ピットブルを飼ってる芸能人もいる?歴史や系統もご紹介!

ピットブルは1870年頃誕生した

ブルドッグとテリアの血統を持つ闘犬です。

ダルビッシュ有がピットブルの里親になったのは

有名な話ですよね。

ペット向けに改良されたのが

アメリカンブリーです。

ピットブルは闘犬であるため

家庭用ペットとして多い犬種ではありません。

飼育できるかできないか

よく考えてからお迎えするかを

決めることを強くオススメします!

スポンサーリンク

ピットブルの歴史や系統をご紹介!

ピットブルの歴史は1870年頃です。

ブルドッグとテリアの血統を持つ犬種で

最強の闘犬と呼ばれています。

ピットブルは大型犬ではなく中型犬で

平均的な体のサイズは

次のように公表されています。

・体高 46~56センチ

・体重 14~36キロ

中型犬ですが筋肉がついているため

ピットブルはかなり大きく見えます。

アメリカンブリーと名付けられた犬種がいますが

ピットブルを改良して誕生した犬です。

ピットブルから攻撃性が取り除かれているため

家庭用ペット向けの犬種として人気があります。

ピットブルの値段や飼っている芸能人!

ピットブルの値段の目安は10〜20万円です。

親が大会のチャンピオンなど

血統が良い場合は30万円くらいが

目安価格です。

アメリカンブリーの方が

ピットブルよりも値段が高く

目安は25〜30万円とされています。

ピットブルやアメリカンブリーを

購入できる場所についてもご紹介しますね。

ペットショップで販売されているのを

見たことは1度もありません。

(販売しているペットショップも

あるかもしれませんが)

ピットブルやアメリカンブリーを

専門にしているブリーダーから

購入することができます。

ピットブルを飼っている芸能人や

有名人には次のような人物がいます。

【ダルビッシュ有】

ダルビッシュ有は2017年4月に

収容施設に送られる予定だった

メスのピットブルの里親になりました。

【ジェシカ・アルバ】

アメリカの女優であるジェシカ・アルバは

白い毛のピットブルを溺愛しています。

ピットブルは闘犬のイメージが強いですが

フレンドリーで愛情深く、

忠実な性格を持ち合わせています。

【ノーマン・リーダス】

ウォーキングデッドに出演する俳優の

ノーマン・リーダスもピットブルを

飼っています。

ノーマン・リーダスの愛犬はなんと

ウォーキングデッドに出演経験があります!

ピットブルを素人が飼うのは危ない?

茨城県と沖縄県でピットブルの飼育に関して

条例を定めてられています。

【茨城県】

茨城県はピットブルを※特定犬に指定し

飼育について条例を定めています。

※特定犬とは人に危害を与えるリスクがあると

知事が指定した犬種を指す言葉です。

ピットブルを飼育するためには

逃げ出す可能性がない頑丈な檻が必要であり、

特定犬の標識を貼る必要があります。

このようにピットブルは人に危害を与える

リスクがあるため気軽な気持ちで

飼うことができる犬種ではありません

個人的な考えとしては周囲の環境なども

十分に考慮する必要があると感じています。

私の家に面した道路は小学生の通学路で

幼稚園児も多いことから

ピットブルは飼えないと考えています。

過去にはピットブルによる事件なども

起きているため、飼育には十分すぎるほど

注意を払うことが求められます。

さいごに

ピットブルはフレンドリーで愛情深いですが

やはり闘犬として誕生した犬種ですので

飼育するには環境を整える必要があります。

ペット向けに改良された

アメリカンブリーの方が

飼いやすいためオスメスです。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする