犬のワクチン後の散歩はいつから始めるのがベスト?

可愛い子犬を家族のメンバーとして

お迎え予定(´ω`)

すぐに散歩できる?

散歩を始める目安は

2回目のワクチンを打ってから

2〜3週間後です。

ワクチンを打っても

すぐには抗体はできません。

抗体ができるまでに

病気をもらってこないためにも

お散歩を始める時期には注意しましょう。

お散歩デビュー時に

気を付けたいことについてもご紹介します。

子犬の中には首輪や

リードを嫌がる子もいます。

家の中で練習するなどして

慣らし期間を設けましょう。

散歩中にも気を付けたいことがあります。

子犬はとても好奇心旺盛です。

道に落ちているものをくわえようとします。

誤飲させないよう見守ることが大切です。

散歩は1日に2回行うのが理想的です。

夏場は朝と夕方。

犬は暑さに弱いため

夏場の日中の散歩はNGです。

犬は基本的に寒さには強いです。

しかし冬は寒さが

やわらぐ日中がおすすめです。

冬場も1日2回が理想的です。

それでは犬の散歩を始める時期、

散歩のときに気を付けたいこと、

おすすめの散歩の時間帯などについて

詳しくご紹介しますので参考にされてくださいね!

スポンサーリンク




犬のワクチン後の散歩はいつから始めればいいのかと気を付けたいこと

子犬とのお散歩を心待ちにされている方も

多いと思います。

しかし子犬をお迎えしても、

すぐにはお散歩デビューを

することはできません。

お散歩を開始する目安は

2回目のワクチン接種を終えてから

2〜3週間後です。

すぐに散歩ができないことに

驚かれるかもしれません。

なぜできないのか理由を説明しますね(‘ω’)

ワクチンを打ってもすぐに抗体はできません。

抗体ができる前に散歩してしまうと

子犬は様々な病気に感染する

リスクを負ってしまいます。

子犬の生命を守るために

この期間はしっかり守りましょう

この間にできることがあります。

首輪やリードに慣れさせておくことです。

首輪やリードを嫌がる子犬は多いです。

では次にお散歩デビューしてから

気を付けたいことについてご紹介しますね。

ズバリ【誤飲】です。

子犬は好奇心旺盛です。

気になる物はなんでも

口の中に入れようとします。

人間の赤ちゃんにも言えることです。

誤飲が原因で命を落とすこともあります…

誤飲させないことは飼い主の使命だと考え、

お散歩中はしっかりと子犬を見守りましょう

道には危険な物もたくさん落ちていますので

ご注意ください!

犬の散歩におすすめの時間帯は?

では次に犬の散歩におすすめの時間帯を

ご紹介します。

犬の散歩は1日に2回が理想的です。

まず初めに頭に置いてほしい

大切なことがあります。

犬は基本的に寒さには強いが暑さに弱い

ということです。

犬は毛皮を着ていると考えると

納得できると思います。

ですので夏場の日中の散歩はNGです。

たまに暑い日中に散歩している犬を

見かけます…

アスファルトがどれほど熱いか

飼い主は分かっていないのでしょうか。

生命にも関わることですので

夏の日中の散歩は避けるを徹底しましょう

夏場は午前中の早い時間や夕方以降の

気温が落ちてからにしましょう。

では次に冬場の散歩について考えていきます。

犬は基本的に寒さには強いです。

しかしあまりにも寒い日は

午前の早い時間や夜遅い時間帯は

避けてあげましょう。

寒い日は寒さがやわらぐ日中が

散歩するのにおすすめです。

冬場も1日2回が理想的です。

さいごに

いかがでしたか?

今回ご紹介した内容をまとめますね。

・子犬の散歩デビューは

2回目のワクチンから2〜3週間後。

・散歩前に首輪やリードに慣れさせよう。

・散歩中は子犬の誤飲に要注意!

・散歩は1日に2回が理想的。

・夏場の日中の散歩はNG。

以上に気を付けて

あなたの愛するワンちゃんとの散歩を

楽しんでくださいね!

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク



フォローする