仕事でミスを隠すとクビになる?!覚悟すべき場合と対処法とは?

仕事でミスをした時に

クビになるのが怖くて隠そうと

ついつい思ってしまうかもしれません。

仕事のミスを隠したからといって

簡単にクビにはなりません。

法律により労働者は守られているためです。

しかしミスを隠したことで

次のようなことが起きたら、

クビになることを覚悟しなければなりません。

・ミスを隠したことで、

会社へ大きな損害を与えてしまった場合。

・ミスを隠すために隠蔽など犯罪をした場合。

ミスをしたら速やかに報告した方が

その後のことを考えるとプラスになります。

ミスを繰り返して、

改善の余地がない場合をのぞき

ミスをしてもクビにはなりません。

自分自身のためにも会社のためにも

仕事でミスをしたら隠さず

速やかに報告するよう心がけましょう。

スポンサーリンク




仕事でミスを隠すとクビになる場合とならない場合!

仕事でミスを隠したからといって

簡単にクビにはなりません。

労働者は法律により守られているためです。

次のようなケースに当てはまると、

解雇する正当な理由があると見なされます。

著しく能力不足で改善の見込みがない

ミスを繰り返し、

指導をしても全く改善されない場合が

該当します。

ミスを隠したことで、

会社に大きな損害を与えた場合は

懲戒解雇にされる可能性が高まります。

どのような行為が懲戒解雇に該当するのか

まとめました。

▪横領や機密漏洩、経歴詐称など

業務上の不正行為をした。

▪悪質な犯罪行為をした。

ミスを隠すために犯罪行為をしてしまうと、

間違いなく懲戒解雇の

処分を受けてしまいます。

懲戒解雇は労働者に課される

極めて重い処分に該当します。

懲戒解雇処分を受けると

様々なデメリットが生じてしまいます。

・給付制限を受けるため

失業手当をすぐにもらえなくなる。

・退職金が減額される。

場合によっては退職金が

全く支払われないこともあります。

・再就職が難しくなる。

黙って再就職をし、

その後懲戒解雇だったことがバレた場合

解雇されるリスクが生じてしまいます。

新しい会社での信用も失ってしまいます。

嘘の上塗りをしなくて済むよう、

仕事でミスをしたら

正直に話すようにしましょう

仕事でミスをしたときクビになる前にとるべき対処

仕事でミスをしても

簡単にはクビにはなりません。

ミスをしたら隠さずに正直に話し、

損害を広げないようにすることが大切です。

次のような理由から

ミスは隠さないことをおすすめします。

1つ目は損害を広げてしまう

リスクがあることです。

すぐに報告すれば、

損害が広がらないよう

会社全体で対処することができます。

損害が広がってからでは

会社に多大なる迷惑をかけることになります。

2つ目は会社内で信用を失ってしまうことです。

ミスを隠し続けるために、

嘘を重ねなければなりません。

周囲の人は何かおかしいなと感じます。

またミスを隠していたことが

バレた時の印象は最悪です。

あの人には安心して仕事が任せられないとの

レッテルを貼られてしまいます。

あなたがミスを隠したことで

次のようなことが起きたとします。

・会社に多大なる損害を与えた。

・ミスを隠すために、

情報隠蔽など犯罪行為に手を染めた。

このようなことになると、

あなたは仕事をクビになってしまいます。

クビにならないよう、

ミスはすぐに報告することが大切です。

話した方が楽になることが多いです。

さいごに

仕事でミスをすると

頭が真っ白になりますよね…

その結果ついついミスを隠してしまうことも。

今回ご紹介したように、

ミスを隠しても良いことは何もありません。

隠さずに正直に話した方が

自分自身のためにも会社のためにも

良い結果になります。

正直に話すのは勇気がいることです。

しかし社会人としての自覚を持ち、

早目に伝えるようにしましょう。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク



フォローする