4歳の子が絵本を自分でスラスラ読むのを見てショック!それが普通?

子供がいるとついつい他の子供と我が子を

比べてしまうことがあります。

私の友達も他の4歳児が

絵本を自分でスラスラと読むのを見て

ショックを受けていました。

4歳で絵本がスラスラと読めるのは

当たり前のことではありません

なので心配することはありませんよ〜(^^)

4歳で絵本がスラスラと読める理由として

いくつか考えられることがあります。

・言葉や絵本が大好きで興味がある。

・親がよく読み聞かせをしている。

・親がひらがなの勉強をよくさせている。

これらに当てはまると

4歳児でも絵本がスラスラと

読める可能性が高いです。

親が本好きかどうかも子供に影響します。

4歳で絵本をスラスラと読める

必要はありません。

でも小学生になったときのことを考え

今の時期はたくさん

読み聞かせをしてあげましょう。

4歳向けの絵本で

自分で読むのにもおすすめな本も

ご紹介します。

スポンサーリンク




他の4歳児が絵本を自分で読むことができからといって比較する必要なし!

子育てをしていると

勉強や運動などつい周りの子と

比べてしまいます。

他の4歳の子供が絵本を

自分でスラスラ読むのを見て

不安になる親御さんも

多いのではないでしょうか。

しかし不安に感じることはありません

4歳児で絵本がスラスラと読めるのは

当たり前のことではありません

4歳の子が絵本をスラスラ読める場合、

次の事柄が理由として考えられます。

言葉や絵本にとても興味を持っている

絵本に興味を持っていなくても

特に心配しなくてOKです。

親が読書家で絵本の読み聞かせを

たくさんしている

親がひらがなの勉強をたくさんさせている

これくらいの年齢だと

ひらがなが読めない子もたくさんいます。

ですので絵本がスラスラ読めないからといって

心配はいりません。

周りの子と我が子を

比較する必要は全くありません(‘ω’)!

しかしながら小学生に

なったときのことも考えて

絵本の読み聞かせはした方がいいです。

また4歳児でも読める絵本を購入し

子供にも読ませるようにするのが

おすすめです。

4歳向けの絵本で自分で読むのにもおすすめな本は?

4歳児はひらがなが

読めるようになるものの、

まだスラスラと読むのは難しいです。

4歳の子におすすめの絵本のポイントを

まとめましたのでご覧ください(‘ω’)

1ページあたりの文字が少ない

文字が読みやすい大きさ

面白くわくわくするストーリー

イラストが可愛い

これらのポイントを踏まえて

おすすめの絵本をご紹介します。

わゴムはどのくらいのびるかしら?

作者/マイク サーラー

出版社/ほるぷ出版

わんぱくな男の子が主人公です。

輪ゴムをどこまでのばすことができるのか

試しながら冒険します。

読んでいる方もハラハラドキドキします。

文字も少なくて読みやすいです。


14ひきのあさごはん

作者/いわむら かずお

出版社/童心社

1ページあたりの文字数が

少なく読みやすいです。

14匹のねずみの大家族の物語です。

大家族が協力して

朝ごはんを用意する姿が描かれています。

ほっこりしたイラストが可愛いです。


からすのパンやさん

作者/かこ さとし

出版社/偕成社

80種類もの美味しそうなパンがズラリと

見開きいっぱいに並んでいます。

お父さんとお母さん、

4人の子供達が力を合わせて

パン屋さんを繁盛させていく物語です。

文字も少なく読みやすいです。


さいごに

いかがでしたか?

4歳児で絵本がスラスラと読めなくても

何の心配もいりません。

しかし絵本は子供に 良い影響を与えます。

4歳児の子供も読める

絵本をプレゼントしましょう!

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク



フォローする