おとなしい人が突然辞めるのは何故?気になる退職理由とその前兆!

【2021.12.23追記】

いつも仕事を辞める辞めると言っている人は

実際には辞めない人が多いように感じます。

中には本当に辞める人もいますが…

実際に多いのは

何も言わずにある日突然辞めてしまう人です。

本当に辞める決意が固まっている人は

何も言いません。

辞める辞めると言っている人は

まだ決意が固まっておらず

心に迷いがある状態です。

辞めると言うことで周囲に

自分が仕事で悩みを抱えていることを

気づいてもらいたいというのが本音です。

この他にも仕事を本当に辞める人には

いくつか特徴があります。

もしも同僚や部下に辞めて欲しくない

と思うなら注意深く観察し

サインを見逃さないようにしましょう。



スポンサーリンク

本当に辞める人が辞めると言わない理由とは?

おとなしい人が突然辞める

仕事を辞める辞めると言っている人は

案外辞めません。

相談に乗ることでほぼ

会社に引き止めることができます。

仕事を辞める辞めるには

こんなサインがあるためです。

・仕事に不満や悩みを抱えていることに

気づいてほしい。

・仕事に対する不満や悩みを聞いて欲しい。

本当に辞めてしまう人は何も言わず

ある日突然辞めてしまうことが多いです。

本当に仕事を辞める人が

辞めると言わないのはなぜ?

それは仕事を辞める決意が

周囲の意見が入る余地がないくらいに

固まっているためです。

仕事に未練もなく

辞めることに一切迷いがない状態です。

仕事を辞める前に

すでに次の仕事を探している人も多いです。

ここまでくると仕事を辞めるのを

引き止めることは非常に難しいです。

でもよく観察していると

仕事を本当に辞める人には

いくつか特徴があります。

早い段階でサインを見抜けば

会社に引き止められる可能性も

十分にあります。

本当に辞める人の特徴まとめ!

辞める人の特徴

本当に仕事を辞める人の特徴をご紹介しますね。

転職経験が多い

仕事を辞めたことがない人にとって

辞めることは精神面で大きな負担になります。

ですので辞めるまでに時間がかかります。

その間に周囲が異変に気づくことも多いです。

仕事を辞めることに抵抗感がない人もいます。

転職経験が多いほど抵抗感がなくなり

フットワークも軽くなります。

プライドが高い、向上心が強すぎる

普段からプライドが高く向上心が強い人は

自分にもっと合う会社があるのではないかと

常にアンテナを張っています。

条件が合う会社が見つかれば

すぐに退職という可能性があります。

給料の話ばかりする

私の経験上ですが

給料の話ばかりする人は

仕事を辞める人が多いと感じました。

会社を待遇面だけで選ぶと

会社に愛着を持てないためです。

他に給料が高い会社が見つかれば

簡単に辞めてしまいます。

逆に会社の良い面についてよく語っている人は

会社を辞めにくいです。

仕事に欲がない、やる気がない

仕事に対して欲がなくやる気がない人も

突然仕事を辞めてしまう可能性があります。

仕事に執着がないためです。

定時にすぐ帰る、飲み会に参加しない

もともとこういう人もけっこういます。

以前はそうではなかったのに

突然定時に帰ったり、社内での

コミュニケーションを避けるようになったら

仕事を辞める前兆かもしれません。

これまで社交的だった人が急にそっけなくなり、

ある日突然仕事を辞めたという経験があります。

辞められたら困る人の特徴!

この人には絶対に会社を辞めて欲しくない!

会社側から重宝されるのは

どのような人なのでしょうか。

辞められたら困ると思われる人には

次のような特徴があります。

(1)協調性があり周囲を配慮しながら

仕事をすることができる

自分のことばかりを考えるのではなく

周囲にも心配りができる人は

他人からも大切にされます。

(2)納期を確実に守るなど

安心して仕事を任せられる

仕事の納期を遅れずにきっちりと

守る人は周囲から信頼されます。

頼りがいがあるため長く一緒に働きたいな

と思われます。

(3)一般常識がありビジネスマナーを身につけている

取引先の会社の人と対等に

やり取りができるかも

仕事をする上で重要視されるポイントです。

(4)明るい性格で社内の雰囲気を

良くするムードメーカー的存在

その人がいるだけで社内が明るくなり

雰囲気が良くなる人が会社にいませんか?

ムードメーカー的存在の人は

会社にいつまでもいて欲しいなと望まれます。

いい人が突然会社を辞めるのはなぜ?

会社を突然辞めても

「やっぱり辞めたかぁ」と

納得できる人がいます。

たとえば次のような人は会社を辞めそうな

雰囲気が漂っています(^^;)

・いつもつまらなそう。

・周囲の人とコミュニケーションを取ろうとしない。

・周囲の人と衝突が絶えない。

・給料が悪いなど文句ばかり言っている。

・向上心が強すぎる。 など

一方、普段特に問題が全くなさそうで

いい人が会社を突然辞めると

「えっ、何で!?」と強く疑問を

感じてしまうのではないでしょうか。

辞めそうにないと思っていた人は

なぜ突然会社を辞めるのか

考えられる理由についてご紹介します。

人当たりが良く仕事を真面目にしている人は

大きく2つのタイプに分けることができます。

①会社に満足しているので

気分良く仕事ができている。

②周囲を気にするタイプで常に周囲を

気にしながら仕事をしている。

突然会社を辞めてしまう人は

②のタイプにあてはまる人です。

このタイプの人は私達が思っているよりも

ストレスを溜め込みやすいです。

もしも会社のいい人だと思っていた人が

突然会社を辞めてしまったら

本人が何らかの不満やストレスを

溜め込んでいたと考えるのが良いでしょう。

辞めないと思ってた人が辞めるのはなぜ?前兆は見抜ける!

会社勤めをしていると

辞めないと思っていた人が

辞めてしまうことがあります。

なんだか取り残されてしまったような

寂しい気持ちになってしまいますよね。

会社を辞める人にはなんらかの前兆があります。

前兆を見抜けば会社を辞めるのを

止めることができるかもしれません。

ここでは辞めそうにない人が

辞める前に出ている前兆をご紹介します。

①仕事や周囲の人に対してそっけなくなった。

辞める前にはやはりとても悩むものです。

職場でどのように振る舞ったら良いかも

分からなくなり、仕事や周囲の人に対して

そっけない態度を取ってしまうことがあります。

②誘っても来なくなった。

会社を辞めようと決断した時に

会社の人間関係も断ち切りたいとの

気持ちになる人も少なくありません。

これまで明るく社交的だった人が

急に変わったら心境に変化が

生じているサインです。

③身の回りの物が片付いていく。

会社を辞める決意が固まった時

身の回りの物を片付け始めます。

どんどんスッキリ片付いていったら

会社を辞める前兆かもしれません。

④総務や人事担当とよく話をしている。

私自身の体験ですが、

絶対に辞めそうにないと思っていた人が

総務課や人事課の人と熱心に話すのを見て

違和感を感じたことがあります。

その時は何を話しているのか

想像すらつきませんでしたが、

今振り返ると退職金など辞める上での

話をしていたのだと思います。

さいごに

今回ご紹介したように

本当に仕事を辞める人の多くは

周囲に辞めるとは言いません。

注意しなければならないのは

辞めるとは一切言わずに辞めてしまう人です。

しかし辞める人にはいくつか特徴があるため、

観察すれば辞めることを見抜くことができます。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする