一人暮らしで電気代1万はかかりすぎ?!地域や季節によって変わる?

オール電化の物件に一人暮らしをしていて

電気代が毎月1万円。

平均と比べて高い、それとも高くない?

一人暮らしでオール電化の場合、

毎月の電気代の相場は6000〜7000円くらいです。

エアコンの稼働率が高くなる夏冬の電気代は、

やはり少し高めになってしまいます。

またオール電化は日中よりも夜間の方が、

電気代が安くなります。

昼間は電気代が高いのでご注意くださいね。

この性質をうまく利用して、

毎月の電気代を安くすることができます。

例えばご飯を炊いたり、洗濯機を回すのを

夜間にするといった感じです。

現在電気代が1万円を

超えてしまっている場合は

今すぐに生活習慣の見直しをしましょう。

スポンサーリンク




一人暮らしの電気代の平均は?夏冬に高くなる?

一人暮らしの電気代

オール電化の物件に一人暮らししている場合の

電気代の平均は?

6000〜7000円くらいです。

オール電化ではない場合は5000円程度です。

1万円はやはり節約を考えた方が良いです。

電気代は様々な要因によって差が出ます。

【地域】

住む地域によって電気代は異なります。

水道料金も地域によって全然違いますよね。

熊本に住んでいた時は

水道料金が毎月1万円はかかっていました(^^;)

電気代が高い電力会社のトップ10はこちらです。

高い順に並べています。

▪北海道電力

▪沖縄電力

▪中国電力

▪四国電力

▪東京電力

▪中部電力

▪関西電力

▪東北電力

▪九州電力

▪北陸電力

【夏冬】

季節によっても電気代は異なります。

エアコンの稼働率が高くなる夏や冬は、

当然電気代も高くなります。

また冬はシャワーより

お風呂に浸かる回数が増えます。

バスタブにお湯をためるため

シャワーの時よりも電気代は高くなります。

電気代だけではなく

水道料金も増えてしまいます(^^;)

【日中と夜間】

1日の中でも電気代が

高い時間帯と安い時間帯とがあります。

昼間より夜間の方が電気代は安くなります。

一人暮らしでも生活スタイルにより、

電気代が大きく変わってきます。

一人暮らしの電気代をうまく抑えるためには?

一人暮らしの電気代を節約

オール電化の物件に住んでいる場合、

ライフスタイルにより電気代が

大きく変わることが分かりました。

この性質を活用して、

一人暮らしの電気代を

うまく抑えていきましょう。

電気代を節約するコツをご紹介しますね。

電気代が安くなる夜間に家電を使う

ご飯を炊いたり洗濯するのを夜間に行います。

昼間にするよりも

電気代を節約することができます。

昼間家にいるのをやめる

電気代はライフスタイルにより

大きな差を生みます。

昼間外にいれば、

電気代はその分安くなります。

学校や仕事などで日中家におらず、

夜に帰宅する場合は電気代が安くなります。

学生さんは夏休みなどは

図書館で勉強するのがおすすめです。

朝から晩まで1日中エアコンをつけていたら

電気代は1万円を軽く超えてしまいます…

夏は扇風機を活用する

エアコンだけより扇風機も併用した方が

電気代は安くなります

扇風機の代わりにサーキュレーターでも

電気代は安いです。

1時間で10円程度です。

扇風機が部屋の中の冷たい空気を循環させます。

そのため効率良く

室内を冷やすことができます。

頻繁にエアコンの電源を

つけたり消したりするのもやめましょう。

エアコンは電源を入れてから

部屋が涼しくなるまでに

電力をたくさん消費してしまいます。

さいごに

オール電化の物件に

一人暮らしをしている場合は

毎月7000円を目安にしましょう。

毎月電気代がそれ以上かかる場合は、

電気代を節約することをおすすめします。

今回ご紹介した方法を実践するだけでも、

電気代を安くすることができます。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク



フォローする