維持しましょう。

体重1kgあたり約40kcalで餌の量を計算します。

朝昼晩の3回に分けて与えましょう。

妊娠中の猫

1番食欲が旺盛になる期間です。

今まで食べていた餌の1.5〜2倍の量が

目安となります。

以上ご紹介した量はあくまで目安量です。

飼い猫の食欲や体調などに応じて

微調整しましょう

猫の餌のおすすめ市販品!

猫の餌の種類も

タイプ別に選ぶようにしましょう。

タイプ別におすすめの市販品をご紹介します。

子猫向け

子猫は成長期のため高カロリーが必要です。

子猫向けのペットフードは

成猫よりも栄養価が高くつくられています。

子猫用と記載のある

ペットフードを選びましょう。

カルカン ドライ

かつおと野菜味 ミルク粒入り 子ねこ用



カロリーと栄養価が高い子猫用の

ペットフードです。

子猫の発育に必要な

たんぱく質やカルシウムなどが

豊富に含まれています。

成猫向け

室内飼いの猫は運動量が

どうしても少ないです。

肥満にならないよう

室内飼いの猫向けにつくられた

ペットフードを選ぶのがおすすめです。

ロイヤルカナン 猫 キャットフード インドア ドライ



室内飼いの成猫用ペットフードです。

消化の良い超高消化性タンパクが

配合されています。

脂肪量が控えめなため

運動量の少ない室内飼いの猫に適しています。

シニア猫向け

高齢になると成猫用のペットフードでは

胃腸にかかる負担が大きいです。

シニア猫向け用と記載のあるものを

選びましょう。

ロイヤルカナン キャット ドライ

12歳以上の老齢猫用



12歳以上のシニア猫のためにつくられた

ペットフードです。

シニア猫のからだの機能を考えて

つくられています。

外は歯ごたえがよく

中は柔らかい2層タイプです。

食欲を刺激します。

肥満猫向け

銀のスプーン 贅沢素材バラエティ

肥満が気になる猫用(1.1kg)



肥満が気になる猫用のえさながら

贅沢素材で美味しいため猫も満足します。

お魚のうまみがたっぷりと含まれています。

妊娠猫向け

ロイヤルカナン 猫 FHN

マザー&ベビーキャット 4kg



妊娠中の猫には子猫と同様に

高カロリーで栄養価の高い餌をあげましょう。

このペットフードは子猫と妊娠中の猫のために

つくられています。

さいごに

いかがでしたか?

猫のタイプ別に餌の量と

食事回数の目安をご紹介しました。

あくまで目安ですので

微調整してあげてください。

餌もタイプ別に選ぶのがおすすめです。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク



フォローする