ジェノバラインを使ってバイク【125cc以下】で淡路島に行こう!

ジェノバラインを利用すれば

125cc以下のバイクや自転車と一緒に

淡路島に行けます!

マイバイクで淡路島のツーリングを

楽しむのはいかがでしょうか。

道の駅や公園など淡路島の観光スポットで

リフレッシュしましょう!

淡路島の名物うずしおが見れるスポットも

ご紹介します。

この記事ではジェノバラインに

乗船できるバイクの種類や金額など

基本情報と淡路島のおすすめの

観光スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

ジェノバラインを使えばバイク【125cc以下】で淡路島に行ける!

ジェノバライン

車なら明石海峡大橋または大鳴門橋を通って

淡路島に行くことができます。

125cc以下のバイクは残念ながら

利用することができません。

そこで活躍するのが

淡路ジェノバラインと呼ばれる高速船です。

ジェノバラインなら125cc以下のバイクと一緒に

乗船することができます。

ジェノバラインに乗船できる

125cc以下のバイクの種類は

次のようになっています。

①第一種原動機付自転車

エンジン排気量50cc以下のバイク

またはモーター出力0.6kW以下の

電動バイクが該当します。

②第二種原動機付自転車

排気量が50cc以上125cc以下

または0.6kW以上1kW以下のバイクです。

②に関してはさらにいくつか条件があります。

両方のハンドルグリップが

ベルトで固定できる二輪車です。

例外が設けられており

改造なしで幅50cm以下のホンダのジャイロに限り

三輪車もジェノバラインに

乗船することができます。

では次に気になるジェノバラインの

乗船料金をご紹介しますね。

片道料金は大人500円、

小人250円です。

125cc以下のバイクも一緒に乗船する場合は

大人950円です。

ジェノバラインで淡路島に観光に行くのがおすすめのスポット!

淡路島

ジェノバラインで淡路島に到着したら

バイクと一緒に観光を楽しみましょう(^^)

淡路島おすすめの観光スポットをご紹介します!

道の駅うずしお

道の駅うずしお

日本でうずしおに最も近い距離にある道の駅です。

営業時間は9時〜17時までです。

陸上からうずしおが見れるので

発生時間をチェックしてから

行くのがおすすめです。

お土産やグルメが充実しています。

レストランでは熱々の天ぷらや

新鮮な刺し身が人気です。

あわじ島バーガー淡路島オニオンキッチン本店では

名物ご当地バーガーのあわじ島バーガーが

堪能できます!

なんと玉ねぎが主役の珍しいバーガーなんです。

淡路島産玉ねぎを使用した玉ねぎカツが特徴で

ご当地グルメの上位入賞の常連です。



あわじ花さじき

あわじ花さじき

淡路島にある県立公園です。

四季折々に様々な花を楽しむことができます。

毎年1月下旬から4月下旬まで

菜の花が植えられシーズンになると

丘陵地にある花畑が一面黄色く

染め上げられます。

お土産屋さんやカフェもあるため

ひと休憩することもできます。



淡路島国営明石海峡公園

国営明石海峡公園

四季折々の花々が楽しめる国営の公園です。

特に春に見頃を迎えるチューリップと

ムスカリは関西最大級とされています。

広大な芝生があり

ゆったりとくつろぐことができます。

レジャーシートなどがあると快適です。



淡路ハイウェイオアシス

明石海峡大橋と瀬戸内海をぐるりと一望できる

パーキングエリアです。

2階建てで広く、お土産やグルメ、花畑もあり

ゆっくり観光を楽しめます。



さいごに

ジェノバラインなら125cc以下の

バイクも一緒に乗船可能です。

淡路島の観光スポットを

マイバイクでツーリングしてみませんか?

うずしおや花畑、グルメなど

楽しめるスポットがたくさんあります。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする