マーガレットの苗は通販で買うのがおすすめ?販売時期や育て方は?

マーガレットの苗は通販で買うのがおすすめ?販売時期や育て方は?

 

マーガレットの苗を買うなら値段が安くて苗を選べる実店舗がおすすめです。

 

苗の販売時期は春〜初夏にかけてと秋です。

 

マーガレットの苗は育てやすいので初心者にもおすすめです。

 

今回は、マーガレットの苗の販売時期や買うのがおすすめの場所、苗の育て方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

マーガレットの苗の販売時期や買うのはどこがおすすめ?

 

マーガレットの苗を植え付けるのに適した季節は春〜初夏と秋です。

 

具体的には3月〜6月頃と9 月〜10月頃です。

 

マーガレットの苗が豊富に出回るのもこの頃です。

 

実店舗では丈夫な苗から売れていくので、販売が始まったら早めに買いに行きましょう。

 

マーガレットの苗は人気が高くリピーターも多いです。

 

そのため様々な場所で買うことができます。

 

・ホームセンター

 

・園芸店

 

・JA直売所

 

・園芸コーナーを併設するディスカウントストアや道の駅

 

・通販 など

 

マーガレットの苗を買うならホームセンターのような実店舗がおすすめです。

 

手頃な値段で買うことができ苗の健康状態を自分の目でチェックできるからです。

 

実店舗では送料が不要なため苗の値段が安いです。

 

健康で丈夫なマーガレットの苗の特徴をまとめたので苗選びの参考にしてくださいね。

 

・葉の緑色が濃い。

 

・茎ががっしりしている。

 

・花芽がたくさんついている。

 

・害虫がついていない。 など

 

マーガレットの苗の育て方

 

マーガレットは種から育てることもできますが苗が大きく育つまで時間がかかります。

 

そのためガーデニング初心者は苗から栽培するのがおすすめです。

 

初心者向けにマーガレットの苗の育て方を項目ごとにご紹介しますね。

 

栽培環境

 

地植えの他に鉢やプランターに苗を植え付けて栽培することができます。

 

マーガレットの苗は高温多湿に弱いため鉢植えだと移動させるのが楽です。

 

梅雨時期は雨があたらず風通しが良い場所で管理するようにしましょう。

 

マーガレットの苗の栽培には十分な日光が必要です。

 

半日以上直射日光が当たる場所が理想的です。

 

この他には病害虫の予防のために風通しが良い場所で育てることも大切なポイントです。

 

 

水やり

 

土の表面が乾いたらたっぷり水やりをします。

 

水のやり過ぎは根腐れの原因になります。

 

土が湿っている時は水やりは控えます。

 

 

肥料

 

苗を植え付ける前に緩効性化成肥料を元肥として施します。

 

追肥を与える目安は春と秋です。

 

ファームトップ 楽天市場店
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピングで探す

 

病気

 

うどん粉病や苗立枯病、灰色かび病、黒星病など一般的な植物がかかりやすい病気に注意が必要です。

 

これらの病気は蒸れた環境で発症しやすいです。

 

マーガレットが密集しないよう管理し、土に落ちた葉や花もこまめに掃除しましょう。

 

 

害虫

 

アブラムシやヨトウムシがつきやすいです。

 

害虫を放置していると苗を食い荒らされてしまいます。

 

害虫を見つけたら速やかに駆除して繁殖を食い止めましょう。

 

アブラムシは水に弱いので水で洗い流すのが効果的です。

 

ヨトウムシは成虫になると日中は土の中で過ごします。

 

葉や茎に食われた 痕跡があるのに害虫が見つからない時はヨトウムシの可能性があります。

 

苗の近くに容器にヌカを入れ置いておくとヨトウムシを簡単に捕まえることができます。

 

さいごに

 

マーガレットの苗は流通量が多いので様々な場所で購入することができます。

 

今回ご紹介したようにマーガレットの苗を買うなら苗の値段が手頃で自分で選べる実店舗がおすすめです。

 

マーガレットの開花時期は長く11月〜5月まで花の鑑賞を楽しむことができます。

 

これまでは白や黄色、オレンジが一般的でしたが最近では赤や紫の花も出てきました。

 

一重咲きや八重咲き、ポンポン咲きなど花の形も様々です。

 

健康で丈夫な苗を購入してマーガレットの苗の栽培を楽しみましょう(⁠^⁠.^⁠)♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

フォローする