助け合わない職場でどう生き残る?その原因と対処法!

助け合わない職場で仕事をするのが辛いと

お悩みのあなた!

仕事を手伝わない人の原因と

原因別に対処法についてご紹介します。

この他に上手に仕事を頼むポイントについても

お伝えします。

ポイントを押さえて伝えることで

相手も快く仕事を

手伝ってくれることでしょう。

スポンサーリンク

仕事を手伝わないのが当たり前になる原因とその対処法!

仕事を手伝わない原因は実に様々です。

原因によって対処法も異なります。

(原因①)

仕事が忙しすぎる。

自分の担当する仕事が多いと

他の人を助ける余裕を持つことができません。

(対処法)

この場合本人は自分の仕事で手が一杯の状態です。

仕事を手伝ってもらうのは避けた方が良いです。

余裕がありそうな人を選んで

手伝ってもらうように しましょう。

(原因②)

そもそも人の仕事を手伝う必要はない

と思っている。

人によって考え方は異なります。

仕事は助け合うものと思う人もいれば

他人の仕事をする必要はないと

思う人もいます。

他人の考え方を変えようとすると

ものすごいエネルギーを使ってしまいます。

お互いに良い気持ちにはならないため

仕事の手伝いは期待しない方が良いです。

(原因③)

仕事に対して受け身。

何か指示をされてからでないと

行動できない人もいます。

(対処法)

お願いするとすんなり

手伝ってくれることがあります。

(原因④)

気が効かない。

悪気があるのではなく

気づいていないだけの場合もあります。

(対処法)

仕事に対して受け身な人と同様に

素直にお願いしてみましょう。

助けを求められないあなたに伝授する上手な仕事の頼み方!

仕事があまりにも多すぎて精神的に辛すぎる。

そんな時に仕事を手伝ってくれる人がいたら

本当にありがたいですよね。

でも現実はなかなか厳しく

仕事で助けを求めにくい職場もあります。

1人で抱え込むと精神的に

追い詰められてしまいます。

言い方ひとつで

相手も快く仕事を引き受けてくれます!

まずはじめに仕事を頼む時の注意点から

ご紹介します。

相手の状況をよく見てから

頼める状態にあるかを判断しましょう。

やるべき仕事がたくさんある人に仕事を頼むと

その人を精神的に追い詰めてしまいます。

仕事を頼む時は以下のポイントを

盛り込むようにしましょう。

①謙虚な態度で頼む。

仕事を手伝うことは

当たり前という気持ちで頼むと

相手を不快な気持ちにさせてしまいます。

仕事を手伝うのは

当たり前とは考えずに

謙虚な気持ちでお願いするようにしましょう。

②なぜ仕事を頼むのか理由を話す。

理由を伝えるのと伝えないのでは

相手のあなたに対する印象は大きく変わります。

③頼む内容を明確に伝える。

仕事を頼む時はどうしても

口ごもってしまいます。

仕事を頼む時は

分かりやすく相手に伝えることが大切です。

④相手のやる気を引き出す。

(例)

○○さんの作成する資料はいつも読みやすいんで

○○さんにこの仕事のお手伝いを

お願いできないでしょうか?

以上のポイントを踏まえた上で

例文をご紹介しますね。

少しお時間よろしいでしょうか?

実はお願いしたい仕事があるのですが。

任された仕事の量が多すぎて

1人では納期に間に合わせることができません。

この部分をお手伝いしていただけないでしょうか。

さいごに

皆が助け合う職場はまさに理想的です。

しかし実際にはそうではないケースが多いです。

人の仕事を手伝わない人には

いくつかパターンがあります。

まずはどのタイプなのか見極めましょう。

今回ご紹介した仕事を頼む時の

ポイントについても

ぜひ参考にされてください!

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする