牛乳パックの4つの簡単な開き方!これでリサイクルがスムーズに!

牛乳パックの4つの簡単な開き方!これでリサイクルがスムーズに!

 

牛乳愛好者の皆さん!

 

牛乳を飲んだ後、紙パックがどんどん溜まっていくことってありますよね。

 

私も同じです。

 

 

洗って乾かした牛乳パックが山積みになっている光景…(反省)

 

これをリサイクルするには切ったり開いたりする手間がかかり、本当にめんどくさいですよね〜!

 

しかも、開きにくい!

 

 

そこで今回は牛乳パックを簡単に開ける方法を4つご紹介します。

 

牛乳パックが開きにくいと感じている方は、ぜひ試してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

牛乳パックを開封する前の下準備

 

牛乳パックを開ける前に、注意が必要なステップがあります。

 

それは、中身を軽く水で洗うことです。

 

 

中を洗わないと、中の牛乳が腐って悪臭の原因になる可能性があります。

 

また、カビが発生するとリサイクルが難しくなります。

 

 

牛乳以外にも、オレンジジュースなどの紙パックも同じように開封してリサイクルに出せます。

 

判断が難しい場合は、リサイクルマークの有無を確認してください。

 

 

それでは、具体的な方法を見ていきましょう!

 

手での牛乳パックの開封

 

最初の手段は、なんと「手」を使って開封する方法です。

 

 

ええ〜手で?!

と思うでしょう!

 

 

通常、ハサミなどを使って開けるものと考えがちですが、実は手でも開封することができるのです。

 

手順

①牛乳パックの上部を開く

②内部を水で洗う

③外部も水で洗う

④ノリでくっつけてある箇所を手で開封していく

 

手順②で牛乳パックの外部も洗うのは、全体を水で濡らすと開封が格段に楽になるからです。

 

パックは商品によって、薄いものから厚めのものまでさまざまです。

 

薄いタイプであれば、女性でも手で簡単に開封できますよ。

 

開封した箇所が少し乱れても問題ありません。

 

しっかりと開封できていることが重要です。

 

 

厚めのものは上手く開かないことがあり、手が痛くなることがあります。(特に女性)

 

そういった場合は手での開封を諦めて、以下で紹介する別の方法を試してみてください。

 

紙パックの厚さで選別するのもポイントですね。

 

普通のハサミを使って簡単に牛乳パックを開封する方法

 

牛乳パックを開ける際、多くの人が普通のハサミを使っているでしょう。

 

しかし、ハサミを使うと非常に切り開きにくいことがありますね。

 

そんな時は、牛乳パックの角に沿ってではなく、真ん中を切る方法がおすすめです。

 

一つの面の真ん中を切ると、角を切るよりもずっと楽に切ることができます。

 

 

下まで切ったら、底の部分も切って広げていきます。

 

底を切る際も、角を切る方法よりも真ん中を切る方法のほうが、ずっと楽に切れるんですよ〜。

 

 

牛乳パックをリサイクルする際のイラストには、下のように展開した絵が描かれていますが、これは同じでなくても問題ありません。

 

 

重要なのは、開いていること中が洗われていること、そして乾燥していることの3つです。

 

牛乳パックを特別なハサミで開封する

 

一般的には、ほとんどの人が牛乳パックを開封する際にハサミを使っていることでしょう。

 

しかし、通常のハサミで切ろうとすると手が入りにくく、非常に切りづらいことがありますよね。

 

あなたも絶対にそういった経験があるはず!

 

 

そんな時に役立つのが、リサイクル用の専用ハサミです。

 

特殊な角度がついているため、手がじゃまにならず、スイスイと切ることができます。

 

\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す

牛乳パックを包丁(ナイフ)で開封する

 

牛乳パックを簡単に切れる包丁で開封する方法もあります。

 

手順はシンプルで、たった2か所を切るだけです。

 

下の動画を見てみてください。

 

 

素早くてキレイに開封できて、驚くこと間違いなしですね!

 

牛乳パックがたくさんある場合は、包丁が最も迅速な方法かもしれません。

 

普段使っている料理用の包丁に抵抗がある場合は、100均などで手頃な価格の包丁を入手すると良いでしょう。

 

切れない包丁ではスムーズにいかないので、刃が滑り怪我の原因になる可能性があります。

 

必ず切れ味の良い包丁を使用してくださいね。

 

 

以上の手順で牛乳パックを開封した後は、十分に乾燥させた上でリサイクルに出してくださいね!

 

牛乳パックの4つの簡単な開き方!これでリサイクルがスムーズに!まとめ

 

手間と大変さを感じていた牛乳パックの開封作業が、今回紹介した方法なら楽になるはず!

 

まとめれば、

 

手で開封

普通のハサミを使って真ん中から切る

リサイクル専用ハサミで開封

包丁で開封

 

ですね。

 

どれも手軽に始められます。

 

 

私は紙パックが薄い場合は手で開けて、厚い場合はリサイクルハサミを利用しています。

 

通常のハサミで切っていた頃に比べ、ずっとストレスが減りました。

 

あなたも自分に合った方法を選んで、煩わしい作業を簡単・楽々にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

フォローする