犬が散歩中歩かないのはわがままだから?考えられる原因と対処法

 

犬が散歩中に歩かなくなることがあります(‘ω’)

 

様々な原因が考えられます。

 

①怖い

②疲れ・怪我・病気

③暑すぎる

④わがまま

⑤首輪やリードが気に入らない

 

わがままだったり、

甘やかされている犬は

飼い主の気を引くために

散歩中に歩かなくなることもあります。

 

きつい言い方になりますが

犬は飼い主を下に見ています。

 

構って優しくすると改善されません。

 

声かけはせずにリードを

軽く引っ張りましょう。

 

根気よく続けていくことが大切です。

 

犬が散歩で歩かないときに考えられる原因とは?

 

犬が散歩中に歩かなくなるのはどうして(‘ω’)?

 

原因はいくつか考えられます。

 

①怖い

②疲れ・怪我・病気

③暑すぎる

④わがまま

⑤首輪やリードが気に入らない

 

1つずつ詳しくご紹介しますね。

 

【①怖い

 

犬が歩かなくなるのは

いつも同じ場所ではありませんか?

 

犬は何かに怯えているのかもしれません。

 

工事の音や子供達の声、

よく吠える犬などです。

 

えっ、こんなことに怯えてるの

と思うことかもしれません。

 

犬が何に怖がっているのか

探してみましょう。

 

 

【②疲れ・怪我・病気

 

疲れや病気などによる体調不良や

怪我をしている可能性もあります。

 

 

【③暑すぎる

 

犬は暑さに弱いです。

 

人間が感じているのとは

比べものにならないくらい

アスファルトの道路は熱いということを

頭に置いておきましょう。

 

 

【④わがまま

 

歩かないと飼い主が構ってくれる

と思っているため歩かなくなる犬もいます。

 

次のような犬によく見られます。

 

・甘やかされて育った犬

 

・自分がリーダーだと思っている犬

 

・わがままな犬

 

 

【⑤首輪やリードが気に入らない

 

こんな理由でも犬は歩かなくなります。

 

 

犬が散歩で歩かないときの原因別対処法と裏技!

 

では次に原因別に対処法や裏技について

ご紹介します。

 

【①怖い

 

犬が何に恐れているのか原因を突き止めます。

 

工事の音?

 

子供達が遊ぶ声?

 

吠える犬?

 

無理にその道を散歩させるのはやめましょう。

 

散歩道を変えるのがベストです。

 

 

【②疲れ・怪我・病気

 

疲れや怪我、病気が原因の場合は

散歩中歩かなくても仕方ありません。

 

無理に歩かせるのではなく、

原因を取り除いてあげましょう。

 

 

【③暑すぎる

 

犬は毛皮を着ているということを

忘れないでおきましょう

 

犬は直接道路の上を歩きます。

 

またアスファルトとの距離が近いです。

 

夏の日中の散歩をやめるようにしましょう。

 

 

【④わがまま

 

歩かなくなれば飼い主が構ってくれる

との思いから、

散歩中に歩かなくなる犬もいます。

 

甘やかされて育った犬や、

自分がリーダーだと思っている犬に

よく見られます。

 

裏技があります(‘ω’)

 

犬が駄々をこねても、

声をかけないことです。

 

リードを軽く引っ張り、

犬の要望にはひれ伏さないことを

アピールしましょう。

 

注意点としましては

絶対にリードは強く引っ張らないでください

 

肉球や首を痛めるためです。

 

また飼い主は感情的にならず、

冷静に犬には従わない意志を

見せることも大切です。

 

 

【⑤首輪やリードが気に入らない

 

首輪やリードがいつもと違うものでは

ありませんか?

 

犬は首輪やリードが気に入らないとの理由から

散歩中歩かなくなることもあります。

 

いつもの首輪やリードに変えたら

改善されます。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

散歩中に犬が歩かなくなったら

なぜ歩かないのか

原因を探り対処しましょう。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました