紛失防止タグのおすすめは?使い方や選ぶときのポイントとは?!

 

財布や鍵など貴重品を紛失してしまうと

精神的にとても焦ります。

 

自分が行った場所を1つ1つたどるため、

膨大な時間を費やすことにもなります。

 

失くしたくないものに

紛失防止タグをつけておくと、

どこにあるのか分かるため

効率良く探すことができます(‘ω’)

 

財布や鍵だけでなく、

大切なペットの首輪につけるタイプの

紛失防止タグもあります。

 

ペットがいなくなると、

かなり見つけるのが困難になります。

 

紛失防止タグをつけておくと、

何らかの手がかりを得ることができます。

 

紛失防止タグの機能や特徴、

おすすめの使い方に加えて

おすすめランキングもご紹介します!

 

紛失防止タグのおすすめランキング!

 

紛失防止タグのおすすめランキングを

独自に作成しましたのでご覧ください(´ω`)

 

■おすすめ第1位

 

MAMORIO マモリオ

 


 

紛失防止タグの代表とも言えるのが

MAMORIOです。

 

これまでに様々な種類が発売されてきましたが、

こちらは最新モデルで、

世界最小クラスのサイズです。

 

3段階で紛失した物を

見つけ出すことができます。

 

①MAMORIOをつけた物から離れると

スマホから通知が来ます。

 

飲食店などでうっかり財布を置き忘れた時などに

役立ちます。

 

②それでも紛失してしまったら

アプリで探します。

 

③MAMORIO独自の

みんなで探す機能もついています。

 

MAMORIOのアプリをダウンロードしている人達が

協力して紛失物を探す機能です。

 

アプリをダウンロードしている人が

MAMORIOとすれ違うと、

その場所の情報が持ち主に通知されます。

 

 

■おすすめ第2位

 

chipolo classic 2nd

 


 

チポロはスロベニアで開発された

紛失防止タグです。

 

丸くてシンプルながら、

洗練されたデザインです。

 

デザインやカラーがポップでとても可愛いです。

 

カラー展開も豊富です。

 

スマホとチポロをペアリングすることで、

紛失物を探してくれます。

 

お財布や鍵だけでなく、

ペットの首輪や子供の衣類やバッグなどに

つけることもできます。

 

特に猫ちゃんは家を出てから

戻ってこないことも割とあるため、

紛失防止タグをつけておきたいものです。

 

迷子対策としてつけておくことを

おすすめします。

 

電池交換タイプで約9ヶ月持続します。

 

 

■おすすめ第3位

 

Tile Mate EC-06001-JC

 


 

探し物が見つからない時に

スマホのアプリから

音を鳴らすことができます。

 

音が鳴る範囲は紛失物が

約30m以内の距離にある時です。

 

音が鳴らない時は、

地図上で見当をつけることができます。

 

 

紛失防止タグの機能・特徴やおすすめの使い方!

 

紛失防止タグで検索すると、

いくつも製品が出てきます。

 

素材や形は様々ですが、

構造は基本的にほぼ同じです。

 

紛失防止タグはスマホとBLEで接続されます。

 

 

例えば財布を落としたとしますね。

 

するとスマホと紛失防止タグをつけた財布との

BLEの接続が切れます。

 

その位置を地図上でチェックすることができます。

 

その場所を手がかりに紛失物の位置を探します。

 

素材はアルミや牛革など様々です。

 

財布の内ポケットにつけられるシールタイプや

ペットの首輪につけられるタイプなど

目的に合う紛失防止タグを選んで

購入しましょう

 

ペットを飼っている方には

ぜひ首輪に紛失防止タグをつけて欲しいなと

考えています。

 

紛失防止タグをつけた方が

手がかりを見つけることができるためです。

 

 

さいごに

 

紛失防止タグをつけている・

つけていないで、

物を紛失した時に大きな違いがあります。

 

高機能ですがお値段もお手頃です。

 

迷子になるすいペットや

小さなお子さんにもつけておくと、

安心です。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました