犬は死ぬ前に吠えるって本当?臨終付き添い経験談集!

【2021.3.29追記】

飼い犬は死ぬ前に吠えるという話を聞きます。

この話は本当なのでしょうか?

確かに死ぬ前に吠える犬は多いです。

吠える理由としては

以下のことが考えられます。

1つ目の理由は

死ぬ前は呼吸が荒くなるためです。

大きく息を吸い込んだ時に

声帯が震えて遠吠えのような声が出ます。

この他には、

犬は死ぬ前は脳内麻薬が分泌され

頭がボーッとなります。

また目も見えにくくなります。

いつもと違うため

犬もなんとなく不安になり、

飼い主を呼ぶために吠えることが考えられます。

どちらの場合にせよ、

犬が吠える時はできるだけ

側にいてあげたいものです。

あなたのワンちゃんにはいつまでも健康でいて欲しい!

シニア犬に向けた、カロリー・脂質控えめのレシピです↓


スポンサーリンク

飼い犬は死ぬ前に吠えた?経験者は語る!

飼い犬は死ぬ前に吠えることが多いです。

しかし吠えない犬もいます。

我が家の飼い犬も吠えませんでした。

死ぬ前は1日中縁側で寝てました。

表情はいつ見ても

とても穏やかそうでした。

飼い犬が死ぬ前に吠える、吠えないは

個体差があると言えます。

実際に飼い犬を見送った飼い主の

リアルな体験談を調査しました(‘ω’)

【飼い犬が死ぬ前に吠えた】

飼い犬は死ぬ数時間前から

かなり呼吸が苦しそうでした。

呼吸が荒くなりながらも、

何かを訴えているかのように吠えていました。

もともと寂しがり屋で私にべったりでした。

死ぬ間際は特に不安だったようです。

私の姿が見えなくなると吠えていました。

飼い犬は持病があり心臓が悪かったです。

散歩に行く時も呼吸が苦しくなり、

遠吠えのようなこもった声を

よく出していました。

死ぬ間際もゼイゼイと呼吸が荒く、

遠吠えのような声を出していました。

【飼い犬が死ぬ前に吠えなかった】

ぬ前に飼い犬が吠えるという話を

聞いていました。

我が家の飼い犬の柴犬は、

吠えることはありませんでした。

1日中寝てましたが、

そのまま眠るように死んでいました。

以前チワワを飼っていた時は

私の姿が見えなくなると

ものすごく吠えていました。

犬の性格も関係しているのかなと思いました。

プライドが高い犬で、

死ぬ間際に立ち上がることが

できなくなりました。

すごく悔しそうな顔をしていました。

吠えたり、不安そうな様子を見せることもなく

死にました。

近くにいて欲しがるものかと

思っていましたが、

飼い犬はむしろひとりに

なりたがっているかのように思えました。

その他の犬のこんな習性気になりませんか?

併せて参照されてくださいね!

⇒ 犬が舐めるのが時々しつこいのはなぜ?なめるのをやめさせる方法は?

⇒ 犬が餌を噛まないで食べるので心配!ほっといても大丈夫?

犬が死ぬ前に吠えるのは感謝の気持ちの表れ?

人間とは異なり犬には死の概念はありません

また脳内麻薬が分泌されるため

恐怖感や痛みも感じないとのこと。

死の概念がないということを考えると、

死ぬ前に吠えるのは

感謝の気持ちの表れだとは考えづらいです。

なぜ吠えるのかに関しては

大きく2つの理由が考えられます。

①犬は死が近づくと

呼吸をするのも苦しくなってきます。

息を大きく吸い込んだ時に

遠吠えのような声が出ることがあります。

②犬は死が近づくと脳内麻薬が分泌され

意識がボーッとしてきます。

また死が近づくと目が見えにくくもなります。

いつもと違うことに

なんとなく不安を感じる犬もいます。

飼い主に側にいてもらうと安心するため、

吠えて飼い主に来てもらおうとします。

どちらの場合にせよ、

これまで以上に犬の側にいる時間を

作ってあげるようにしたいものですね。

犬が死ぬ前に甘える時の気持ちと飼い主ができること

死期が近づくと

犬は様々なサインを見せ始めます。

そのサインの1つが甘えることです。

いつもよりすりよってきたり

赤ちゃんの頃のような声で

鳴いたりすることがあります。

犬が死ぬ前に甘える理由と

理由別に飼い主ができることを

ご紹介しますね。

【死ぬ前に甘える理由①】

本能で死期を感じ取っている。

犬には死の概念はないとの説もあります。

しかし本能で死を

感じ取っているのかもしれません。

飼い主と過ごせる時間が少なくなっているため

甘えていると考えられます。

愛犬にできることは

できるだけ一緒に過ごす時間を

作るようにすることです。

犬は飼い主と過ごすのは

これが最後だと思っているかもしれません。

いつもよりたくさんの愛情を

あげるような気持ちで接しましょう。

【死ぬ前に甘える理由②】

意識が朦朧としてきて不安に感じている。

犬は死期が近づくと意識が朦朧とし

脳内麻薬が分泌されます。

そのため苦痛は感じないとされています。

意識がぼやけ視界も狭まってくるため

不安を感じ飼い主に甘えることがあります。

優しく声をかけながら

体をなでて安心させるようにしましょう。

犬の最期の特徴とは?鳴くこともある?

犬の最期の特徴は実に様々です。

犬の最期の特徴として

鳴くこともあるの?との声があがっています。

犬には個体差があり

必ずこうだと断定することはできません。

しかし中には鳴く犬もいます。

実際に犬が最期に鳴くのを聞いたよとの

声をご紹介しますね。

【Aさん】

ここ1ヶ月くらい鳴く力が

残っていないくらいに弱っていました。

死ぬ間際に声をふり絞るようにして

犬が遠吠えしました。

どんな気持ちだったのか

今でもとても気になっています。

【Bさん】

死ぬ間際の数日前から

ご飯をほとんど食べなくなり

ずっと寝てばかりでした。

死ぬ直前に子犬の頃のようなかわいい声で

鳴きました。

何か伝えたいことがあるんだろうなと

ひしひしと伝わってきました。

実はAさんやBさん以外の方からも

犬が最期に遠吠えしたという声が

多くあがっています。

犬は死期が近づくと呼吸が苦しくなってきます。

大きく息を吸い込んだ結果

声帯が震え遠吠えのようになるのが

原因とされます。

つまり犬が死ぬ間際に遠吠えするのは

生理現象だということになります。

しかしただの生理現象だとは思いません。

犬には気持ちがあります。

最後に飼い主に何かメッセージを伝えようと

しているのでしょう。

犬は飼い主にきっとありがとうと

伝えているのだと思います。

愛犬が鳴いている時は

側にいって伝えようとしているメッセージに

耳を傾けてくださいね。

犬が死ぬ前に元気がなくなるのはなぜ?

犬は元気がある時は体温が高いです。

しかし死期が近づくにつれて

体温が下がり元気もなくなってしまいます。

体を動かすだけのエネルギーが

十分にないためです。

我が家の愛犬も3ヶ月ほど前に

老衰で亡くなりました。

元気が良かった頃は

お腹を触るとポカポカと

とても温かかったです。

しかし死ぬ前は体が温かくありませんでした。

元気がなくなり始めた頃は

冬で寒い時期でした。

そのため毛布だけでなく布団もかぶせ

体を少しでも温めるようにしていました。

死期が近づくと体温が下がるので

犬が寒くならないようしっかり温めましょう。

犬の平均的な体温は38~39度とされています。

人間の体温よりもかなり高温です。

シニア犬になる頃から体温が下がり始めます。

そして死ぬ間際には

38〜39度あった体温は

人間の体温よりも下がってしまいます。

さいごに

飼い犬は死ぬ前は吠える犬が多いです。

しかし必ずしも吠えるわけではありません。

我が家でも2匹の犬を看取りましたが、

どちらも寝ているように死にました。

犬が吠える場合は呼吸が苦しかったり、

精神的に不安になっています。

ワンちゃんに寄り添ってあげましょう。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする