授業料免除の理由はどう書けばよい?申請書の書き方で差がつく!?

 

今回テーマに取り上げるのは

高専に出す授業料免除の

理由書の書き方のコツです。

 

授業料免除申請を出す学生は

家計基準をクリアした学生だけです。

 

ですので皆家計が苦しいことは同じです。

 

その中で授業料免除申請を

受理してもらうためには

家計が苦しいかを

いかにアピールできるかにかかっています(‘ω’)

 

いかに家計が苦しいのかを具体的に示すことで

差をつけましょう。

 

兄弟の進学や親の失業など

 

理由の書き方の具体例もご紹介しますね。

 

もしもアルバイトを認めている高専ならば、

アルバイトができない理由なども

添えるのがポイントです。

 

書き方以外にもアドバイスがあります。

 

授業料免除申請には

様々な書類を添付することが求められます。

 

書類に不備があると

申請を受けつけてもらえません。

 

早めに用意しましょう。

 

授業料免除の理由書の書き方のコツとは?

 

高専で授業料免除申請を出すためには

家計基準と学力基準を満たして

おかなければなりません。

 

つまり授業料免除申請を出す学生は

全員家計が苦しいということになります。

 

授業料免除申請が受理されるためには

家計が非常に苦しいことを示すのがコツです。

 

どのような理由が効果的なのか

書き方の具体例をご紹介しますね(‘ω’)

 

◉兄が私立の大学に進学し、上京するため

学費を出すのが厳しくなりました。

 

◉親が離婚し、母子家庭になったため

家計が苦しくなりました。

 

◉両親と死別し

祖父母に学費や生活費を

養ってもらっています。

 

祖父母にこれ以上負担をかけたくありません。

 

祖父母は年金収入だけなので

毎月非常に切り詰めた生活をしています。

 

◉今まで共働きでしたが

祖父(祖母)の介護のため

母が仕事を辞めました。

 

収入が大幅に減り、

介護にかかる費用も一部負担するため

学費を捻出できなくなりました。

 

◉親が失業し、再就職できません。

 

住宅や車のローンも残っているため

家計がひっ迫しています。

 

このままでは学費が払えずに

退学せざるを得ません。

 

◉父親が県外に単身赴任することになりました。

 

生活費が二重にかかるため

今までのように学費を払うのが

困難な状況にあります。

 

◉寮で生活していますが

実家からの仕送りが減ってしまいました。

 

家業の経営が悪化しているためです。

 

 

 

高専によってはアルバイトを許可している

ところもあります。

 

その場合はアルバイトができない理由なども

具体的に示しておきましょう。

 

◉学業に専念したいため

アルバイトはできません。

 

◉親や祖父母の介護があるため

アルバイトはできません。

 

◉通学に片道2時間かかるため

アルバイトをする時間がありません。

 

 

授業料免除を申請するときのその他アドバイス!

 

高専に授業料の免除申請をする時は

余裕をもって早目に

取りかかるようにしましょう

 

その理由は必要書類を用意するのに

意外と時間がかかるためです。

 

必要書類は学校により異なりますので

よく確認しておきましょう。

 

一般的には保護者の所得や家賃、光熱費などを

証明するものなどが求められます。

 

両親ではなく祖父母に

養ってもらっている場合は、

年金収入を証明する書類なども求められます。

 

授業料免除申請の

理由書が問題なく書けていても、

書類に不備があれば

申請を受けつけてもらえません

 

申請期限ぎりぎりに提出し、

もしも書類に不備があれば終了です…(-.-)

 

余裕を持ち準備にあたれば

書類の不備は減ります。

 

万一何か足りないと言われた場合でも

間に合わせることができますよ。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

高専の授業料免除申請の書き方のコツや、

その他にアドバイスを行いました(^^)

 

授業料免除申請は想像以上に

必要書類を集めるのに時間がかかります。

 

提出締め切りの2週間前くらいまでに

準備を済ませておくと安心ですよ。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました