有給の理由を聞かれるのだが言う必要ある?私用だけでは不十分?

 

有給休暇を取得することは、

労働者に与えられる当然の権利です。

 

有給休暇は取得して当たり前なのですが、

日本は取りにくいなと感じます(‘ω’)

 

有給取得を申請した時に、

理由を根掘り葉掘り聞かれたら

委縮してしまいますよね。

 

しつこく聞かれるのが嫌という気持ちから

自ら有給休暇申請を取り下げてしまう人も…

 

有給休暇を自由に使えないのは

納得いきませんよね。

 

実は有給取得の理由を聞くことそのものは

違法ではありません。

 

しかし有給取得を申請した

労働者の気持ちを委縮させると

違法行為にあたります。

 

理由を言わなかった場合に

有給を認めなかった場合も違法です。

 

ですので会社にしつこく

有給取得の理由を聞かれても

基本的には私用でと答えればよいです。

 

しかし会社にも理由を聞くことが認められる

場合があります。

 

時季変更権がからんでくる場合です。

 

時季変更権とは人手不足などで、

休まれたら会社全体の業務に支障が出る場合に

有給取得の希望日を変えてもらう権利です。

 

この場合は申請者も答える必要があります。

 

理由は時季変更権を行使すべきか否かを

判断するための材料になるためです。

 

時季変更権が明らかに関係しないと

判断できた場合は、

私用と答えれば充分です。

 

しかし一緒に働いている

メンバーのことを考えると、

直属の上司にお伺いを立ててから取得すると

思いやりがあります(^^)

 

チームをまとめる上司が、

職員の休みを早目に把握することで

チームをまとめやすくなるためです。

 

会社側が有給休暇取得の目的を尋ねる理由とは?

 

有給休暇の申請をする度に

上司から理由を詳細に聞かれてウザい

との話を度々聞きます。

 

有給休暇を取ることが悪のような

ムードになっている会社も少なくないです。

 

毎回有給取得を申請する度に

執拗に理由を聞かれるならば、

我慢して答えなくてよいです。

 

プライバシー権侵害や有休権侵害行為にあたる

可能性が高いためです。

 

有給取得理由を言わなかったために

有給が取得できなかった場合も違法行為です。

 

あまりにもしつこい場合は、

第三者に相談することをおすすめします。

 

しかし会社側にも有給取得の理由を

聞いてもよいケースがあります。

 

時季変更権の権利を

会社が使おうとしている場合です。

 

時季変更権とはその日に

有給を取得することで、

業務に支障が出ると予測した時に使われます。

 

その場合に申請者と話し合い、

有給取得の日を変更してもらうことが

できる権利です。

 

有給取得理由は時季変更権を使うか否かを

判断する材料になります。

 

ですので理由を答えるようにしましょう。

 

この時に1点注意してほしい点があります。

 

理由を答える時は

正直に言うことをおすすめします。

 

就業規則で虚偽申告を禁じている

会社があります。

 

虚偽申告が禁じられている場合は、

嘘をつくと懲戒処分対象になる

可能性があるためです(^^;)

 

嘘をついて懲戒を受けるなんて大損です。

 

 

有給取得の理由は”私用”で充分だが、直属の上司への思いやりも必要!

 

ここまでの内容をまとめると、

時季変更権に関係しない場合は

有給取得理由を答えなくてもよい

ということになります。

 

自分が休んでも

業務に差し支えがないことが明らかな場合は

私用と答えれば充分です。

 

有給休暇の取得は

労働者に与えられた当然の権利です。

 

理由は関係なく、

好きな時に有給休暇を

申請することができます。

 

ただ直属の上司のことを考えると、

事前にその日に有給を取得してよいか

たずねることをおすすめします。

 

事前に相談してからだと

上司も予定を立てやすいためです。

 

有給休暇取得の申請は

会社により異なりますので

確認されてくださいね。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

自分が仕事を休んでも

業務に差し支えがないことが明らかな場合は、

有給取得理由は私用と答えれば充分です。

 

有給休暇は労働者が

自由に使うことができる権利です。

 

しかしチームのことを考えると、

早目に有給休暇を取りたい旨を

直属の上司に相談することをおすすめします。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました