カラオケに行ったことがない大学生って変ですか?断り続けてもOK?

 

大学生になるとカラオケの

誘いが急に増えます。

 

大学生あるあるの1つですね!

 

カラオケに行ったことがない

大学生って変なの?と

あなたは今悩んでいることでしょう。

 

大学生の娯楽はカラオケという風潮が

あります。

 

でも行ったことがなくても変ではありません。

 

実際私もカラオケデビューは

大学生になってからでした。

 

サークル仲間達に誘われて仕方なく

といった感じでしたね。

 

実際に勇気を出して歌ってみたところ

私の中で意外な感情が生まれました。

 

えっ!?

カラオケって楽しー(‘ω’)!

 

歌が上手いとか下手とか

気にすることはないんです。

 

好きな歌を歌って楽しめばそれでいいんです。

 

カラオケに行くのが

恥ずかしいという理由だけなら、

一度友達と一緒に行ってみることを

おすすめします。

 

でも中には人前で歌うのは絶対に嫌

という人もいます。

 

その場合は無理して

カラオケに行く必要は全くありません。

 

私の知り合いの中にも

「カラオケが嫌いだから

カラオケには行かない」と

宣言している人はたくさんいます(^^)

 

カラオケが嫌いと宣言しても

人から嫌がられることはありません。

 

そういう人なんだと

理解してもらうことができます。

 

無理にカラオケに誘われることは

なくなりますよ。

 

やむを得ずカラオケに行った場合も

無理矢理歌うように言われなくなります。

 

カラオケに行ったことがないのが恥ずかしいだけなら友人一度連れて行ってもらおう!

 

私が初めてカラオケに行ったのは

大学1年生の時でした。

 

歌に興味がなかった

というわけではありません。

 

歌うのは好きで

部屋でよく小さな声で歌っていました。

 

当時私はglobeが大好きで

ラップのパートまで

歌いこなしていたように思います。

 

そんな私がカラオケに行かなかった理由は

人前で歌うのが恥ずかしかったからです。

 

友達から誘われても

理由をつけていつも断っていました。

 

そんな私ですが、

とうとうカラオケに行く日がやってきました。

 

大学に入学後にサークルの新入生歓迎会が

カラオケボックスで開かれたためです。

 

さすがに行くしかないと思い参加しました。

 

先輩達が次々と歌っていたのですが、

なかなか下手だったんですよね(^^;)

 

でも本人も周りも盛り上がっていて

とても楽しそうでした。

 

私の番が回ってきて歌ってみると、

これまた周りが盛り上がってくれたので、

すごく楽しいと感じました。

 

それ以来カラオケに誘われたら

率先して行くようになりました。

 

カラオケは上手い下手を

評価し合うものではありません。

 

歌うことを純粋に楽しむだけです。

 

一度歌うと恥ずかしさなんて

感じなくなりますよ(^^)

 

 

カラオケに行きたくないのなら『カラオケ嫌い』を宣言してしまうのもひとつの手!

 

でも中にはカラオケに行くのが本当に嫌

という人もいます。

 

あなたも一度カラオケに行ってみて、

もう行きたくないと感じるかもしれません。

 

毎回理由をつけてカラオケを断るのは

面倒くさいです。

 

「私はカラオケは嫌い」と

周りに宣言しておきましょう

 

私の知り合いにも

カラオケ嫌いを公言している人は

何人もいます。

 

はっきり言っておくことで

無理に誘われることはなくなります。

 

じゃあボーリングに行こうか〜とか、

ゲーセンに行こうか〜とか

他の案も提案されることが増えてきます(^^)

 

どうしても抜け出せない二次会が

カラオケのこともあります。

 

私はカラオケが嫌いと宣言しておくと、

二次会などでカラオケに行った場合も、

無理に歌うよう要求されることも

なくなります。

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

大学生になるとカラオケの

誘いがとても多くなります。

 

若者はカラオケに行って

当たり前のような雰囲気ですが、

実際はそうでもありません。

 

カラオケが嫌いなら

無理に行く必要は全くありません。

 

でももしもカラオケに行かないのが

恥ずかしいという理由ならば、

一度友達と行ってみるのがおすすめです。

 

行ってみると意外と面白い!と

感じるかもしれませんよ(^^)

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました