ワイパーをホームセンターで買うと安いが性能に違いはあるのか?

【2022.3.30追記】

ピットサービスのあるホームセンターなら

ワイパーを店舗で購入すると

工賃無料で交換してくれるところもあります。

1本1000円以内で購入できる

ワイパー(ブレード付き)もあり

大変お得感があります。

でも1年も経たないうちにワイパーの性能が

落ちてくるのは安さのせい?

この記事では場所別に

ワイパー(ブレード付き)の相場と性能を

徹底比較し、ホームセンターで買うのは

本当にお得なのか検証します!

スポンサーリンク

オートバックスのワイパーの値段と性能、交換費用

オートバックスでブレード付きのワイパーで

人気があるのが「AQ.」シリーズです。

AQ.シリーズはオートバックスの

プライベートブランドです。

質の良い商品を手頃な値段で買えると

人気を集めています。

AQ.シリーズの代表的なワイパーは2種類あります。

①AQ.デザインワイパー/【相場】1600円〜4800円程度

②リア樹脂ワイパー/【相場】1000〜1700円程度

中身はNWB社の純正のワイパーのため

品質は良く、口コミ評価も高いです。

しかし品質が良いからワイパーが長持ちする

ということではありません

ワイパーは消耗品ですので

車の走行距離が長ければ

交換する期間も早まります。

・ワイパーを作動した時にガラスに筋がつく。

・ワイパーの動きがスムーズではない。

・水切りが悪い。

オートバックスではワイパーの交換を頼むと

工賃として200円程度かかります。

ちなみにオートバックス会員になると

ワイパー交換は無料サービスです。

リア樹脂ワイパーなら値段が

ホームセンターで購入するより少しだけ高めです。

が、中身が純正であることを考えると

オートバックスの方がお得だと感じます。

ワイパーをドンキで買う場合の値段と性能!

ドンキで販売されている商品は安いとの

イメージを持たれやすいですが、

ワイパーが特に安いというわけではありません。

ドンキで販売されているワイパーには

次のような種類があります。

①PIAA/【相場】880円〜1800円程度


②ガラコ/【相場】1700円〜2700円程度


ガラコの方が少し値段が高めですが

口コミはどちらも高評価です。

これらはオートバックスや通販でも

購入できるワイパーです。

ドンキでワイパーを購入する時は

ワイパー交換は自分でしなければなりません。

やり方がよく分からないから

自分では交換したくないなという方には

おすすめしません。

トライアルのワイパーの値段が安すぎる!その性能は?

安さで定評のあるディスカウントスーパーの

トライアルですが、車のワイパーが安すぎる

と話題になっています!

衝撃の値段と性能についてご紹介します。

トライアルで販売されている

ジョイフルのワイパーの値段は

なんとビックリの399円です。

ここまで激安のワイパーがあったでしょうか!?

ほとんど口コミが投稿されていないので

なんとも言えませんが、2シーズン目から

音がガタガタうるさくなったとの

声があがっているのを見つけました。

値段はホームセンターで買うよりも

さらに安いですが、

性能面においてはあまりおすすめできません。

1シーズンくらいで交換するなら

問題ないと思います。

なお、トライアルでワイパーを購入した場合も

自分で交換しなければなりません。

イエローハットのワイパーの値段と交換工賃はどのくらい?

全国展開しているカー用品店のイエローハットは

以下のような人気シリーズの

ワイパーを販売しています。

たくさんの種類から選びたい人は

イエローハットに行ってみることを

おすすめします。

PIAA(ピア)】

PIAA株式会社は高い技術力を持つ

日本の自動車部品・用品メーカーです。

ワイパーは値段が安いのに性能が良い

と高評価を受けています。

PIAAのワイパーは雨用と雪用とがあり

それぞれ3つのタイプに分類されています。

①撥水タイプ

ワイパーの撥水タイプを選ぶと

ワイパーが作動する時に同時に

撥水コーティングをすることができます。

グラファイトタイプやノーマルタイプと

比較すると値段が高めの傾向があります。

②グラファイトタイプ

フロントガラスに撥水加工など

コーティングしている車向けのワイパーです。

③ノーマルタイプ

いわゆる普通のワイパーです。

BOSCH(ボッシュ)】

ボッシュのワイパーは国産車用で

降雪時をのぞいた

全てのシーズンに対応しています。

動作音が静かであることも人気の理由の1つです。

ピアとボッシュはどのワイパーも

1本あたりの値段の目安が2,000〜2,500円と

お手頃な価格設定です。

安いのに機能性が高いことから

人気を集めています。

イエローハットでは交換用ワイパーと

ワイパー替えゴムの適用表が置かれていて

自由に見ることができます。

車種別に分かりやすくまとめられているため

どれを買えば良いのかがすぐに分かります。

イエローハットでは

依頼すると購入後にプロによって

交換してもらうことができます。

ワイヤー1本の交換にかかる工賃は330円で

待ち時間もほとんどなく

交換も5〜10分程度で完了します。

私は車には全く詳しくないため

ワイパーの交換はお金を払って

お願いしています。

N-BOXのワイパーゴムをオートバックスで買う時の注意点!

ホンダの人気車種の1つであるN-BOXですが

自分でワイパー交換したいと

思う人も多いのではないでしょうか。

新型N-BOXのワイパーゴムを買う時は

注意する必要があります。

私の友達の体験談になりますが

ワイパーを自分で交換しようと思い

オートバックスで

ワイパーゴムを購入したそうです。

帰宅後にさっそくワイパーゴムを

交換しようとしたところ

うまく交換できなかったとのことです、、、>.<

新型N-BOXのワイパーゴムを交換する時は

純正のワイパーゴムである必要があります。

純正のワイパーゴムがない場合は

ワイパーブレードごと

交換しなければなりません。

ホンダのN-BOX用の純正ワイパーゴムは

ディーラーまたはネットショップでも

購入することができます。

ワイパーゴムだけ買いたい場合は

必ず純正のワイパーゴムを購入するようにしましょう!

N-BOXの純正ワイパーゴムは

ディーラーから買うよりも

ネットショップから買った方が

値段が安い傾向があります。

ワイパー交換は自分ですれば安いけどデメリットもある!

ワイパー交換を自分ですれば

工賃が節約できますが

交換する前に知っておくべき注意点があります。

新しく用意したワイパーを壊してしまったり

フロントガラスにヒビが

入ってしまうこともあります>.<

最悪フロントガラスが

割れてしまうリスクもあります。

イエローハットやオートバックスなら

安い工賃でワイパー交換を

依頼することができます。

私のように車のメンテナンスに詳しくない人は

自分でするのではなく

イエローハットなどで頼むことがおすすめです。

ディーラーで交換するとけっこう

費用を取られてしまいますがイエローハットなら

300円程度で交換することができます。

失敗するリスクを考えると

300円払った方がお得だと思います。

さいごに

ブレード付きのワイパーが買える場所を

比較しましたが、お得度で考えると

ホームセンターがイチ推しです。

性能の良さにもこだわるなら

オートバックスのAQ.シリーズを購入し

オートバックスで交換を依頼するのが

おすすめです。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする