ナビダイヤルは廃止できないの?発信者側のメリットを全く感じない!

 

ユーザーサポートや

相談窓口に電話をかけようとして

ナビダイヤルだった時の

ガッカリ感が半端ないです。

 

0120ではなく0570から始まってる…

 

なぜフリーダイヤルではないんだ〜٩(`^´)۶

 

ガイダンスが流れている時や

係員につないでいる間も

料金が発生しています…

 

かけ放題プランや無料通話分の適用も

ありません。

 

発信者側に何のメリットも

感じないんですよね。

 

実はナビダイヤルを設置する企業側には

こんなメリットがあります。

 

ナビダイヤルの電話料金の負担は

発信者側にあること。

 

ナビダイヤルは電話料金が

高くなる傾向があります。

 

クレーム電話やむやみに長い電話を防ぐ効果も

あることでしょう。

 

フリーダイヤルの電話料金の

負担は契約者側にあります。

 

フリーダイヤルだと発信者側も安心して

ついつい話も長くなりがちです。

 

全国各地に窓口がある場合、

電話番号を地域ごとに

変えなければなりません。

 

ナビダイヤルは受けた電話を

自動で最寄りの窓口につなぐサービスです。

 

これは発信者側のメリットである

とも言えます。

 

最寄りの窓口を探さなくても

全国共通のナビダイヤルに電話すれば

自動でつないでくれます。

 

でもこんなメリットはいらないから

電話料金を安くしてくれ

本気で思います。

 

ナビダイヤルを少しでも

安く利用する方法についても

ご紹介します(‘ω’)

 

ナビダイヤルを設置する企業側のメリットとは?

 

はっきり言ってナビダイヤルは

発信者側にとっては

何のメリットもありません

 

電話料金がものすごくかかるだけです。

 

フリーダイヤルを設置している企業を見ると

ものすごく良心的だなぁと感じます。

 

ナビダイヤルを設置する企業は

どんなメリットがあるのでしょうか?

 

■メリット①

 

1つ目の大きなメリットは

通話料が発信者側の負担になることです。

 

フリーダイヤルは契約者側の負担になります。

 

フリーダイヤルにはクレームも多い

との話もよく聞きます。

 

ナビダイヤルなら通話料金が高いため、

長々と電話してくる人も少ないことでしょう。

 

クレームや無駄話を減らすというメリットも

あるのではないでしょうか。

 

 

■メリット②

 

電話番号を1つにまとめることができる。

 

ナビダイヤルは全国に窓口がある企業に

好まれて使用されています。

 

ナビダイヤルに電話がかかってくると

自動で最寄りの窓口に振り分けられます。

 

窓口ごとに電話番号を決める手間が省けます。

 

 

ナビダイヤルを少しでも安く利用するには?公衆電話からかければ少しは安くなる?

 

携帯電話からナビダイヤルに

何も考えずに電話していると、

電話料金が大変なことになってしまいます(^^;)

 

少しでも電話料金を安く済ませる方法を

ご紹介します。

 

■他の電話番号を探す。

 

ナビダイヤル以外に

一般固定電話の番号がないか探しましょう。

 

探す手間はありますが、

固定電話にかければ

ナビダイヤルにかけるよりも

電話料金は安くなります。

 

かけ放題プランや無料通話分があっても

ナビダイヤルでは適用されません

 

一般の固定電話なら適用されます。

 

 

■固定電話または公衆電話からかける。

 

携帯電話からよりも

固定電話か公衆電話からかけた方が

電話料金は安くなります。

 

もしもナビダイヤルしか

見つけることができなかったら

携帯電話からかけるのは避けましょう。

 

料金に差はありますが

一般的に固定電話または公衆電話からだと

携帯電話料金の約1/10の料金で

かけることができます。

 

 

■オペレーターに折り返しかけてもらう。

 

これは私の母が実際にやっていた方法です。

 

折り返しかけてもらうことに

成功していました。

 

しかし会社によっては

受け付けてもらえない可能性があります。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

ナビダイヤルは発信者側にとっては

本当にメリットがありません。

 

しかし企業側にはメリットがあるため、

今後も廃止されることはないと

予想しています。

 

ナビダイヤルにかけなければならない時は

少しでも電話料金を安くするために

今回ご紹介した方法をお試しください。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました