ザクロの苗木はホームセンターで売ってる?販売時期や育て方は?

ザクロの苗木はホームセンターで売ってる?販売時期や育て方は?

 

ザクロの苗木はホームセンターでも買うことができますが種類が豊富な通販サイトがおすすめです。

 

ザクロの苗木は冬〜春にかけ販売されます。

 

家庭栽培に向いた種類を選んで栽培すれば初心者でも無理なく育てることができます。

 

今回は、家庭栽培向けのザクロの苗木のおすすめ種類や苗木の販売時期、苗木の育て方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ザクロの苗木のおすすめ種類(家庭栽培向け)!

 

ザクロの苗木は品種が大変豊富です。

 

家庭栽培におすすめの品種をご紹介しますね。

 

大実ザクロ

 

実が大きく病害虫に強いため初心者にもおすすめです。

 

 

水晶ザクロ

 

大実ザクロと同様に病害虫に強く、高温多湿にも強いです。

 

ほとんど世話をしなくても実ができます。

 

 

大紅ザクロ

 

代表的な種類の1つで育てやすく家庭栽培向けです。

 

ザクロの苗木の販売時期や販売場所

 

ザクロの苗木を植え付けるのに適した時期は12月〜3月頃です。

 

ザクロの苗木が豊富に出回る販売時期もこの頃です。

 

ザクロの苗木はホームセンターで購入することができますが、取り扱いがない店舗もあります。

 

ホームセンターの他は園芸店やJA直売所などで買えることがあります。

 

ザクロの苗木を買うなら私としては通販サイトがおすすめです。

 

通販サイトをおすすめする理由は取り扱っている苗木の種類が豊富であることです。

 

たとえばホームセンターで苗木が販売されていたとしても希望している種類ではない可能性があります。

 

欲しい種類が決まっている場合は通販サイトを利用すると確実です。

 

ザクロの苗木の育て方

 

ザクロの苗木は地植えまたは鉢植えで育てることができます。

 

ザクロの苗木を育てる上で知っておくべきポイントを項目ごとにご紹介します。

 

栽培環境

 

日当たりと風通しが良い場所が栽培環境として適しています。

 

ザクロの苗木は日光が不足すると花や実のつきが悪くなります。

 

地植えで育てる場合も鉢植えで育てる場合も日当たりが良い場所で育てることが大切です。

 

風通しが良い場所を選ぶ理由は病気や害虫を予防するためです。

 

 

水やり

 

地植えで育てる時は基本的に水やりをする必要はありません。

 

ただし苗木を植え付けてから根づくまでと雨が何日も降らない時は水やりをしましょう。

 

鉢植えにして育てる時は土の表面が乾いたタイミングで水をたっぷり与えます。

 

 

肥料

 

ザクロの苗木を育てるのに適した肥料はリン酸やカリを豊富に含む肥料です。

 

チッ素を多く含む肥料を施すと花のつきが悪くなり枝や葉ばかりが生い茂ります。

 

地植えで育てる時の肥料を施すタイミングは3月と10月です。

 

鉢植えで育てる時のタイミングは3月と7月、10月です。

 

 

病気・害虫

 

ザクロの苗木は日当たりと風通しが良い場所で栽培すれば病気や害虫の心配はほとんどありません。

 

しかし栽培環境が悪いと次のような病気や害虫の被害を受けることがあります。

 

・うどん粉病

・カイガラムシ

・アブラムシ

・ゴマダラメイガ など

 

これらの病気を発症したり害虫がついてしまった場合の対処法をご紹介しますね。

 

【うどん粉病】

 

うどん粉病を発症してしまうとその部分を回復させることはできません。

 

発症している部分の葉を切り落として燃えるゴミとして処分するようにしましょう。

 

 

【カイガラムシ】

 

カイガラムシに効く殺虫剤で効果的に駆除することができます。

 

殺虫剤を用いずにいらなくなった歯ブラシを使いこそぎ落とす方法もあります。

 

 

【アブラムシ】

 

水で洗い流したり牛乳スプレーを吹きかけることで駆除することができます。

 

 

【ゴマダラメイガ】

 

ゴマダラメイガの駆除は殺虫剤が効果的です。

 

ホームセンターバロー 楽天市場店
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す

さいごに

 

今回ご紹介したようにザクロの苗木を買うなら種類が豊富で確実に買える通販サイトがおすすめです。

 

ザクロの苗木は1本だけで実がつきます。

 

植え付けてから実が収穫できるようになるまで5〜6年はかかりますので気長に栽培を楽しみましょう(⁠^⁠.^⁠)♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

フォローする