マナー講師って害悪なのか?その存在意義とは?

マナー講師に対して

どのようなイメージを抱いていますか?

一般常識を身につけた常識人だという印象を

私は持っています。

ところが、マナー講師で検索すると

【害悪】というキーワードが

たくさん上がってきます。

マナーと害悪は相対する言葉ですよね。

なぜマナー講師は害悪と

言われてしまうのでしょうか…(^^;)

調査したところ、

一般常識からかけ離れた

独自のマナーを押し付けることが

原因であることが判明しました。

もちろん一部のマナー講師について

言えることです。

大半のマナー講師は社会的規範を守りながら

マナーを教えています。

私達がマナー講師に求めるのは、

主に次の2点ではないでしょうか。

▪社会的規範をしっかりと身につけていること。

▪シンプルで分かりやすく

かつ楽しく教えてくれること。

スポンサーリンク

マナー講師は害悪と言われても仕方がない?

そもそもマナー講師は

どのようにしたらなれるのでしょうか?

マナー講師になる道として

主に2つのケースがあります。

①マナーについて勉強し、

マナー講師を名乗り個人で活動している。

②接客業などの経験を活かし、

マナー講師として活動している。

マナー講師になるために、

特に資格は必要とされません

マナー講師としての信用を上げるために、

マナー検定を受験し、

合格している人がほとんどですが。

また個人でマナー講師をしている人は、

テキストも自分で作成しています。

このようにマナー講師は自由度が高いため、

講師によって教える内容は異なります。

受講者が、えっ?と思うような行為を

マナーとして教える講師もいます。

これこそが、

マナー講師が害悪であると

言われる原因ではないでしょうか。

具体的に例をいくつか挙げますね。

▪コロナウィルスが流行り出した時に、

マスクをつけるのは

マナー違反だと言っていた。

▪お祝いの時に緑茶を送るのは

マナー違反だと言われた。

▪クレジットカードを使う時に、

店員さんに『すみません』と

一言添えましょう。

▪おにぎりは歯型がつかないように

食べましょうとの謎の指導を受けた。

たしかに、このようなことを言われてしまうと

マナー講師に対し疑問を感じるのも仕方ない

と思います。

クレジットカードを使うことは

イケないことなのでしょうか?

おにぎりを食べる時は

口をすぼめて食べなければ

いけないのでしょうか(^^;)

様々なタイプのマナー講師がいるため

自分と相性の良いマナー講師を

選ぶことが大切です。

私たちがマナー講師に求めるものとは?

ここ数年間において、

マナー講師に対する

バッシングが止まりません…

私たちがマナー講師に求めるものを

整理しておきますね!

マナーについて印象的に教えてくれること

シンプルで分かりやすく、

かつ記憶に残るエピソードを交えながら

教えてくれる講師が理想的です。

社会的規範をしっかり身につけていること

どんなに分かりやすく

面白い話ができても、

社会的規範から逸脱している講師からは、

マナーを習いたくないです。

マナー講師は害悪だと語る人の声を見ると、

次のような意見が多く上がっています。

▪ありもしないマナー(架空のマナー)を、

さも常識であるかのように語るのは

やめて欲しい。

▪マナーの悪い行為を、

新しいマナーのように語るのはやめて欲しい。

たとえば今話題になっているのが、

マスクの着用についてです。

対談する時にマスクをつけるのは失礼。

マスクを外すことで、

相手に警戒していないことを

伝えることができます。

このようなマナーを教えられたら

ドン引きしますよね…

さいごに

いかがでしたか?

今回は、ずっと気になっていた

マナー講師が害悪と言われている件を

取り上げました。

マナー講師の大半は社会的規範を守った上で

マナーを生徒に教えています。

中にはそうではない講師もいるため、

講師選びはしっかりと行いましょう。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする