学生時代に力を入れたことの例文が知りたい就活中のあなたへ!

 

就職の面接で必ずといってよいほど

尋ねられる質問。

 

あなたが学生時代に

力を入れたことは何ですか?

 

企業は次の理由から

あなたにこの質問をします。

 

入社したらこの会社で長く勤められそうか?

 

社風に合っているかを判断するために、

学生時代に力を入れたことを質問しています。

 

学生時代に力を入れたことが、

業種に合っているなら好印象になります。

 

学生時代に力を入れたことの例文も

ご紹介しますね。

 

学生時代に力を入れたことの質問で企業が知りたいこととは?

 

面接時に必ず聞かれる質問。

 

あなたは学生時代に

どんなことに力を入れていましたか

 

この質問を通して企業は、

あなたが会社に合っているかを判断します

 

会社に合っていないと、

入社しても長く続かない

可能性が高いためです。

 

受けようとする会社の業種に合う内容ならば、

面接官の心に訴えることができます。

 

例をいくつかご紹介しますね。

 

(営業職志望)

 

協調性があり、

コミュニケーションが高い

人材が好まれます。

 

その能力をアピールできる

学生時代のエピソードを話すようにしましょう。

 

 

▪学生時代サークルのマネージャーとして、

部員達をサポートしていた。

 

自分から積極的に話しかけ

サークル内を明るい雰囲気にしていた。

 

 

▪学生時代によく1人旅をしていた。

 

旅先で会った人達と今でも交流がある。

 

知らない人とでも気軽に話すことができる。

 

 

(IT・開発職志望)

 

パソコンやプログラミングなど

強い専門分野があることをアピールしましょう。

 

▪学生時代は自作のパソコン作りに

夢中になっていた。

 

▪アプリ開発に力を入れていた。

 

▪ロボコンコンクールで入賞した。

 

 

(教員)

 

子供と教えることが好きであることを

アピールしましょう。

 

▪学生時代は塾講師のバイトを頑張っていました。

 

▪子供達のためにボランティア活動をしている。

 

 

学生時代に力を入れたことの例文!

 

実際に学生時代に力を入れたことの例文を

いくつかご紹介しますね。

 

参考にしながら、

学生時代に力を入れたことに

関する文章を作成しましょう。

 

■私は学生時代にバスケットボール部の

マネージャーをしていました。

 

部員が皆気持ちよく練習できるよう、

物質的なサポートはもちろんのこと、

精神的なサポートにも徹してきました。

 

学生時代にマネージャーに力を入れたことで、

協調性や高いコミュニケーション能力を

身につけることができました。

 

 

■私は学生時代、

学習塾でのアルバイトに力を入れてきました。

 

小学生や中学生に勉強を教えることを通し、

将来は学習塾の講師になりたいとの目標が

しっかりと定まりました。

 

 

■学生時代はロボコンサークルに入り、

ロボットの開発に力を注いできました。

 

何か新しいことを考えることが

楽しくて仕方ありません。

 

 

■学生時代はプラモデルの制作に

力を入れていました。

 

細かい作業が好きで

何時間も集中して作業に

取り組むことができます。

 

自分なりにアレンジも楽しんでいました。

 

プラモデル制作に打ち込むことで

根気よく最後までしあげる忍耐力も

身につけることができました。

 

 

■学生時代は夏休みなど長期休みに

1人旅をすることに力を入れていました。

 

大学の卒業旅行は1人で海外にも行きました。

 

1人旅をして、現地の人達と

積極的にコミュニケーションを

取るようにしました。

 

1人旅に力を入れることで

高いコミュニケーション能力とたくさましさを

身につけることができました。

 

 

さいごに

 

学生時代に力を入れたことを聞くことで、

企業はあなたが会社の社風に合う

人材であるかを判断します。

 

就職を希望する業種に合う

エピソードを語るのがポイントです。

 

しっかりと文章にまとめて、

面接にのぞみましょう。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました