生後4ヶ月で服装をセパレートに変えてもよい?おすすめの服装は?

生後4ヶ月の赤ちゃんに着せる服装を

セパレートに変えてもよい?

ロンパースやカバーオールだと

赤ちゃんっぽく、

パジャマのような印象が強いです。

デザインがほぼ同じで

選択肢もセパレートに比べると少ないです。

セパレートだと少し大人っぽくなり、

お出かけ着としての印象も強まります。

上下の組み合わせを変えることで

コーディネートを楽しむこともできます。

セパレートの服にするかは

月齢よりも、首がすわったかどうかを

基準に決めるのがおすすめです。

セパレートの服は首がすわっていないと、

着せたり脱がせたりするのが難しいためです。

首がすわっていない場合、

赤ちゃんも着替える時に

不快な思いをすることがあります。

スポンサーリンク

生後4ヶ月の赤ちゃんにおすすめの服装とは?

生後4ヶ月の赤ちゃんにおすすめの服装とは?

おすすめの服装は赤ちゃんによって異なります。

赤ちゃんは成長の個人差が特に感じられます。

もしもまだ赤ちゃんの

首がすわっていないのなら、

ロンパースやカバーオールがおすすめです。

着替えたりオムツを交換する時に

セパレートの服よりも楽だからです。

まだ首がしっかりすわっていない場合、

特に上着の着脱が難しくなります。

生後4ヶ月の赤ちゃんの中には、

首がしっかりすわっている子もいます。

その場合は、セパレートに挑戦するのも

おすすめです。

ただしセパレートならではの

デメリットもあるので

注意が必要です。

次の章で生後4ヶ月の赤ちゃんの服装を

セパレートに変えるメリットと

デメリットについてご紹介します。

生後4ヶ月の赤ちゃんの服装をセパレートに変えるメリット・デメリット

では次に、生後4ヶ月の赤ちゃんの服装を

セパレートに変える

メリットとデメリットについてご紹介します。

【メリット】

大人っぽくなる。

デザインが豊富。

上下の組み合わせで印象が変わる。

ロンパースやカバーオールを着ていると、

赤ちゃん感が強いです。

上下別々のセパレートの

服を着せるようになると、

少し大人っぽくなります。

ロンパースやカバーオールは

デザインがほぼ同じです。

生地の柄も似通っているように感じます。

セパレートの服は、デザインや色柄も豊富です。

購入する時に選択肢が多いのが魅力です。

また上下の組み合わせを変えることで、

印象をガラリと変えることができます。

【デメリット】

着脱に時間がかかる

お腹が冷える

生後4ヶ月の赤ちゃんは、

寝んねしている時間が長いです。

汗をかいて着替えをさせようとした時は、

ロンパースのような前開きの服の方が

サッと着替えさせることができます。

またオムツ交換する時も、

ロンパースやカバーオールのような

前開きの服の方が楽です。

お股の部分に連なっているボタンを取るだけで

オムツ交換ができます。

生後4ヶ月の赤ちゃんに

セパレートを着せるデメリットとして、

お腹が冷えることもあげられます。

寝ている時に動いて

お腹が出てしまうこともあります。

その点前開きのロンパースやカバーオールだと、

どんなに動き回っても

お腹が出る心配がありません。

お股から足にかけてのボタンをとめておくため

足腰が布で保護されます。

夏は冷房を使うため足腰が覆われていると

冷えすぎてしまうのを予防することができます。

以上のことから考えると、

次の項目に当てはまる生後4ヶ月の赤ちゃんは、

セパレートよりもロンパースや

カバーオールの方をおすすめします。

・首がまだしっかりすわっていない。

・活発でよく動き回る。

さいごに

生後4ヶ月の赤ちゃんに

セパレートを着せるかどうかは、

首がすわっているかを

基準に選ぶのがおすすめです。

セパレートの服を着せるメリットと

デメリットについてもご紹介しました。

生後4ヶ月の赤ちゃんに

セパレートを着せるべきか悩まれている方は

ぜひ参考にされてくださいね。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする