妊娠初期のつわりのときにおすすめの食事レシピ!楽になる食べ方は?

 

妊娠初期の頃は

口の中でなんとなく

変な味がするようになります。

 

つわりは5、6週から始まり

16週頃に落ち着きます。

 

胎盤が完成する時期と言われています。

 

つわりの原因は明らかにはなっていません。

 

妊娠初期にホルモンバランスが

急激に変化することが

つわりの原因ではないかと

考えられています。

 

つわりの時は食べ物が

食べられなくて困るママが続出します。

 

妊娠初期のつわりの時は

水分が多くさっぱりした食べ物がおすすめです。

 

酸っぱい食べ物も

胃のむかつきを抑えてくれます。

 

クエン酸が含まれているためです。

 

妊娠初期のつわりの時に

おすすめの食事レシピ5選も

ご紹介しますよ〜(‘ω’)

 

つわりは大変ですが

赤ちゃんがすくすく育っている証拠です。

 

前向きに乗り越えましょう。

 

 

 

妊娠初期のつわりのときにおすすめの食事レシピ5選!

 

 

冷や汁材料 (1人前)

 

木綿豆腐1/4丁

きゅうり1/4本

塩 小さじ1/2

ミョウガ1個

大葉1枚

 

【A】

水200ml

顆粒和風だし小さじ1

白練りごま大さじ1

味噌大さじ1

 

(作り方)

①【A】の材料を混ぜ沸騰させます。

 

あら熱が取れたら

冷蔵庫で冷やしておきます。

 

②きゅうりをスライスして

塩もみしておきます。

 

③食べる時に器にちぎった豆腐ときゅうり、

ミョウガや大葉の千切りを入れます。

 

④冷やしておいた汁を注いだら完成です。

 

ワンポイントアドバイス

 

すりゴマをかけて食べても美味しいです。

 

 

 

そうめん

 

喉ごしがよく、消化もよいそうめんは

つわり中でも食べやすいです。

 

トマトやキュウリをトッピングするのも

良いでしょう。

 

 

 

梅干したまご粥

 

酸味のある梅干しがむかつきを緩和します。

 

水分の多い粥は

つわり中でも食べやすいのでおすすめです。

 

そうめんのように粥も具材を変えて、

バリエーションを楽しむことができます。

 

 

 

ツナおろしパスタ

 

茹でたパスタの上に

大根おろしとツナを盛り付けます。

 

ポン酢やレモン汁を使ったドレッシングなどを

かけていただきます。

 

栄養を考えると

納豆もトッピングするのがおすすめです。

 

 

 

アボカドとトマトのサラダ

 

アボカドは栄養の宝庫です。

 

クリーミィーなため喉ごしも良いです。

 

アボカドとトマトを

スライスか角切りにカットし、

ドレッシングをかけて食べましょう。

 

 

 

妊娠初期のつわりが楽になる食事の食べ方のポイント!

 

 

食べ方のポイントを押さえて

妊娠初期のつわりを楽にさせましょう(‘ω’)

 

この時期は口の中が変な味がします。

 

こんな食べ物が食べやすいです!

 

水分が多い食べ物

 

水分が少ないより

水分が多い方が食べやすいです。

 

野菜スープやフルーツジュースなど。

 

食材としては

トマトやスイカ、苺などがおすすめです。

 

 

 

喉ごしの良い食べ物

 

硬い食べ物はよく噛まないといけません。

 

また飲み込む時に

気持ちが悪くなりやすいです。

 

つわりの時は豆腐や麺など

喉ごしが良い食べ物がおすすめです。

 

 

 

酸っぱい食べ物

 

酸っぱい食べ物には

クエン酸が含まれています。

 

このクエン酸に胃の不快感を抑える

働きがあります。

 

レモンやグレープフルーツ、

トマト、梅干し、酢などがおすすめです。

 

 

 

冷たい食べ物

 

ご飯が炊ける時の匂いや味噌汁の匂いが

受け付けなくなる人もいます。

 

匂いがダメな時は

冷やして食べるようにしましょう。

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

今回ご紹介した内容を

簡単にまとめておきますね。

 

(妊娠初期のつわり中の食べ方ポイント)

 

・水分の多いもの

・喉ごしの良いもの

・酸っぱいもの

・冷たいもの

 

そうめんや粥はアレンジが効くので

おすすめです。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました