教授への挨拶メールの書き方!初めて送る場合の注意点!

新しく所属するゼミが決まったら

早い段階で教授に挨拶メールを

送るようにしたいものです。

今回は教授に初めて挨拶メールを

送ることを想定し、書き方など

知っておくべきマナーをご紹介します。

件名は「○○ゼミ参加へのご挨拶」など

ひと目見て分かる件名にするのがマナーです。

礼儀正しい言葉を使って

文章は長くなりすぎないよう

簡潔にまとめるようにします。

研究室を訪問するための

アポを取りたい時のメールの

書き方や例文についてもご紹介します。

スポンサーリンク

教授にメールで挨拶をするときのポイントと例文!

ゼミが決定したらなるべく早い段階で

教授に挨拶メールを送るようにしましょう。

挨拶メールを送らない学生の方が多いため

挨拶メールを送って差をつけましょう(^.^)

教授に初めて挨拶メールを書く時の

ポイントをまとめましたのでご覧ください。

【件名の書き方】

教授のパソコンには1日に

何通ものメールが届きます。

メールを開けなくても内容が

分かる件名にするのがマナーです。

社会人として働くようになっても

共通するマナーですので

覚えておくようにしましょう。

ゼミが決まったことへの挨拶メールの場合は

たとえばこのようになります。

○○ゼミ参加へのご挨拶 ○年○○○○

件名には学年と名前も書くようにしましょう。

【文章の書き方】

念願のゼミへの加入が決まったら

感情が高ぶってしまい

文章がついつい長くなりがちです。

教授にメールを送る時は

簡潔な文章になるよう心がけましょう。

文章を書く時は目上の人であることを忘れずに

礼儀正しい文章を書くように心がけます。

挨拶メールはあなたの第一印象になるためです。

上記でご紹介した書き方のポイントを踏まえ、

挨拶メールの例文をご紹介しますね。

【例文】

○○大学○○研究科

教授○○先生

突然のご連絡、失礼いたします。

○○先生のゼミに参加させて頂くことが

決まった○○学部の○○○○と申します。

この度は、○○先生のゼミでの

研究のご機会をいただき、

誠にありがとうございます。

より一層勉学に励んで参りますので

ご指導ご鞭撻のほど、

宜しくお願い申し上げます。

メールにて恐縮ではございますが、

取り急ぎ、ゼミ選考のお礼とご挨拶と

させていただきます。

○○学部○年○○○○

初めて目上の人にメールを送る時は

「突然のご連絡、失礼いたします。」から

書き始めるようにします。

教授へのメールでお願いすることがある場合の書き方

挨拶だけでなく研究室を訪れるアポを

取りたいなどお願いがある時の

メールの書き方についてご紹介します。

この場合は件名を次のように

書くと良いでしょう。

「ご訪問日程のお伺い○年○○○○」

文章はたとえば次のようになります。

○○大学○○研究科

教授○○先生

突然のご連絡、失礼いたします。

私は○○学部の○年生の○○○○と申します。

この度、○○先生のゼミへの

参加が決まりました。

○○先生にご挨拶のお時間を頂きたく、

ご連絡致しました。

直接お会いしてお話を伺う時間を

頂戴できましたら大変嬉しく思います。

ご多忙のところ大変恐縮ではございますが、

ご検討のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

○○学部○年○○○○

こちらから日時を指定するのではなく

教授からの返信を待ち

その後日程を煮詰めるのがマナーです。

さいごに

ゼミが決まっても教授に

挨拶メールを送る学生は

それほど多くはいません。

マナーを守り礼儀正しい挨拶の

メールを送ることで

教授に良い印象を与えることができます。

今回ご紹介した挨拶メールの

書き方のポイントや例文などを

ぜひ参考にされてくださいね。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする