カップ麺ばかり食べてても大丈夫なのか?気になる真相!

金欠だけど美味しくお腹を満たしたい!

そんな時につい手に取るのがカップ麺です。

種類も豊富で選ぶ楽しみもありますよね♪

しかし真相はよく分からないけど

カップ麺は不健康だという

イメージを持っている人も

多いのではないでしょうか?

私も子供の時にカップ麺ばかり食べたら

病気になると親から言われていました。

カップ麺ばかり毎日食べ続けたら病気になり

その結果死亡する可能性はあります。

塩分や添加物が多く

フライ麺が使われているのが大きな原因です。

カップ麺を食べるなら

多くても週1程度にするのがおすすめです。

またカップ麺を食べる時は

野菜炒めやタンパク質も食べると

さらにGOODです!

塩分を多く含むスープも残すようにしましょう。

スポンサーリンク

カップラーメンだけを毎日食べ続けたら死ぬ?!起こりうる障害とは?

カップラーメンを毎日食べ続けたら絶対に死ぬ

と断言することはできません。

しかし病気になり

その結果死んでしまう可能性はあります。

カップ麺が身体に悪い理由が

大きく3つあります。

塩分が多い

カップ麺は塩分が多いです。

種類により差はありますが

平均すると5〜6g程度の

塩分が含まれています。

厚生労働省は理想的な塩分摂取量を

次のように定めています。

男性は7.5g未満で女性は6.5g未満

いかにカップ麺にたくさんの塩分が

含まれているかが分かりますよね。

塩分を摂りすぎると

高血圧になるリスクがあります。

高血圧は腎不全や心不全など

様々な深刻な病気につながります。

添加物が多い

カップ麺の表示を見ると

たくさんの添加物が記載されています。

安全に食べられる範囲内で配合されていますが

カップ麺を食べ過ぎれば

健康被害が出るリスクは否定できません。

フライ麺

フライ麺に使われている油は

時間が経過すると酸化し

過酸化脂質が発生します。

過酸化脂質には下痢や動脈硬化を引き起こす

リスクがあります。

毎日カップラーメンを昼食にだけ食べてても危ない?!

上記でご紹介したように

カップ麺には身体に悪い

原因がいくつかあります。

またカップ麺だけ食べると

野菜やタンパク質など

身体に必要な栄養素を摂ることができません。

身体に必要な栄養素が不足すると

体調不良を引き起こします。

またカップ麺はカロリーが高いため

肥満などの問題もあります。

昼だけでもカップ麺を食べ続けると

身体には良くありません

週に1回程度にする努力をしましょう。

カップ麺を食べる時に以下のことを心がけると

安心して美味しく

食べることができますよ(^^)

スープを飲まない

スープには塩分や添加物が

たっぷり含まれています。

スープを飲まないだけでも

塩分の摂りすぎを防ぐことができます。

野菜やタンパク質も食べる

カップ麺を食べる時は

カップ麺だけになりがちです。

身体に必要な栄養素を豊富に含む

肉野菜炒めなども食べるようにしましょう。

作るのが面倒くさいという場合は

洗うだけで食べられる

ミニトマトはいかがでしょうか?

冷奴や納豆で良質的なタンパク質を

摂ることができます。

カップ麺は冷暗所に保管し早目に食べよう

フライ麺に使用されている油は

時間が経つほど酸化します。

保管している場所が悪い場合も

酸化が早くなります。

賞味期限切れする前に

早目に食べることをおすすめします。

さいごに

カップ麺ばかり毎日食べると

危険なのかについてご紹介しました。

塩分や添加物、栄養の偏りから

様々な病気につながる可能性があります。

食べ過ぎには注意し

美味しく食べるようにしましょう!

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする