冷たい飲み物をやめることでどんな効果がある?メリット・デメリット!

綺麗な人は皆冷たい飲み物をやめている?

冷たい飲み物ばかりを飲んでいると

身体が冷えるため様々な不調が現れはじめます。

主な不調の症状には肩こりやむくみ、

イライラなどがあります。

この記事ではなぜ冷たい飲み物は飲むな

と言われているのかその理由と

冷たい飲み物をやめるメリットや

デメリットはあるのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

冷たい飲み物は飲むなと言われる理由とは?

冷たい飲み物は飲むなと言われる理由は

冷たい飲み物ばかりを飲んでいると

内臓を冷やしてしまうためです。

冷えは万病の元という

昔からよく言われている言葉があります。

内臓が冷えると血行が悪くなり

様々な悪い症状が現れます。

美容面

血行が悪いと顔色も悪くなります。

足もむくみやすくなり代謝が落ちて

痩せにくい体質になってしまいます。

健康面

血行が悪くなると肩こりや頭痛などに

悩まされるようになります。

お腹を壊しやすくなったり

風邪を引きやすくなります。

冷たい飲み物をやめたら痩せた?冷たい飲み物をやめるメリット!

女優さんがインタビューで

身体を冷やさないために

お白湯を飲んでいますと語るのを

聞いたことがありませんか?

お白湯をゆっくり飲むと身体を温めるため

肌や健康に意識が高い人は

冷たい飲み物を飲まない人も多いです。

まずは冷たい飲み物をやめたら

こんな良いことがあったよとの

声から見ていきましょう(^.^)

・冷たい飲み物を飲むと翌朝

ふくらはぎがむくんでいて

体重も500gくらいですが重いです。

塩っぱいものも一緒に食べると

さらに酷いことになります。

意識して温かい飲み物を飲むようになったら

むくみもなく体重も増えません。

・飲み物を温かいハーブティーにしたら

1ヶ月で3キロ痩せました。

以前よりイライラしなくなったのも

実感しています。

・下痢をしたり便秘になったりを

繰り返していましたが冷たい飲み物を

やめてお腹の調子が整いました。

冷たい飲み物をやめたら痩せた、

イライラしなくなった、お腹の調子が良くなった

との声が多く上がっています。

これらには科学的根拠はあるのかについて

見ていきましょう。

痩せた

好きなだけ食べて運動をしなければ

温かい飲み物を飲んでも

痩せることはできません。

食事や運動に気をつけて

飲み物を温かいものにすれば

痩せやすい体質に変えることができます。

冷たい飲み物をやめることで

新陳代謝がアップするためです。

イライラしなくなった

冷たい飲み物ばかり飲んでいると

血の巡りが悪くなり冷え性になります。

身体が冷えると自律神経が乱れ

イライラしやすくなります。

お腹の調子が良くなった

冷たい飲み物ばかりを飲むと

腸が刺激されて下痢になります。

温かい飲み物を飲むと

腸の調子を整えることができます。

このように温かい飲み物が良いとの話は

単なる噂ではなく科学的な根拠があります。

ただし温かい飲み物でも

緑茶や珈琲ばかり飲むと

身体を冷やすため飲みすぎに注意しましょう。

身体を温める効果が高い飲み物としては

ココアや紅茶、生姜湯がおすすめです。

冷たい飲み物をやめることによる

デメリットはないの?と思う人も

いるかもしれませんが

特にデメリットはありません。

さいごに

この記事では冷たい飲み物をやめた方が

良い理由とやめるメリットについて

ご紹介しました。

次のような項目にあてはまる人は

温かい飲み物を飲んで

身体を温めましょう。

・起きた時に顔や足のむくみが気になる。

・理由もなくイライラしがち。

・顔色がさえない。

・お腹の調子が悪くなりがち。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする