シーリングファンで後悔しないために知っておくべきデメリットや失敗例!

部屋全体がおしゃれな印象になる

シーリングファンですが後悔しないために

購入前に知っておくべきことがあります。

シーリングファンの機能を生かせることができる

天井の高さはあるのか。

シーリングファンは部屋の広さに対して

大きすぎないのか。

この他にシーリングファンを取り付ける場合は

定期的に掃除する必要も出てきます。

掃除をしないと部屋中にファンにたまった埃を

撒き散らすことになるためです、、、

今回はシーリングファンのデメリットや対策、

シーリングファンの失敗談などについて

ご紹介します。



スポンサーリンク

シーリングファンのデメリット!

シーリングファンは天井に取り付ける

扇風機のような機能がある電化製品です。

ある程度高さがある天井に

取り付けることを想定しているため

掃除するのが大変というデメリットがあります。

シーリングファンには埃がたまるため

定期的な掃除が必要です。

定期的な掃除が必要な理由は

掃除をしないまま使用すると部屋中に

埃を振りまくことになるためです、、、>.<

アレルギーを引き起こすリスクがあるため

埃には注意しましょう。

シーリングファンの掃除に最適なのが

柄が長く伸びる

シーリングファン専用のモップです。

◉【メーカー公式店】【送料無料】シーリングファン・高所モップセット アズマ工業


楽天市場でも販売されています。

脚立などを使ってファンを直に

掃除する方法もありますが

不安定なためおすすめしません>.<

シーリングファンは電化製品であるため

電気料金はデメリットになるのかについても

見ていきたいと思います。

シーリングファンの電気料金は

1時間で1.2円程度です。

1日6時間を30日間稼働させた場合

電気料金は216円程度と安いです!

エアコンとシーリングファンを

併用すれば省エネにもつながります(^.^)

シーリングファンの失敗談から対策を考える!

シーリングファンを購入して

後悔している人も意外といます>.<

後悔しないためにも

どんなことに後悔しているのかや、

対策方法について見ていきましょう。

天井に高さがないとつけても意味がない

シーリングファンはある程度

高さがある天井に取り付けて

空気を循環させることを想定しています。

そのため低い天井だと

思うような効果を期待することができません。

掃除するのが面倒だし掃除するのが難しい

シーリングファンを取り付けたものの

掃除の仕方に悩んでいる人が多いです。

なんでも屋さんのような業者に

掃除を依頼するという方法もありますが

定期的に依頼するため

費用がかさんでしまいます、、、

先ほどご紹介したように

シーリングファン専用のモップを使えば

自分でも無理することなく

定期的に掃除ができます。

ダウンライトの光でちらついて落ち着かない

ダウンライトを設置している場合は

知っておくべきことがあります。

シーリングファンの周囲に

ダウンライトがあると

光が反射してチカチカします。

リビングで光がチカチカすると

なんだか落ち着かないですよね。

シーリングファンとダウンライトを

同時に設置したい場合は

設置場所を検討する必要があります。

シーリングファンが大きくて圧迫感がある

シーリングファンはデザインだけでなく

大きさも実に様々です。

大きすぎるサイズを選択してしまうと

圧迫感が出るためサイズ選びは

とても重要になります。

天井に高さがない場合も

部屋全体に圧迫感が出ます。



さいごに

シーリングファンを購入する前に

知っておくべきデメリットについて

ご紹介しました。

失敗談についても参考にしながら

シーリングファンを取り付けるのか

検討することをおすすめします!

スポンサーリンク

フォローする