ファーストピアスの穴を病院であけるときに選ぶべきデザインとは?

 

安全にピアスの穴を開けるなら

病院で開けてもらいましょう。

 

その際にピアスを持ち込むことはできません

 

病院にある医療用のファーストピアスの中から

選ぶことになります。

 

 

ところで医療用のファーストピアスは

デザインがシンプルですよね。

 

あまりおしゃれではないとの

声を多く聞きます。

 

確かに医療用ピアスは

デザインがシンプルです。

 

安全面を考慮して

このようなデザインになっています。

 

ピアスヘッドは丸くて大きめです。

 

これにより皮膚に埋もれにくくなります。

 

また安定したピアス穴を作るために

軸は通常の物より倍ほどあります。

 

医療用ファーストピアスは

一定期間つけておくため、

裏側についているキャッチも大きく頑丈です。

 

また医療用ピアスを選ぶ時は

素材選びにも注意しましょう

 

主にステンレス製とチタン製とがあります。

 

値段は少し高めになりますが、

チタン製の方がアレルギーを起こしにくいです。

 

肌が弱い人にはチタン製がおすすめです。

 

 

 

病院のピアスのデザインはシンプルなものが多い!

 

 

ピアスを開ける場合、

普通の病院ではデザインは

シンプルな物が多いです。

 

病院で用意されているのは医療用ピアスです。

 

安全性を優先して作られているため、

シンプルで似たような

デザインになりがちです。

 

医療用ピアスのデザインの

特徴をご紹介しますね!

 

特徴① 大きめで丸っこいピアスヘッド

 

ピアスヘッドが小さいと

皮膚に埋もれてしまう危険性があります。

 

また特殊な形だと

皮膚にあたり刺激になることがあります。

 

大きめで丸いと肌に刺激を与えません。

 

 

特徴② 軸が華奢ではなく太め

 

医療用ファーストピアスの

軸の太さは通常の倍くらいあります。

 

軸が太いことで

安定したピアス穴を作ることができます。

 

ピアスは華奢なデザインの物が良いと

思う人も多いのではないでしょうか。

 

ファーストピアスは我慢しましょう

 

 

特徴③ キャッチが大きめで頑丈

 

ファーストピアスは

通常1〜2ヶ月の間つけ続けます。

 

簡単に取れてしまわないように

裏側のキャッチも大きめで

頑丈に作られています。

 

しかし最近はピアスの穴開けを

専門的に行っている病院では

医療用ピアスの種類が増えています。

 

誕生石をあしらったものや、

立て爪、星型など。

 

ファーストピアスの

デザインにもこだわりたい場合は、

病院のホームページなどで

確認することをおすすめします。

 

 

 

ファーストピアスはデザインより質で選ぶべき!金属でかぶれることもある!

 

 

医療用ファーストピアスは

様々な理由からシンプルな

デザインになっています。

 

デザインよりも質で選ぶようにしましょう(‘ω’)

 

医療用ピアスは主に

ステンレス製とチタン製とに分かれています。

 

ステンレス製の医療用の

ファーストピアスの方が値段は安めです。

 

肌が強くこれまでに

金属アレルギーなどに

かかったことがない場合は、

ステンレス製でも特に問題はありません。

 

肌が弱く、金属アレルギーや

アトピーの心配があるならば

チタン製をおすすめします。

 

肌に不安がある場合は

自己判断はせずに

医師に相談してから決めると安心ですよ〜

 

 

 

さいごに

 

いかがでしたか?

 

ファーストピアスの穴を病院であけるときに

選ぶべきデザインや素材について

ご紹介しました。

 

今回の内容をまとめると次のようになります。

 

・医療用ファーストピアスは

安全面を優先させるため、

シンプルなデザインが多い。

 

・医療用ピアスの素材は

ステンレス製またはチタン製。

 

肌が弱い人はチタン製を選ぼう!

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました