一人暮らしで鍋はコスパが悪い?!節約にはどんな材料を使えばよい?

一人暮らしを始めたのなら自炊することで

生活費を節約することができます。

鍋なら野菜もたくさん食べれるし

調理も簡単だし、材料費も安く済む

印象がありませんか?

鍋を自炊する時は材料選びを

しっかりしておかないと、思っていたよりも

かなりお金を払わなければならなくなる

リスクがあります。

鍋用の調味料やつみれなど

鍋用食材を購入すると、

どんどん材料費がかさんでしまいます。

ポン酢を常備しておくと

鍋の他にも色々使えるので

材料費を安く抑えることができます。

この記事では一人鍋の材料費が高くなる

原因と安く抑えるコツ、

コスパの良いおすすめの鍋レシピについて

ご紹介します!

スポンサーリンク

一人鍋の材料費が高い原因を探ろう!

一人鍋を作ろうと材料を買いに行ったら

思っていたよりもお金がかかってしまった、、、

なぜ材料費が高くなってしまうのか

原因を探ることから始めましょう!

【調味料】

鍋専用のスープを買うとそれだけで

400円くらいになってしまいます。

ポン酢を常備しておけば

様々な料理に使い回せるのでおすすめです。

小さめでも使い切るまでに時間がかかるため

コスパ最強てす。

味噌でスープに味をつけてしまうのも

おすすめです。

【野菜】

カット野菜は量が少ないため割高です。

野菜をいくつか購入して

1週間で食べ切ると決めておくと

上手に節約することができます。

コスパが良い野菜はコチラです。

・豆苗

・もやし

・キャベツ

【肉などその他具材】

材料を買いに行く時は買うものと

それぞれの予算を決めておくことで

買いすぎたり、お金を使いすぎることを

防ぐことができます。

鍋用に販売されているつみれは

それほど量がなくても400円くらいするので

要注意です。

一人暮らしにおすすめの鍋レシピで冬を乗り切ろう!

冬は身体も温まる鍋がおすすめです!

美味しくてコスパを重視した一人暮らし向け

冬のおすすめ鍋レシピをご紹介しますね。

もやしたっぷり鍋

【材料】

もやし

豚肉の薄切りもも肉

しょうが

ポン酢

【作り方とポイント】

すりおろしたしょうがをたっぷり

使うのがポイントです。

肉のくさみも消え

しょうがの風味がアクセントになります。

①豚肉にすりおろしたしょうがを

揉み込んで冷蔵庫で保管します。

②鍋に水を加え、沸騰させます。

③豚肉をしゃぶしゃぶする要領で火を通します。

④水洗いしたもやしを加えます。

⑤豚肉にしっかり火が通ったら食べ頃です。

⑥ポン酢にすりおろしたしょうがを好みで

加えていただきます!

豆苗と豆腐のサッパリ鍋

【材料】

豆苗

豆腐

骨付き鶏肉

レモン(お好みで)

【作り方】

骨付き鶏肉を水で煮込んで出汁をとりますが

鶏肉ももちろん美味しくいただきましょう♪

鶏肉はポン酢や塩との相性が抜群です。

コスパの良い豆苗と豆腐を加え

食べる直前に輪切りにしたレモンを並べます。

レモンはなくてもOKです!

ポン酢でサッパリといただきます。

ワンポイント節約術ですが

切り落とした豆苗の根っこ部分は

再生して食べることができます。

無限に再生できるわけではなく

美味しく食べられるのは1〜2回ですが

楽しく節約することができます。

さいごに

野菜やタンパク質がとれて

身体も温まる鍋は冬に食べたくなりますよね。

調理も簡単なため一人暮らしを

始めたばかりの方にもおすすめです。

コスパが良さそうに思える鍋ですが

考えて材料を購入しないと

予算オーバーになる点には

くれぐれもご注意くださいね。

買う物と予算を決めてから買い物するのが

節約する上での重要なポイントです。

もやしや豆苗、肉を何日かに分けて

鍋を作れば上手く節約することができます。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする