一人暮らしにかかる費用はいくら?学生で仕送りなしは厳しい?

 

大学生になったのを機に

一人暮らしをしたいと考える学生は多いです。

 

でも親から仕送りはできないからね

と言われるケースも少なくありません。

 

学生が仕送りなしで一人暮らしするのは

厳しいのでしょうか?

 

越えなければならない

生活費を稼ぐという壁があります。

 

生活費として毎月12〜16万円を

アルバイトで稼がなければなりません。

 

これだけの金額を毎月稼ぐのは大変なことです。

 

学業もあるためです。

 

しかしたくさんの学生が頑張って

一人暮らしをしています。

 

そのため無理なことではありません。

 

節約しやすい項目を

しっかり節約することも大切です。

 

家賃は選び方により

4万円程度の違いが生まれます。

 

キャリアスマホを格安スマホにすれば、

月額料金を5000円以上は

安くすることも可能です。

 

衣服などはフリマアプリを

賢く利用しましょう。

 

大幅に料金を減らすことができます。

 

食費は栄養を落とさずに

費用を安く抑えることが大切です。

 

身体を壊したら

アルバイトも出来なくなってしまいます。

 

学食で定食を食べたり、

賄い付きのバイトを選ぶことで

食費を安く抑えることができます。

 

実際学生の一人暮らしの費用はいくら?仕送りなしでもやっていけるのか?

学生の一人暮らし

 

学生の一人暮らしにかかる費用は

12〜16万円程度です。

 

アルバイトに力を入れれば

稼げない金額ではありません。

 

実際に実家からの仕送りなしで

アルバイトのみで頑張っている大学生は

たくさんいます。

 

具体的にどの項目に

どれくらい費用がかかるのか

目安をご紹介しますね。

 

▪家賃 4〜8万円

▪食費 27000円

▪光熱費 8000円

▪娯楽費 2万円

▪通信費 8000円

▪衣料品&日用品 13000円

 

家賃が4万円で計算すると116000円。

 

家賃が8万円だと156000円になります。

 

 

学生が仕送りなしで一人暮らしをやっていくための節約術!

学生の一人暮らし部屋

 

仕送りなしでも工夫すれば

学生が一人暮らしをすることは

十分に可能です。

 

節約しやすい項目をご紹介しますね。

 

全てを実践すると、

大幅に節約することができます。

 

家賃

 

選び方により1ヶ月に数万円単位で

大きな差が出ます。

 

アパートではなく寮や下宿にすれば、

さらに大幅に家賃を抑えることができます。

 

 

通信費

 

キャリアスマホと格安スマホとでは

7000円程度の差が出ることがあります。

 

私は以前ソフトバンクのキャリアスマホを

使用していました。

 

格安スマホのワイモバイルに変更したところ

1ヶ月に5000円も通信費を安くできました。

 

使い勝手も特に変わりはありません。

 

ネットもサクサクページが進みます♪

 

 

食費

 

食費を切り詰めて自炊をすれば、

大幅に食費を減らすことができます。

 

しかし栄養不足になるのはいけませんよね。

 

アルバイトができなければ

生活費を得ることが

できなくなってしまいます。

 

病院代もかかってしまいます。

 

食費を抑えて、

かつ栄養不足にならないために

おすすめの方法があります。

 

▪昼食は学食で品数の多い定食を食べる。

 

▪賄い付きのバイトを選ぶ。

 

 

衣料品

 

学生になると意外にお金がかかってしまうのが

衣料品です。

 

フリマアプリをこまめにチェックしていると、

良い商品と巡り合うことができます。

 

新品に近い服でも、

定価よりかなり安い値段で

購入することができます。

 

 

さいごに

 

学生が仕送りなしで一人暮らしするのは、

大変なことです。

 

しかし無理ではありません。

 

頑張って生活費を稼ぐことは、

あなたにとって良い糧となることは

間違いありません。

 

減らせるところはしっかり減らしながら

頑張りましょう。

 

応援しています(^^)

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました